2017年04月02日

異体字で武鑑を読む♪ & 白河藩主であった松平定信の墓所を訪れる

異体字で武鑑を読む♪ & 白河藩主であった松平定信の墓所を訪れる

s-P1330674



異体字で武鑑を読む♪ & 白河藩主であった松平定信の墓所を訪れる
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52174555.html

日立田尻浜に住む大森政美さん、いまも大切にお付き合いさせていただいています。茨城県の民俗学の第一人者です。このたび浜を訪ね、武鑑の話をしました。なんと、「いやあ、大したもんだね。」「武鑑をめくって気がついたのは、異体字が多く使われてるんだね」異体字、初めて聴く言葉です。「ほら、この霊厳寺の霊の字、異体字で書いてあるね」驚きました。というのは霊という字をいくらネットで検索しても出てこないからだったんです。「そりゃそうだよ、異体字は略字として使われてたので、辞書には出てこないと思うよ」いやあ、大森さんはやっぱり大先生です♪




s-P1330677




FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1888000521414214:3?hc_location=ufi

白河藩主であった松平定信の墓所を訪れる & 横綱大鵬ゆかりの展示(清澄白河駅で途中下車)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52172245.html

清澄白河駅で途中下車しました。白河藩主であった松平定信の墓所を訪れました。温泉人(おふろうど)(^.^)




s-P1320250





s-P1320253





s-P1320254





s-P1320255





s-P1320316





s-P1320317





s-P1320331





s-P1320333





s-P1320334





s-P1320335





s-P1320257





s-P1320268





s-P1320269





s-P1320270





s-P1320271





s-P1320272





s-P1320273





s-P1320288





s-P1330674
異体字で武鑑を読む♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52174555.html



s-P1320292





s-P1320295



この武鑑が発行された時、松平定信が29歳の年齢ですね。3年後老中となり、寛政の改革を断行するのです。



s-武鑑





s-P1320327





s-P1320328





s-P1320320





s-P1320321





s-P1320323






s-DSCF6574





s-P1320885





s-P1320886





s-P1320887





s-P1320893





s-DSCF6575






s-DSCF6672






s-P1650783



武鑑をめくり、当時の人の息遣いを感じる♪(神保町)&“イメージの遊び”・・・人生の達人に学ぶ 次世代の語り部:温泉人(おふろうど) 
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52143495.html




s-P1650780





s-P1650781






武鑑
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-P1650775





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1888000521414214:3?hc_location=ufi

白河藩主であった松平定信の墓所を訪れる & 横綱大鵬ゆかりの展示(清澄白河駅で途中下車)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52172245.html

清澄白河駅で途中下車しました。白河藩主であった松平定信の墓所を訪れました。温泉人(おふろうど)(^.^)



FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1888000521414214:1?hc_location=ufi


快晴の中、東京スカイツリーからの展望♪(2017.3.3)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52172221.html

東京スカイツリーから、眼下に広がる江戸を鳥瞰しています。かつて徳川家康によって江戸が切り開かれ、全国を統一したことで、江戸に全国から集められました。この時、当時の紳士録として毎年作られ、人の交流を可能にしたものが武鑑です。
武鑑を捲りながら、眼下の江戸の町、発展した現在の東京の人の交流を思っています。思いの集積が、これだけの街を作ってしまうのですから凄いですね。温泉人(おふろうど)(^.^)




s-★DSCF6639
ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51550547.htmlよろいを着てみよう(難波田城公園)




彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
彩(いろどり):温泉人(おふろうど)



★おすすめコース(水子貝塚公園、難波田城公園)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51372108.html ★おすすめコース(水子貝塚公園、難波田城公園):温泉人(おふろうど)





富士見市&山中湖から臨む富士山の雄姿
画像をクリックすると、HPにリンクします♪





富士見市からの富士山






埼玉・富士見市近郊で出逢えた自然(じねん)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
埼玉・富士見市近郊で出逢えた自然(じねん)




ニュータイムス掲載記事
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)



積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
積極的に自然に関わる生き方(ニュータイムス掲載)



【ずねんと:自然に】
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
【ずねんと:自然に、あるがままに】


人生の夢:温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




温泉人(おふろうど)

画像をクリックすると、HPにリンクします♪

田んぼに立って思うこと :温泉人(おふろうど)





難波田城公園(埼玉富士見市南畑)での出逢い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

難波田城公園(埼玉富士見市南畑)での出逢い
温泉人(おふろうど)が、自主的にまとめたコーナーです♪



四季が巡ることを大切に生きるこの国の人々の暮らし、もっと季節を細かに感じる「24節気」、自然 と共に暮らしてきた知恵が、この言葉にありました。

温泉人(おふろうど)の暮らす富士見市、その難波田城公園での出逢いを重ねてみて、これからも季節を感 じる暮らしを大切にして生きて行きたいと決めたんです。

山形市で生まれ、こうして富士見市が地元になりました。<(_ _)> 





s-DSCF7827




世界の富士山に真っ直ぐにつづく足跡、地元・富士見市の田んぼに、これからの温泉人(おふろうど)の歩みと信じて暮らして行こうと決めました。(^^♪




s-DH000001
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
レンゲ畑(富士見市)



レンゲ畑での幼少の家内(真ん中の子)が、富士見市南畑での記念写真です。豊かな自然と人に囲まれて育ったんですね。<(_ _)>

ここが家内の育った富士見市です。良いところでしょ。(^^♪

いま縁あって家内と暮らす富士見市ですが、こうした田畑が広がり、自然と共に暮らしてきた人柄に出逢えることが、とても嬉しいんです。




★曲り屋の四季
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html
s-P1760640





s-P






曲り屋の冬





曲り屋の春





曲り屋の夏





曲り屋の秋





曲り屋の四季:"The Magariya in Winter・Spring・Summer・Autumn"

曲り屋の四季(冬・春・夏・秋)

曲り屋と星空(撮影:前田徳彦)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



“冬春夏秋”

「春夏秋冬って言うけど、冬→春→夏→秋の順番の方がしっくり来るような気がする」

こんなことを、妻がポツリ!
「だって、人の生まれた時からの人生の流れを考えると、冬で終わるというのはなんかさびしいし、季節の捕らえ方が違うような気がする。」

「だって、冬って雪の下はとても暖かく守られていて、そう、かまくらに入った時温かかったよね」「東北の冬を知っているとよくわかる」「だから、冬は冷たい凍るような季節でなく、雪の下は暖かく守られている、いわば生まれて成長していく期間、『冬』かな」

「そして、十分に準備が出来て、周りの気温の上昇に合わせて、一気に花が咲く、そう『春』になる。青春って言うよね」

「そのうち十分な根っこに支えられて、その根っこの広がりの分だけ十分に枝葉が茂る季節、『夏』かなあ」

「こうして、実りの秋、これまでの様々な出逢い、経験によって熟成した季節、『秋』。次の世代へ大切なものを引き継いでいく、まさに実りの秋のように感じるね」

こんな話を、数年前に交わしました。
こうして、「心の風景のデッサン」の中での季節の順番は、冬→春→夏→秋になったのです。

自然の流れ、あるがまま。

                       【“温泉人(おふろうど)掲示板” 2004.10.10より】





3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 10:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔