2018年05月12日

ルチェリーナ、山猫軒でのライブ♪:2018.5.12★

ルチェリーナ、山猫軒でのライブ♪:2018.5.12

ルチェリーナ ライブ





FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2102252886655642

ルチェリーナ、山猫軒でのライブ♪:2018.5.12
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52205595.html

リラックス写真、ほっこりとリラックスした 素敵な演奏、ルチェリーナならではの三人のユニット、それぞれの人柄があって醸しだす雰囲気に、集まった多くの方々が笑顔になっていくんです♪ 
温泉人(おふろうど)




s-P1510561






https://www.youtube.com/watch?v=BmC5sKe-Go4





https://www.youtube.com/watch?v=vSgTkA95BP0





https://www.youtube.com/watch?v=dM5PPmdx034





https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=pDc-aLsSdVQ





https://www.youtube.com/watch?v=_FbNm-LBRn8





https://www.youtube.com/watch?v=5bZwBWzgXOU





https://www.youtube.com/watch?v=2-FvpaTYiCg





https://www.youtube.com/watch?v=XbzopAm0lqc





https://www.youtube.com/watch?v=whpB19wJxgo





https://www.youtube.com/watch?v=G8GXpgCSd9c





https://www.youtube.com/watch?v=mtBtFGyZI2o





https://www.youtube.com/watch?v=GVEbP4hGmX8





https://www.youtube.com/watch?v=Ax6t8j9Ny4c





https://www.youtube.com/watch?v=0GQD5JS9fis




s-P1510570





s-P1510574





s-P1510576





s-P1510578





s-P1510584





s-P1510585





s-P1510550





s-P1510554





s-P1510562





s-P1510567






s-ルチェリーナ
https://www.facebook.com/trio.lucellina/




ルチェリーナの新年最初のライブ【菅井千春(うた、ピアノ)Aya(フルート、オカリナ)大塚幸穂(チェロ)】:山猫軒にて2017.1.21
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52168595.html
s-P1300339





s-P1300341





s-P1300342





s-P1300343





s-P1300344





s-P1300345





s-P1300346





ルチェリーナ・プロフィール
https://twitter.com/yamaneko_ogose/status/822576055135465473/photo/1




動画
https://www.youtube.com/watch?v=wEKu8vfYLls&feature=youtu.be
【限定公開】

素敵な歌声、ルチェリーナの演奏,肇薀ぅ屮函璽をお聞き下さい♪



動画
https://www.youtube.com/watch?v=zh9wjpN8e2Y&feature=youtu.be
【限定公開】

素敵なルチェリーナの演奏◆淵侫襦璽箸肇船Д蹐二人の演奏)をお聞き下さい♪



s-P1300348






s-P1290823





s-P1290656



山猫軒の新年♪(越生)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167472.html


煙突からは、薪ストーブの煙が立ち上る温かく居心地の良いことが分かるんです。宮沢賢治「注文の多い料理店」ゆかりのギャラリー・カフェ「山猫軒」、月刊誌「男の隠れ家」でも取り上げられる屈指の隠れ家です!温泉人(おふろうど)より





s-P1290657





s-P1290659



「このゲートは中里 繪魯洲さん作、緑の丸はワイングラスの底、カエルや蛇、猫、サル、リス、タヌキ、カメなどこの辺に住んでいる動物達、上にはプロペラ、風でまわると音が鳴る仕掛けになっています。」
ずっと、このゲートの製作者を知りたいと思っていました。魅力的なデザインですね! https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1859700617577538?pnref=story




s-P1290660





s-P1280040



化石と自然の体験館(東松山市)&そば屋「与作」(玉川村)&山猫軒(越生町)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52165077.html



岡村桂三郎さんと山猫軒にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪

青々とした緑の木々に囲まれた越生、その山に車を走らせ、ようやく「山猫軒」に到着です。
車を降りてすぐ、作家の岡村桂三郎さんに出逢い、十数年ぶりの再会を喜び合いました。「これから田んぼに行き、田植えしてきますので・・・」、いつもかわらぬ笑顔に、自然体で作品を生み出し生きる姿の確かさを、また証明してくれました。十数年前にお会いしたころから、この闊達な笑顔で、芸大、東北芸術工科大、そして今回の多摩美術大学で教壇に立ちながら作家としての生き方を貫いてこられたこと、何も変わらない自然体の笑顔が何よりの証明でした。

山猫軒 を含む記事:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51924268.html 道灌の山吹伝説:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より




s-P1280043







s-P1280062





s-P1280063



お二人で作ってきた人生、しっかりとその想いが本となってまとめられました。この著書をまとめた奥様は、残念なことに数年前に他界されましたが、これほどまでに美しく、自分に正直に、二人の暮らしを描き、形にしてこられた経緯を世に残し、多くの人への自然と生きるライフへのメッセージを贈ってくれたことに感謝します!



s-P1280530





s-P1280531





s-P1280533





s-P1280064





s-P1290682





s-P1290686





s-P1290687





s-P1290688





s-P1290689





s-P1290691





s-P1290699





s-P1290700





s-P1290702





s-P1290707





s-P1290710





s-P1290716





大きなクスノキ



「大きなクスノキ」(みそのたかし・作 さとう そのこ・絵)& “樹” & 灯り(EDISON BULB(エジソンバルブ カーボン電球))の「Cafe tree」(富士見市諏訪)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52166001.html

「大きなクスノキ」(みそのたかし・作 さとう そのこ・絵)のご本を持って、温泉人(おふろうど)の地元・富士見市にあるお気に入りの喫茶「Cafe tree」に来ました。ゆっくりとした時間の中で、確かな“樹の精”の存在を感じながら過ごしているんです♪ 多くの人の心に伝えたい、いのちの在りよう、いのちの声が聞こえる生き方を大切にしたいのです!多くのいのちへの愛が、しっかりと伝わってくる素敵なご本です。




s-P1290717





s-P1290718



山猫軒の新年♪(越生)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167472.html


ここ山猫軒は、月刊誌「男の隠れ家」に昨年2016年に掲載されています。ゆったりとした時間が過ぎていくのです。揺り椅子に腰を下ろし、ハンモックに揺られながら過ごせる、極上のひと時が得られるのです。温泉人(おふろうど)より╰(*´︶`*)╯♡



s-P1290844





s-P1290842





s-記事





記事






s-P1280044




山猫軒(埼玉・越生)へ
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


“川向こう”に居た頃、毎週末のように入り浸っていたのが、ここ山猫軒です。

アウトドアライフを実践し、多くの文化人を引き寄せた誰にも真似の出来ない魅力が、ここにありました。

ここは、ご自宅ですから、かつては山猫ギャラリーといって、山猫軒は別の川沿いのところにありました。ここかつての山猫ギャラリーでは、ピアノのあり、ジャズのピアニストなど、いろいろなコンサートも開かれました、

ビバ!キャンパークラブの総会で、手作りの食事を用意いただき、貸切にして利用させていただいた数年間がありました。

かつての川沿いの山猫軒では、多くの著名な芸術家の方々と出会い、いまもお付き合いさせていただいております。




http://www.geocities.jp/ura3tametomo/ ギャラリィ&カフェ「山猫軒」


ラブhttp://blog.livedoor.jp/ofuroudo/search?q=%BB%B3%C7%AD%B8%AE 山猫軒 を含む記事:Blog「温泉人(おふろうど)ライフ」より


s-版画:高橋幸子作
画像をクリックすると、HPにリンクします♪






山猫軒(埼玉・越生)へ





山猫軒(埼玉・越生)へ





山猫軒(埼玉・越生)へ





山猫軒にて出逢い(2013.2.24)

山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒HP
画像をクリックすると、HPにリンクします♪




山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





山猫軒にて(2013.2.24)





s-P1290433



童の記憶♪「赤川政由(赤川ボンズ)さん銅人形作品」:埼玉・行田市内
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167017.html

正月の真っ青な空の中、赤川ボンズさんの銅人形に、行田に向かいました。かつて、設置して間もないころ尋ねたことがありましたが、先日、立川で赤川さんと直接お会い出来たことで、その温かいお人柄と深い思いを心に描きながら“写心”を撮りました。心のままに、どれもなんと温かい作品なんでしょうね♪ そして、映画「のぼうの城」の舞台、忍城に近く、大きな通りに沿って延々と銅人形が続くんです。ぜひ、見に来て見てください。温泉人(おふろうど)より。


赤川ボンズさん、さとうそのこさんの心温まる作品との出逢い♪(立川駅・「新紀元」)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52165667.html

立川に降り立ちました。赤川ボンズさんらの心温まる作品に出会えました。会場に奥様(さとうそのこさん)もいらして、つい先日発売された絵本もサイン入りで手にすることができました。「温み」「育み」「癒し」、この3つがボンズワークのモットーなんですとのこと。ずっと話し込んでしまいました。良い時間、ありがとうございました。温泉人(おふろうど)╰(*´︶`*)╯♡





★城下町やまがた探索地図(「心の風景のデッサン」ポイント)
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント


温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。

東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。

感謝です!<(_ _)>



3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html

☆曲り屋の四季
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html

“冬春夏秋”
「春夏秋冬って言うけど、冬→春→夏→秋の順番の方がしっくり来るような気がする」

こんなことを、妻がポツリ!
「だって、人の生まれた時からの人生の流れを考えると、冬で終わるというのはなんかさびしいし、季節の捕らえ方が違うような気がする。」

「だって、冬って雪の下はとても暖かく守られていて、そう、かまくらに入った時温かかったよね」「東北の冬を知っているとよくわかる」「だから、冬は冷たい凍るような季節でなく、雪の下は暖かく守られている、いわば生まれて成長していく期間、『冬』かな」

「そして、十分に準備が出来て、周りの気温の上昇に合わせて、一気に花が咲く、そう『春』になる。青春って言うよね」

「そのうち十分な根っこに支えられて、その根っこの広がりの分だけ十分に枝葉が茂る季節、『夏』かなあ」

「こうして、実りの秋、これまでの様々な出逢い、経験によって熟成した季節、『秋』。次の世代へ大切なものを引き継いでいく、まさに実りの秋のように感じるね」

こんな話を、数年前に交わしました。
こうして、「心の風景のデッサン」の中での季節の順番は、冬→春→夏→秋になったのです。

自然の流れ、あるがまま。




“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/1923399747874291?pnref=story


温泉人(おふろうど)印です。(^_^*)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52177563.html

温泉人(おふろうど)とは、 箸ふろ うど(温泉の狩人)”として、◆肇フ ロード(off Road)”として、温泉と道草を愛しながら、“自然と共に自然体で!”暮らす意味です。(^_-)-☆



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   

ofuroudo at 18:00│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔