2017年09月12日

飯田橋駅の朝・昼・晩♪(東京都千代田区)

飯田橋駅の朝・昼・晩♪(東京都千代田区)

s-P1340851


飯田橋駅の朝・昼・晩♪(東京都千代田区)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52187236.html

橋♪「飯田橋」 & 飯田橋交差点(千代田区・文京区・新宿区の交点♪)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52176743.html

縁あって着地した飯田橋ですが、これからも飯田橋を愛し楽しんで行こうと思っています。温泉人(おふろうど)♪




s-P1340850





s-P1340848




FB3


飯田橋駅の朝・昼・晩♪(東京都千代田区)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52187236.html

不思議なご縁で、飯田橋に10年以上に渡って、朝・昼・晩と過ごすことが出来るようになったこと、とても嬉しく思っています。生まれ育った城下町山形市の山形城と想いが重なるのです。濠と石垣のある江戸城の外濠に飯田橋駅が位置しています。神楽坂に隣接し、温泉人(おふろうど)に幼少期に育った最中の種やでの暮らし、その人懐っこさがこの街にはあるんです♪  温泉人(おふろうど)


5d2b4a51

橋♪「飯田橋」 & 飯田橋交差点(千代田区・文京区・新宿区の交点♪)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52176743.html




s-P1400609





s-P1410384





s-P1410335





s-P1410336





s-P1410385





s-P1410337





s-P1410338





s-P1410339





s-P1400614




千代田区の地図を鳥瞰♪ & 鳥瞰図♪ (東京一目新図)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52170258.html
s-P1310025





s-P1310035





s-P1310036





s-P1310039





s-P1410386





s-P1410387





s-P1400616





s-P1400617





s-P1410388





s-P1410389





s-P1410340





s-P1410341





s-P1410342



モーニング珈琲♪3(珈琲館・飯田橋店)・ホットケーキ&サイフォンコーヒー♪ (珈琲館・飯田橋店)、かつての「ぴんぜる」
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52139553.html
s-P1760755


モーニング珈琲♪3(珈琲館・飯田橋店)・ホットケーキ&サイフォンコーヒー♪ (珈琲館・飯田橋店)、かつての「ぴんぜる」
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52139553.html



s-P1670943



ちょっと早起きして、朝の贅沢な時間をゆっくりモーニング珈琲で過ごします。お陰さまで、今日も頑張れました!!(^^)!


s-P1670946





s-P1760756
http://www.1010.or.jp/




s-P1410344



通りに咲く朝顔♪(飯田橋)3

s-P1230736



通りに咲く朝顔♪(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52155735.html


飯田橋の酒屋さんのおじさん、昨日声がけしてくれ、ちょっと早起きして朝顔の写心を撮りました。

「どこからか種が飛んできて咲いたんだけど、綺麗なので、今年蒔いて育てたんだよ」

朝顔、明日咲く蕾が膨らんでいます。日本古来の朝顔に出会えて、ぜひ種を譲ってほしいとお願いしましたところ、快く受け入れていただきました。まだ先ですが、種が出来た時期に、いただけるんです。(*^_^*)




s-P1240246



通りに咲く朝顔♪(飯田橋)3
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52157009.html


都内ど真ん中飯田橋、大通り沿いにやさしく咲く朝顔の花、こんなに薄くしなやかな花びらだからこそでしょうか、スピードを上げて風を巻き上げて通る車が あっても、折れずにしっかり咲いていて、そのラッパのような姿で通りかかる人に声援を送っているかのように思えたのです♪
こんなに周りの状況とともに感じた朝顔の花への想いは、初めて抱く感情でした!




s-P1240248





s-P1240245





s-P1230427





s-P1230424





s-P1230454





s-P1230718





s-P1230717




「生思有感 SEISHIYUKA」:彫刻家 安田 侃 & 東京しごとセンター(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52143714.html
s-P1230434





s-P1230435





s-P1230436





s-P1230437




アイ ガーデン テラス & I-GARDEN AIR(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52180088.html
s-P1360980





FB1
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1939870179560581?pnref=story


アイ ガーデン テラス(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52180088.html

緑の木々に覆われた建物、都会の真ん中にある空間です。ホテルエドモント、KDDIなどなど、多くの人が行き交い、椅子に座りながら食事し談笑するところです。今日も向かいます♪ 温泉人(おふろうど)



FB1
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1974078876139711?pnref=story


アイ ガーデン テラス & I-GARDEN AIR(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52180088.html

カルガモのモニュメント、千代田区のアイ ガーデン テラス & I-GARDEN AIR横の「あいあい橋」のたもとに生息しています。(^_^*)



s-P1390746




FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1938484703032462


I-Garden Air界隈3(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52126233.html

ここ飯田橋のI-GARDEN AIR、もとは飯田町駅があって、今の中央線の始まりがこことのこと。敷地内には、当時の国鉄、そしてJRとなり、運輸業からサービス業への転換をはかり、ホテルエドモントとしてスタートしたホテルが建っています。全国各地から、修学旅行生が来て、東京見物の基地として利用しています。




s-





s-



マイワシ&ウルメイワシ&タイの煮付け&サンマの煮魚&塩焼き・イワシ団子・栗カボチャなどなど♪ (「ベル」での昼ごはん:飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133438.html
s-P1750070





FB:ベル
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1865843210296612?hc_location=ufi


マイワシ&ウルメイワシ&タイの煮付け&サンマの煮魚&塩焼き・イワシ団子・栗カボチャなどなど♪ (「ベル」での昼ごはん:飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52133438.html

イワシの煮物定食、ベルでのランチです。やっぱり美味しい。(^_−)−☆ ベル、この名前の謂れをお母さんに伺いました。「お金が入ってくる店にしたいと思ったんだけど、マネーじゃ直接的だから、金の連想でベルだったのよ」「最初は、カレーライスの専門店で、生ジュースやパンも出していたので、ベルは洋食風で当時は横文字が少なくて洒落た名前だったんだよ」「そのうちに、お客さんが煮物食べたいとか、魚が食べたいと、それに対応してきたら今のメニューになったんだよ」╰(*´︶`*)╯♡




s-P1280907



まとう鯛みりん漬、メヌケ定食:おばんざい居酒屋 「実家」(飯田橋)&棒鱈(棒ダラ)で山形と京都に想いを巡らす♪&父(90歳)の来訪♪&千代田区の桜♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167285.html
s-P1320051





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1988951897985742?pnref=story


「佳宴」(飯田橋店)2
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52140734.html

黒酢の酢豚定食をいただきました。温泉人(おふろうど)(^_^*)



s-P1300577





s-P1300576





s-P1410397





s-P1410398





ファリーヌキムラヤ&千代田さくら祭りガイドマップ&卒業式で着飾った花(飯田橋)

s-P1330040


ファリーヌキムラヤ&千代田さくら祭りガイドマップ&卒業式で着飾った花(飯田橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52173679.html

飯田橋のパン焼菓子のファリーヌキムラヤ、千代田さくら祭りのガイドマップと共に、卒業式で着飾った花が通り過ぎます。



s-P1410399





s-P1410345





s-P1410350





s-P1410351





s-P1410352





s-P1410355





s-P1410356





s-P1410357





s-P1410400





s-P1410401




喫茶「Plat木屋」(飯田橋・東京大神宮近く)3
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52174220.html
s-P1320056







s-P1340941





s-1




鯉のぼりの東京大神宮・木立の中のテーブル・「ファリーヌ・キムラヤ」のパン♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52176989.html
s-P1340917





s-P1340918





s-P1410374





s-P1440765

鳳凰が飛ぶ飯田橋町会神輿(2013年8月、ホテルエドモントにて)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52022645.html



s-P1440768





s-P1440769





FB4
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1985912294956369


築土神社の例大祭(2016.9)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52156600.html

築土神社の例大祭が、いよいよ始まります。昨年の様子をご紹介します。飯田橋の祭りです。温泉人(おふろうど)(^_^*)



s-P1410417





s-P1410375





s-P1410378





s-P1410363





s-P1410379





s-P1410365





s-P1410367





s-P1410368





s-P1410369




RAMLA横の“せせらぎ”(飯田橋) & 温泉人(おふろうど)♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52059015.html
s-P1510770
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




s-P1510769





s-P1510771






s-P1560325
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
名画座フェスティバル♪(飯田橋ラムラ) & ギンレイホール



s-P1560182
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
名画座フェスティバル♪(飯田橋ラムラ) & ギンレイホール


「神楽坂 浮かぶ切り絵」を接写♪

s-P1370736





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1949101535304112?pnref=story


「神楽坂 浮かぶ切り絵」を接写♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52181327.html

ただの切り絵ではなく、「浮かぶ切絵」なんです。これは接写で近づいてみてみようということで、さっそくじっくり見つめてみました。おお、なるほど浮かんでいるんです。こうすることで立体的な奥行きが表現できるんです♪

<浮かぶ切り絵・ 汀(みぎわ)切り絵とは>・・会場展示説明文より
切り絵は紙を切るという単純な平面造形である一方、独自な表現様式を持つ伝統的な創作芸術といえます。一般に云う『切り絵』は、台紙に貼り付けて額に入れ完成作品としていますが(平面的)、“浮かぶ切り絵”は光との融合を意識した作品づくりをモットーとします(立体的)。
基本的には黒色の紙を材料に用いる。彩色(カラー)作品においては、色紙の使用(原画に貼付け)を原則とし、加筆による着色は行わないことにしている。特徴は、切り上げた部分が、一枚の紙でつながっていること。台紙から切り絵を浮かせて額装することで、立体的効果が得られるだけでなく、微妙に影を生み、光の方向。光の色、光度など、そして見る角度を変えることによってさまざまな変化が生じ、見た目の美しさを誘うものとなります。
※ 汀(みぎわ)切り絵は、切り絵作家 川原 汀による「切り絵を浮かせる手法」の名称です。

第29回作品展(2017年)「神楽坂 浮かぶ切り絵 かっぱ会」展示♪(飯田橋ラムラ)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52181186.html




s-P1370727




ミウラ折りで作られた神楽坂の地図、最新版を入手♪ & 神楽坂の最短お勧め散歩道♪:温泉人(おふろうど)

s-P1320616



ミウラ折りで作られた神楽坂の地図、最新版を入手♪ & 神楽坂の最短お勧め散歩道♪:温泉人(おふろうど)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52172727.html

ミウラ折りで作られた神楽坂の地図、最新版を入手しました。そして、熱海湯で1010(せんとう:銭湯)の機関誌をゲットしました。また、一休みです。温泉人(おふろうど)(^.^)




s-P1320614





s-P1320613





神楽坂の最短お勧め散歩道♪:温泉人(おふろうど)

神楽坂の最短お勧め散歩道:温泉人(おふろうど)
神楽坂の最短お勧め散歩道♪:温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52171323.html


温泉人(おふろうど)お勧めの、神楽坂を最短でめぐるスポットです。ここ絶対お勧め♪

青色のマーカーで塗った道が、お勧めなんです。


FB






s-P1560970





のレン
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1883698915177708&set=a.1867930653421201.1073742195.100006128530111&type=3&theater


京都からやってきた「のレン」神楽坂店、おかげさまで神楽坂の名にふさわしい楽しく優しく祭りの賑わいが出来ました。ぜひお立ち寄りください。温泉人(おふろうど)(^.^)


s-P1500236




いろいろあった1週間。心のとげ、疲れを吹っ飛ばしたくて、人懐っこいところを選んで歩きたくなるんです。(^^♪ 

自然も好き、人も好き。でも人が好き。人の暮らす所が好きなんです、人の暮らし方、その人の生き様が好きなんで〜す。。( ^^)




s-P1500238





s-P1500241





s-P1500244





s-P1500245





夜の見番横町(神楽坂)





s-P1450207





s-P1450208





s-P1450209





s-P1450210





s-P1450211






s-河原 汀 浮かぶ切り絵 第25回作品展 (神楽坂「切り絵かっぱ会」)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
河原 汀 浮かぶ切り絵 第25回作品展 (神楽坂「切り絵かっぱ会」)


s-浮かぶ切り絵(神楽坂「切り絵かっぱ会」第24回作品展)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
浮かぶ切り絵(神楽坂「切り絵かっぱ会」第24回作品展)


s-神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展(第21回)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
神楽坂「切り絵かっぱ会」作品展(第21回)



s-P1450212





s-P1450213





s-P1450214






s-P1450215





s-富士見市からの富士山
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
富士山が世界遺産に登録決定  ←日本の富士山が“世界の富士山”へ






s-P1500246





s-P1500249





s-P1500250





s-P1500252





夜の見番横町(神楽坂)





夜の見番横町(神楽坂)





夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)





夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)







夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)





夜の見番横町(神楽坂)






夜の見番横町(神楽坂)





夜の見番横町(神楽坂)





昼の見番横町(神楽坂)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
神楽坂・見番横丁/浮かぶ切り絵展/カナルカフェ(飯田橋・外堀)



夜の見番横町(神楽坂)






s-P1500253





s-P1560968





s-P1560967





s-P1160562




神楽坂 ほおずき市

神楽坂ほおずき市





神楽坂ほおずき市






s-P1500257





s-P1500258





s-P1500261





s-P1500267





s-P1500268





s-P1500269





s-P1500270





s-P1500274





s-P1500275




「風雅すたいるカフェ」にて(神楽坂)

s-P1640916





s-P1640912





s-P1640913





s-P1610294





s-P1610285



民芸風 手打そば 「志な及」(神楽坂)

s-P1680824




「益子が出身です。益子の実家で栽培し採れたそばで、益子焼の器で味わっていただきたいんです。」(*^_^*)




s-P1680855




「長年そば屋をやってきても、そばの写真が無かったんです」

昨日、そばを頂く前に撮った写心に、心寄せていただきました。さっそく飯田橋の写真店で焼き、額装し、持参しました。

店内にすでに在った蕎麦畑の写真の横に飾っていただきました。数分後には、お客様が席に着かれ、楽しそうに語らいながら、美味しそうにおそばを平らげて行きました。(*^_^*)




s-P1560973





s-P1560976





s-P1560979







s-P1500277





s-P1500278






s-P1310147




「加賀まりこスペシャル・トークショーと特別上映」名画座ギンレイホール(神楽坂)♪&民芸風 手打そば 「志な及」
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52080874.html
s-P1560432





s-P1310158





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1996767430537522?pnref=story


今に繋がる!江戸を作った徳川15代将軍の偉業(テレビ朝日)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52188856.html

大好きな飯田橋、また学びました。温泉人(おふろうど)


大好きな飯田橋、また学びました。そして故郷・山形市に生まれ育ち、「心の風景のデッサン」にまとめた心の風景、これと重ね合わせてこの地を自らの大好きなところと思える訳を、日々見つけながら過ごしているんです。温泉人(おふろうど)


飯田橋駅の朝・昼・晩♪(東京都千代田区)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52187236.html



飯田橋駅近くのサクラテラスでの光景♪ & 江戸城の外堀の石垣(飯田橋牛込橋)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52150607.html
s-P1210221



江戸城の外堀の石垣(飯田橋牛込橋)

s-P1650938





s-P1650939





s-P1650940





s-P1650941





s-P1650942





s-P1650943





牛込見附(江戸城外堀跡)に建つ





牛込見附(江戸城外堀跡)に建つ





s-P1650944





s-P1650945





s-P1650946





s-P1650947





s-P1650948





s-P1650949





飯田橋周辺案内地図
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




FB1
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1985496754997923


江戸城の天守閣跡から、大手門まで、石垣を眺めながら歩きました。江戸城、その大きさと威厳を感じます。海外からの訪問者が大勢来訪しているのが印象的です。温泉人(おふろうど)(^_^*)



鳥瞰図♪ (東京一目新図) & “江戸の母”川越 & 霞城公園(温泉人(おふろうど)の故郷・山形市)

s-東京一目新図
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



温泉人(おふろうど)の価値観や感性を育んだ故郷・山形市、住まいする富士見市と近くの“江戸の母”川越、そして縁あって10年を超えて江戸城の近く飯田橋に勤務する毎日、この出逢いに人生の物語を感じます。

感謝です。<(_ _)>




s-東京一目新図2





★-東京一目新図(★詳細)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



明治30年に描かれた東京の鳥瞰図です。美しい描き方ですね。

さすが鳥の目のように描く鳥瞰図です。(*^^*) 

縁あって、ここ10年を外堀のところに位置する飯田橋に週中を過ごしています。

かつての江戸城を感じながら、今を楽しんでいます。(^o^)/





江戸城を鳥瞰する
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51665890.html 皇居・一般参賀:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より




江戸城の見取り図
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
「江戸城の見取り図」



江戸城の見取り図2





日本武道館
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
皇居一般公開(坂下門〜乾通り〜乾門) & 太田道灌



s-P1570793
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
江戸城清水門から




旧江戸城写真帖より「清水門」
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
旧江戸城写真帖より「清水門」



s-P1570794








【鳥瞰図】“人生のテーマ”を決めたその心 & 温泉人(おふろうど)が育ち活動し想いをよせるところ!

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167663.html





【再掲載】山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52163025.html

s-P1180410





山形城
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E5%9F%8E


【再掲載】山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52163025.html


山形城、温泉人(おふろうど)はこのお堀端で生まれ育ちました。最上義光公が城主となり、徳川家康の時代には、家康側に参戦勝利し、五十七万石の東北地方で最大規模の大名となるのです。以降、川越藩主・松平大和守が山形城主となり、白河城(小峰城)、姫路城の城主となったことを知りました。父と歩んできた故郷・山形市、城下町なのです。




s-P1180261





s-P1180262





s-P1700722





s-P1180263





777afe76

 

お城の土手、ここで、登ったり下りたりして遊んだ。  

ここに、春先には一面に草の間からニョキニョキ土筆が顔を出すのである。この土筆をおもしろがって採り合いし、入れ物が無いため、着ていたガウンに入るだけ家に持ち帰った。 

新聞紙を広げ、土筆の袴を一つ一つ根気よく取り除き、まとめて湯で茹でる。あんなに採ってきたと思うのも、茹でてしまえば以外にあっけなく、少ないガサ(量)になってしまうのである。 

かつお節と醤油を少々かけ、もやしのように頂く。あっさりとした味は、いやみがなく季節の味わいとして、家族で楽しむ。  

つくしのことを、”土筆”とは、うまく表現したものだと関心している。その土に突っ立った筆そのものである。子供のこころにどの様な思い出の風景を描いた筆なのだろう。じっと、顔を近づけ同じ目の高さから見つめ、語りかけると、そのひとにだけその風景を教えてくれそうな土筆である。 

長い冬から覚め、太陽の光をいち早く受け止め、温かい土の中からこの世界に住む住人の思いを引き出し、デッサンしようと筆を携えて生まれてきたのかもしれない。  

日当たりの良い丘にその土筆は、群生した。何本もの筆は、通りががりの子供や大人のこころにそっと近づき、しっととどまっている。  そんな、思いが”土筆”の姿に思い浮かぶ。土筆の持つ、素朴さ,土くささ,品格が、接する者への安心感や素直さを引き出すのか。  

冬の寒さを耐え、ようやく日の光が黒い土に吸収されたころ、その温度となって感じるあの春先の心の動き、その動きに対応するかのように土筆が現れる。巧妙な”季節のからくり”に、ため息が出るような・・・。




s-P1180264





s-P1180265







s-★DSCF6639
ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51550547.htmlよろいを着てみよう(難波田城公園)




彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
彩(いろどり):温泉人(おふろうど)



「もみじ公園(山形市)」←e公園への編集登録(ofuroudo)

「もみじ公園(山形市)」←e公園への編集登録(ofuroudo)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪





s-8f41e9e1
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント




やまがた観光マップ・市街地(もみじ公園)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
やまがた観光マップ⇒http://www.kankou.yamagata.yamagata.jp/map/



“八幡石”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




“八幡石”への想い





“八幡石”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




“八幡石”への想い





★城下町やまがた探索地図(「心の風景のデッサン」ポイント)
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント


温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>



彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/model.htm あるがまま:温泉人(おふろうど)

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/50892700.html 命名の由来:温泉人(おふろうど)


彩(いろどり):温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
モデルだったのです♪:「十一屋」パンフ(山形):温泉人(おふろうど)





★飯田橋の地図
画像をクリックすると、HPにリンクします♪






3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い






★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1923399747874291?pnref=story


温泉人(おふろうど)印です。(^_^*)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52177563.html

温泉人(おふろうど)とは、 箸ふろ うど(温泉の狩人)”として、◆肇フ ロード(off Road)”として、温泉と道草を愛しながら、“自然と共に自然体で!”暮らす意味です。(^_-)-☆



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 21:08│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔