2018年04月15日

鹿鳴館跡に立つ♪(東京駅から日比谷に向かって歩く)

鹿鳴館跡に立つ♪(東京駅から日比谷に向かって歩く)


s-P1500350





s-P1500352





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2088569908023940

鹿鳴館跡に立つ♪(東京駅から日比谷に向かって歩く)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52203620.html

日比谷の鹿鳴館跡に立ちました。帝国ホテルの横に隣接した位置です。ここにダンスホールが有ったんですね。そして日生劇場が直ぐです。その喫茶店で、メイプルシロップ付きのスコーンとホットコーヒーを頂いて、一息付いています♪ 明治時代の文明開化時代、そして大正・昭和・平成と繋がった息遣いが感じられるんです。首都東京に立っている温泉人(おふろうど)の日常があります♪
温泉人(おふろうど)

(以下、千代田区の説明)
日比谷通りを挟み日比谷公園の向かい側にあるNBF日比谷ビル(旧大和生命ビル)向かって左の塀(帝国ホテルとの境)に、「鹿鳴館跡」のプレートがあります。
鹿鳴館はイギリス人ジョサイア・コンドルによって設計されたレンガ造り二階建ての洋風建築で、明治16年(1883)年落成しました。
時の外相井上馨は、不平等条約の改正を早めるためには、日本人がいかに西欧文化を受け入れているかを外国人に見せる必要があると主張しました。そのための社交場として政府が建築したのが鹿鳴館です。連日連夜、政府高官や貴族、外国人が宴会、舞踏会開き風紀紊乱のそしりも受けました。宴会場だけでなく様式ホテルも併設されていたようですが、当時のヨーロッパの人たちにはあまり評判がよくなかったようです。
明治27年(1894)華族会館に払い下げられ、1927(昭和2)年には 現在の大和生命保険に売却され, 1940(昭和15)年に解体されました。

「鹿鳴館跡
ここはもと薩摩の装束屋敷の跡であってその黒門は戦前まで国宝であった。
その中に明治十六年鹿鳴館が建てられいわゆる鹿鳴館時代の発祥地となった。
千代田区」




s-P1500307





s-P1500309





s-P1500310





s-P1500311





s-P1500312





s-P1500313





s-P1500314





s-P1500315





s-P1500316





s-P1500317





s-P1500318





s-P1500319





s-P1500320





s-P1500321





s-P1500322





s-P1500324





s-P1500325





s-P1500326





s-P1500327





s-P1500328





s-P1500330





s-P1500331





s-P1500334





s-P1500335





s-P1500336





s-P1500337





s-P1500343





s-P1500344





s-P1500346





s-P1500347





s-P1500348





s-P1500349





s-P1500350





s-P1500352





s-P1500353





s-P1500359





s-P1500360





s-P1500361





s-P1500364





s-P1500363





s-P1500366





s-P1500365





s-P1500369





s-P1500370





s-P1500371





s-P1500372





s-P1500373





s-P1500375





s-P1500376





s-P1500377





s-P1500378





s-P1500380





s-P1500381





s-P1500382





s-P1500385





s-P1500386





s-P1500388





s-P1500389





s-P1500390





FB2
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2085836144963983

TOKYO MIDTOWN HIBIYA(2018.4.9日比谷)& 鹿鳴館に関連
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52203165.html

「鹿鳴館でのダンス、女性のスカートが揺れるようなデザイン・・・」、日比谷にTOKYO MIDTOWN HIBIYA(映画みたいな街が生まれる)が誕生しました。映画のシーンを体感できるようなお洒落なフロアで、お茶や食事をしながらおしゃべりを楽しめるところです♪
温泉人(おふろうど)





鹿鳴館
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B9%BF%E9%B3%B4%E9%A4%A8




鹿鳴館跡
http://www.kanko-chiyoda.jp/tabid/741/Default.aspx




鹿鳴館2





積善館
http://www.sekizenkan.co.jp/




積善館2
http://www.sekizenkan.co.jp/




法師温泉
https://www.youtube.com/watch?v=eLCJi6AtXjI




法師温泉2
https://www.youtube.com/watch?v=eLCJi6AtXjI




eb1c4642
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52080874.html





3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html





“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   

ofuroudo at 22:44│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔