2016年10月28日

那珂湊魚市場 & 北海道苫小牧からのフェリーが着岸する光景&「さんふらわあ号」出航(大洗港フェリーターミナル)

那珂湊魚市場 & 北海道苫小牧からのフェリーが着岸する光景 &
北海道苫小牧に向けたフェリー「さんふらわあ号」出航(大洗港フェリーターミナル)

s-P1260312





s-P1260313





s-P1260314





s-P1260315





s-P1260316





s-P1260318




那珂湊魚市場 & 北海道苫小牧からのフェリーが着岸する光景
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52161312.html


那珂湊のさかな市場にきました。本日の日替りランチ「ねぎトロ丼」を堪能しました。

平日なのに、この混みようは凄いですね。(^ー^)





s-P1260320





s-P1260321





s-P1260322



大和しじみの産地「涸沼(ひぬま)」

s-DSCF5580



大和しじみの産地「涸沼(ひぬま)」
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52161318.html


海に近い位置にある涸沼(ひぬま)、汽水域(海水と真水が混じる水域)に棲む大和しじみの三大産地で有名です。

かもめと鵜が、仲良く並んで毛繕いする姿を見ていると、なんともゆっくりとした時間が過ぎていくのです。

温泉人(おふろうど)




s-DSCF5493





s-P1260323





s-P1260324





s-P1260325





s-P1260327





s-P1260328





s-P1260329





s-DSCF5477





s-DSCF5478





s-DSCF5479




那珂湊魚市場 & 北海道苫小牧からのフェリーが着岸する光景

大洗港に来ました。北海道苫小牧からのフェリーが着岸する光景に出逢いました。
着岸の様子の動画です♪ これだけ大きい船ですが、タグボートは使用しないで自力で着岸するんです。温泉人(おふろうど)も船舶免許持っているんですが、着岸が一番難しいんです。この操船技術は大したものです! ちょっと荷を載せ替えして、18:30に苫小牧に向けて出航します。
明日の昼過ぎには、北海道苫小牧に到着するのです。船旅も良いものですね。(^_−)−☆




動画
https://www.youtube.com/watch?v=YG4m0kHkii0&feature=youtu.be




s-DSCF5480





s-DSCF5481





s-DSCF5483





s-DSCF5484





s-DSCF5486





s-DSCF5487





s-DSCF5488





s-DSCF5489





s-DSCF5490





s-DSCF5491





s-DSCF5492





北海道苫小牧に向けたフェリー「さんふらわあ号」出航(大洗港フェリーターミナル)

s-P1170363




大洗港フェリーターミナルに来ています。もうすぐ北海道苫小牧に向けたフェリー「さんふらわあ号」が出航します。
ここから19時間で、北海道に行けるんです。3日あれば、フェリーで行って、帰って来れるんです。

一度、白老のアイヌコタンと登別温泉に行って、帰って来たことがありました。また行きたいなあ。☆〜(ゝ。∂)
さあ、エンジンが掛かって、岸壁との綱が外され、ゆっくりと岸を離れます。人生も、こうして新しい世界に出航するんです。(^_−)−☆




s-P1170368




フェリーでの旅は、他の乗り物にはない特別な思いがあります。岸を離れれば、自分の力で波を乗り切る事になるのです。人生の船出と、重なるんです。☆〜(ゝ。∂)



s-P1170369





s-P1170371





s-P1170375





s-P1170378





s-P1170381





s-P1170385





s-P1170386





s-P1170387





s-P1170388





s-P1170390





s-P1170393





s-P1170398





s-P1170399




大洗港フェリーターミナルの搭乗待合室、ここにはテレビで情報が取れ、カップ麺などが食べられるんです。
学生時代も、多賀城の仙台新港からの北海道向けのフェリーがあり、今も同じ想いが繋がって感じられるんです。旅に出る、そんな気分なんです。(^_−)−☆





s-P1170400





s-P1170401





s-P1170402





s-P1170403





s-P1170404





s-P1170405






3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 12:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔