2017年05月02日

スズメノエンドウ & カラスノエンドウ(飯田橋)

スズメノエンドウ & カラスノエンドウ(飯田橋)

s-P1340945





s-P1340951





s-P1340952





s-qP1340946





s-qP1340948





s-qP1340949





s-qP1340950





春宵十話(しゅんしょうじゅうわ)

s-P1570150
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-P1570149





s-P1570898





s-P1580194




カラスノエンドウ & スズメノエンドウ

カラスノエンドウ
カラスノエンドウ




カラスノエンドウ
カラスノエンドウ





カラスノエンドウの花&馬頭観音
画像をクリックすると、HPにリンクします
カラスノエンドウの花&馬頭観音



スズメノエンドウ
スズメノエンドウ




スズメノエンドウ
スズメノエンドウ



数年前、小学校の同級生が当時の担任の先生に声をかけ、初めて小学校の同窓会を企画してくれたことがありました。会への出席は叶いませんでしたが、お送りした「心の風景のデッサン」に、担任の片桐先生から手紙を頂いたことがあります。

当時、小学校2年の秋に転校し、思うようにクラスに溶け込めず数年を過ぎたころ、片桐先生に出逢い、山形市の霞城公園内の児童文化センターの生物クラブに勧めていただいたことが、市民感覚を付けさせ、身近ないきものへの具体的な名前や飼い方などを学んだのです。

子供から大人への転換期ともいえた時期です。

のちに、小学校時からの友人の誘いで、新婚の片桐先生宅を訪ねたことがありましたが、「テレビのドラマが凄いと思うだろうが、現実の生きて行く体験の方が、もっとドラマなんだよ」「岡潔さんの『春宵十話』を、ぜひ読みなさい」と、アドバイスをいただきました。

大学4年次の研究室の教授からも、まったく同じように「岡潔の『春宵十話』を読みなさい」と勧められたことが、とても驚き、初めて買い求めて一気に読み、「なるほどと」納得し、今も人生で出逢った1冊の本と言われれば、これを言えるまでになりました。

「人間の中心は、情緒である」「情緒とは、人の悲しみが分かるこころである」と、冒頭に書いてあり、歳を重ねるにつれて、その意味を深く体得することとなりました。

お陰さまで、今の温泉人(おふろうど)が出来ました。感謝いたします!

                                          温泉人(おふろうど)


城下町山形市のお堀ばたで生まれ育ったことが、いま大人になって都内の皇居、外堀を歩き、川越を歩くとき、自然にその感覚が呼び起こされてきます。

霞城公園の土手で走り回ったこと、お堀に下りておたまじゃくし(がいらんご)を捕ったことなど、その光景は今の自分がものを見る感覚に引き継がれてきていることを、ときおり感じます。

また、足元の草の名前も、小学校のころに通った霞城公園内にある児童文化センターでの身近な生活者としての市民講師の方から、土手を歩きながら教わりました。いま市民講師(富士見市市民人材バンクなど)として活動を開始したことの市民感覚のめざめも、原点はここにありました。

赤い帯のあるヤマアリのこと、カラスノエンドウやスズメノエンドウなど草の名前を覚えたことで、いまでも足元の草木にも関心を抱けるようになったのです。

千鳥ケ淵での桜の見方、そして外堀での桜の花を、水面に伸ばした枝を下に見ての光景としてその美しさを捕らえてしまいます。

小さいころに身近な日々の光景の中で、“備わって”きた感覚なのだと、また新たに感じるのです。

多くの感覚を身につけさせてくれたところ、そして“立ち位置”を気づかせてくれたものが、城下町山形市の人と自然です。

 

温泉人(おふろうど)は、城下町育ちです

山形というと、広く田んぼが広がり、さくらんぼが採れ、温泉がたくさんあり、蕎麦がおいしい、こんなイメージでしょうか。

その中でも山形市は、城下町です。いまでは新幹線が停車する山形駅ですが、山形駅に沿って歩いてまもなく、城跡の「霞城公園」があります。

そのお堀ばたで、生まれ育ちました。城跡の土手で虫を追いかけ、草木の名前を教わり、その水辺に降りておたまじゃくし(がんらんご)捕りや、土筆採りをしたところです。

「心の風景のデッサン」の場面も、数多く描かれています。

温泉人(おふろうど)の感性、価値観が、ここで、この町で出来たといっても過言ではありません。

城下町育ちが、温泉人(おふろうど)です。




市民感覚のめざめ
画像をクリックすると、HPにリンクします
市民感覚のめざめ



片桐先生からの手紙
片桐先生からの手紙(1ページ)





片桐先生からの手紙(2ページ)






s-P1460973





s-集合写真





s-P1460982





s-P1460946





s-P1460942




s-もみじ公園の紅葉
画像をクリックすると、HPにリンクします
同級会(小学校6年3組):山形「紅の蔵」にて & 「もみじ公園」の紅葉



s-s-P1470201
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
仙山線で作並温泉へ(父と)


s-仙台四郎
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
仙台四郎



城下町・山形市

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50997108.html 城下町・山形市に生まれた意味



霞城公園(山形市)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

がいらんご(おたまじゃくし




物集め、情報集め、自分の心の風景(宝物)集めへの成長
画像をクリックすると、HPにリンクします




“人生のテーマ”を決めたその心
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“人生のテーマ”を決めたその心




物集め、情報集め、自分の心の風景(宝物)集めへの成長
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
物集め、情報集め、自分の心の風景(宝物)集めへの成長





★飯田橋の地図
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



ここ飯田橋は、きっとこれからますます注目を浴びるところだろうと確信します。

千代田区新宿区文京区、それぞれの行政区域から見ると、区のはずれですから、区の地図では目立たない位置だったかもしれません。

しかし、ほとんどの地下鉄線やJRが飯田橋駅に接続し、まさに東京のへそと言えます。

その利点を活かしJRのホテル「ホテルメトロポリタンエドモンド」には、全国の修学旅行生の宿泊所となっていて、この駅から都内に向かいます。隣接して東京しごとセンターもここにあります。

最近、ユニクロも飯田橋の地下鉄のコンコースに出店し、関西のあぶり餅も、ラムラの中に出店しました。

ここは、東京理科大が飯田橋駅に隣接したラムラに社会人の生涯学習コースを設置し、法政大学など、多くの学生の行きかうところです。

RAMLA(ラムラ)のあるセントラルプラザ1Fは、東京都飯田橋庁舎となっていて、国際ユースホステルがあり、多くの外国人が行き来しています。

そして、このIFにある銀座コージーコーナー飯田橋ラムラ店は、アンテナショップとして他の店に無い豪華なつくりとなっています。

在日フランス人の学校も近く、神楽坂には、着物姿の外人も多く訪れます。

神楽坂は、京都、加賀などの日本料理店、そして出版関係の集まるところでもあることで、この地域の喫茶店では、出版関係者の打ち合わせの光景に出会います。昨年の写心&陶によるコラボレーション 「自然(じねん)」でお世話になった高橋工房さんも、近くの文京区内にあります。

ラ ムラ区境ホールには、音楽の表現者としてメジャーだけでなくインディーズの人たちの集まるコミュニティーとしてラムラ関係者の努力、出演者の笑顔、集まる 人の笑顔が出来てきました。何年もかかって、多くの人の想いがあって、ここまで育ってきたことを、しっかり温泉人(おふろうど)は見続けてきました。

立ち寄りの中で出会えたものについて感じたことをラムラコーナーとして温泉人(おふろうど)のオープンマインドの姿勢で感じたままを述べたものが、おかげさまでRAMLA公式ホームページにリンクさせて欲しいと言っていただき、今に至っております。

また、ここカナルカフェは、都内の有数のデートスポットとなっていて、外国の人もその水辺の開放的な空間にお茶を楽しんでいます。外堀として桜の名所でもあり、多くの人が訪れます。

きっと、新宿、渋谷、池袋といった若者の集まる地域が、次第にここ飯田橋が注目を浴びることとなることを確信します。

人が集まり、国際的な人が出入りし、それにあわせた情報インフラも見直すことになるでしょう。それほど、これからの魅力ある地域と思えるのですから。

東京5社のひとつ東京大神宮も近く、東京のお伊勢さまとして縁結びの神様として、パワースポットとして多くの若い女性に人気のスポットです。ホタルも見ることができます。一年の季節ごとの行事を見続けてきました(温泉人(おふろうど)作成の東京大神宮コーナー)。

本当の意味で、ネットワーク社会が進展する中で、“オープンマインド”な街・企業・個人が育っていくことを願っています。ネットワーク時代の“自分探し”ではと、温泉人(おふろうど)は感じています。

“個の存在価値”が試されるのですから、これからますます・・・。

    “自然の子”・ “次世代の語り部”  温泉人(おふろうど)

 

カナルカフェを含む記事:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51616874.html 【ご案内(開催済み)】 写心&陶によるコラボレーション 「自然(じねん)」:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/ramla.html ラムラコーナー:温泉人(おふろうど) 




3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   

ofuroudo at 18:30│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔