2017年03月30日

人の心が繋がる拠点「岩沼みんなの家」へ♪(2017.3.30)

人の心が繋がる拠点「岩沼みんなの家」へ♪(2017.3.30)

新聞記事



岩沼みんなの家、ここを作った時の記事です。とても賛同出来るもので、切り抜いていました。



手書きメモ


この記事を、一枚の鳥瞰図にと、名刺カードにメモってみたんです。こうすると、何が言いたいのかがはっきりして来るんです。論理構造図としての鳥瞰図にしてみるんです。


人の心が繋がる拠点「岩沼みんなの家」へ♪(2017.3.30) 
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52174544.html 
⇒一枚の鳥瞰図にと、名刺カードにメモってみたんです。こうすると、何が言いたいのかがはっきりして来るんです。論理構造図としての鳥瞰図にしてみるんです。そして、どうしても現地に行って、現物にふれて、現体験してみたいんです。温泉人(おふろうど)号が、どこへでも連れて行ってくれて、どこでも寝泊りできるんです♪



鳥瞰図にまとめ表現(鈴木和夫作)



これを見やすく、先日にパワーポイントで描いてみました。そうしてまでも価値のあることだと思えたのです。だから、今回の旅となったんです。現地に立って感じてみたかったんです。その甲斐ありました。(^.^)



s-P1330482



人の心が繋がる拠点「岩沼みんなの家」へ♪(2017.3.30)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52174544.html

「岩沼みんなの家」、ようやく訪れることができました。東日本大震災の津波で、多くの被害にあった地域です。当時の新聞記事で、地域の復興に当たって地域のみんなが集まれる拠点が、ここでした。「他の地域では、まだ住民や役所の意見が纏まらず、復興が進んでいないところもあるんですが、ここ岩沼地区は、地域の人が集団で纏まって住居を移転する事に合意したことで、すっかり新しい暮らしが始まっているんです」きっと、地域のみんながここに集まって、これからもみんなが一緒に暮らしたいと思えたからのことなのだろうと確信しました。人の心が繋がる拠点だったんですね。「海沿いの地域は、復興工事のトラックが行き交っているので、気をつけて行ってらっしゃい」空には、仙台空港に離着陸するジェット機が悠々と飛び立っていて、急速に動き出した様子が感じられました。温泉人(おふろうど)




s-P1330483





s-P1330484





s-P1330485





s-P1330486





s-P1330487





s-P1330488





岩沼みんなの家HP
http://minnanoie-iwanuma-infocom.com/




s-P1330489





s-P1330490





s-P1330491





s-P1330492





s-P1330493





s-P1330495





s-P1330496





s-P1330497





s-P1330498





s-P1330499





s-P1330500





s-P1330501





s-P1330470





s-P1330404





s-P1330405





s-P1330408





s-P1330476





s-P1330477





s-P1330471





s-P1330473





s-P1330502





s-P1330503





s-P1330509




荒浜の様子(東日本大震災での被災地):2016.3.27

s-P1150915



荒浜の様子(東日本大震災での被災地):2016.3.27
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52158025.html


今年の春、ようやく荒浜に立ちました。東日本大震災で津波が広い畑や家屋をどんどん飲み込んでいく様子、高速道の橋桁で止まる様子が報じられた場所です。
温泉人(おふろうど)は、学生時に多賀城に下宿し、仙台新港のフェリー乗り場を超え、ここ荒浜に何度か足を運んだところなんです。どこまでも続く砂浜、防砂林の松林に平行して泥の水溜りが続いていて、素足を入れると足にアサリ貝が触れるんです。ここは、渡り鳥が立ち寄る生息地として有数の自然が守られていたところなのです。大勢の人の息遣いがあった、笑顔で暮らしたところだったんです。


このたびの津波での大勢の犠牲者が出た宮城の広い地域は、いかにあるがままの自然が広がり人が住みやすかったかを思わされました。自然の脅威に対して、無防備とも思われるほど安心しきって暮らせるほどのやさしさが溢れていた、そう思うのです!



動画(津波)

https://www.youtube.com/watch?v=P0q3Q7Igy2E




動画(津波2)
https://www.youtube.com/watch?v=PrI9LG8L68g




s-P1150914





s-P1150913





s-P1150912





s-P1150902





s-P1150904






3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 23:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔