2018年07月15日

【アーカイブ】日本海の★由良海岸へ父・母と:2008.4.27

【アーカイブ】日本海の★由良海岸へ父・母と:2008.4.27


s-DSCF5029





s-DSCF4970





s-DSCF4969





s-DSCF4972





s-DSCF4986





s-DSCF4989





s-DSCF4997





s-DSCF4998





s-DSCF5026





s-DSCF5027





s-DSCF5028





s-DSCF5029





s-DSCF5032





s-DSCF5037





s-DSCF5039





s-DSCF5041





s-DSCF5045





s-DSCF5046





s-DSCF5047





s-DSCF5049





s-DSCF5054





s-DSCF5055





s-DSCF5056





294238fa

“やって良いことを最大に”(父母に学ぶ)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/51806837.html 

今の温泉人(おふろうど)は、この父母があって出来上がりました。


大人になって、社会人になって何十年、いろんな人に出逢ってきて、いかに二人が人生に積極的な生き方をし続けた“人生の達人”であるかを、しっかり感じました。

いま、“自分らしく生きる”ことを、自分自身も含めて考え続ける毎日ですが、“やって良いことを最大に”の生き方を実践する父母こそ、温泉人(おふろうど)にとっての手本です。

常に、“今に生きる、今を生きる”父母が居ます。

なんとかこれからの生き方に、父母の文化を引き継いでこれからの新しい時代にこそ出来るものへ、精一杯挑戦したい、そう思う気持ちが膨らんできます。



満93歳の山形の父は、たくさんの笑顔に囲まれて♪(山形にて 2018.4.29)

s-DSCF7016





FB2
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2095429514004646

満93歳の山形の父は、たくさんの笑顔に囲まれて♪(山形にて 2018.4.29)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52205148.html

満93歳の山形の父は、たくさんの笑顔に囲まれて、とっても楽しそうな一日を一緒に楽しみました♪ 一緒にこうして在ることに感謝、感謝です‼︎❣️
温泉人(おふろうど)(^_^*)

⇒「男同士で父と沢山の湯煙に浸り続けられたことに感謝!」温泉人(おふろうど)♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52193889.html

温泉人(おふろうど)が感謝することは数え切れませんが、父といっしょに沢山の湯煙に浸り続けられたことがあるんです。人生の在り方を、どんな逆境にあっても切り抜けてきた賢さと行動力、こうした父の背中を見て育ったことに感謝です!90歳を過ぎてからも、こうして同じ湯に入って話しかけられたこと、本当に在り難く思っています。いつまでも元気で!!
温泉人(おふろうど)





s-DSCF7019





s-DSCF7029






冊子うぃ父に手渡す
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2067454083468856?pnref=story

故郷山形に住まいする93歳の父に、写真集を無事手渡すことができました。
「男同士で父と沢山の湯煙に浸り続けられたことに感謝!」を、冊子にしたものなんです。喜んでくれました♪ 「今、八幡石に来る前の七日町での暮らしを、思い出して書いているんだよ。そうそう山形の市内の地図が有って良かった。想いは同じだなあ♪」ササっと写真への想いを書き出すんです。字もスラスラ達筆で書く父が、しっかり居ました♪

故郷山形に住まいする93歳の父に「男同士で父と沢山の湯煙に浸り続けられたことに感謝!」を冊子で手渡す:2018.3.3
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52200534.html
このたび故郷・山形に行こうとしたのは、この冊子を父に手渡ししたかったからなのです。父の生き様を集大成した写心を、一冊にまとめたものなんです。
温泉人(おふろうど)(^_^*)




s-DSCF5599






s-地図






FB
https://www.facebook.com/ofuroudo/posts/2061903807357217?pnref=story

【冊子に!】★「男同士で父と沢山の湯煙に浸り続けられたことに感謝!」温泉人(おふろうど)♪
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52199604.html

このたび故郷・山形に行こうとしたのは、この冊子を父に手渡ししたかったからなのです。父の生き様を集大成した写心を、一冊にまとめたものなんです。 次の機会に、山形に行って直接父に手渡します!
温泉人(おふろうど)





s-P1480010





s-P1480011





s-P1480012





s-P1480013





s-P1480014





s-P1480015





s-P1480016





s-P1480017





s-P1480018





s-P1480019





s-P1480020





s-P1480021





s-P1480022





s-P1480023






【鳥瞰図】
“人生のテーマ”を決めたその心 & 温泉人(おふろうど)が育ち活動し想いをよせるところ!

http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52167663.html



一人ひとりの人生は、いろんな出会いの中で選び取っていくことです。

私の家族の環境の中でも、財産がゼロになり、生涯をかけて再興に取組んだ父の生き方、生きたくても生きられなかった妹のいのち、そんな中で私が選び取った道を自分で確認しているだけです。

決して押し付けていません。選び取って人生を歩むのは、自分のことと思えるからです。

もっとやっていい事が有ったのに、気づかずに人生を終えるのが嫌なのです。やっていい事、気がついた 事、やれるだけやって行きたい、そう思っているのです。 

自分で考えてやってみて、ホラね!って言ってみる。これが温泉人(おふろうど)の生き方、支えてくれた人への恩返しです。様々な人生があります。

だから決 して比較しないでください。同じでなくていいのです。

でも、私はいろいろなやり切れない出来事にも出会っても、少しでも納得のいく人生行路としたいと思っ ています。

だからこそ温泉人(おふろうど)は、常に先を見ながらオープンマインドで生きて行こうと思っています。

私も、もっと素敵な人生のあり方を、多く の身近な実践者人から学んでいきたいと思っています。継続する事が目的の組織の在り方も、かつての経営に近い立ち位置の中で、その問題解決技法などを学 び、推進しながら体得してきたものです。

でも今は、有限な人生を一緒に歩む“伴走者”としての役割です。私のブログやフェースブックでの 記事は、自分自らを整理し続ける中で、自分自らに気付く役割となりました。

でも、一方で、こういう生き方もあるんですよって言い続けていきたいと思えるよ うになってきています。

ある人から、「あなたは、次世代の語り部だね」って言ってもらったり、またある人からは、「温泉人(おふろうど)なんて洒落ている のは、江戸時代にあった風流人の現代版だね。風流人っていうのは、あちらの世界に意識を置いて、現世で生きている人の事だよ」って教えていただきました。

いろいろ深いですね。☆〜(ゝ。∂)




★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!



s-P1520260
父へ!(山形蔵王・ホテルオークヒルズにて)&米寿を超えて90歳へ
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52062002.html


「親子水入らず湯に入る、至福の三人」・・・父の付けたタイトル(2014.5)



s-P1470201
仙山線で作並温泉へ(父と)
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52037311.html



作並温泉
画像をクリックすると、動画像にリンクします♪




s-P1470202





s-P1470210






★城下町やまがた探索地図(「心の風景のデッサン」ポイント)
画像をクリックすると、HPにリンクします
「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント


「城下町やまがた探検地図」上の★心の風景ポイント
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52049672.html
温泉人(おふろうど)を育て、感性を育んだ城下町山形市です。
東北の北の民の暮らす地、どこからも山が臨める山形盆地での水と空気と人、城下町の堀を近く過ごした八幡石、京文化の幼稚園・もみじ公園、奇跡とも思える出 逢いの中で、いまこうして生きる温泉人(おふろうど)の感性が出来上がりました。
感謝です!<(_ _)>



山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19

s-P1180410





山形城
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E5%BD%A2%E5%9F%8E



【再掲載】山形城(霞城):2016.5.3・・・父(満90歳)と:2015.9.19
http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52163025.html


山形城、温泉人(おふろうど)はこのお堀端で生まれ育ちました。最上義光公が城主となり、徳川家康の時代には、家康側に参戦勝利し、五十七万石の東北地方で最大規模の大名となるのです。以降、川越藩主・松平大和守が山形城主となり、白河城(小峰城)、姫路城の城主となったことを知りました。父と歩んできた故郷・山形市、城下町なのです。




s-P1180261





“八幡石”への想い
“八幡石(山形市)”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪



“八幡石”への想い





“八幡石”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします♪






“八幡石”への想い







3a24b58d





心の風景のデッサン
画像をクリックすると、HPにリンクします♪


「心の風景のデッサン」:温泉人(おふろうど)
・・・故郷、それは心の中にある「心の風景」に違いありません。決して消えることのない・・・

まえがき

 誰にでも、生涯の中で忘れ難い自然や季節との思い出があります。でも、これは思い出といったものだけでは語れない「その人が大切にしてきたもの、これからも大切にしていきたい宝物」なのではないでしょうか。

  昔のことを、そして自分の生まれ育った故郷を単に懐かしんでいるということではないのです。きっと大切にしたい何かがそこにあるからと感じるからなので す。自分の心の目で心地よいと感じ、大切にしたいと思っている価値観がそこにあるのかもしれません。きっかけは、小さいころに出合った光景だったかもしれ ません。でも、その時代、その場所に戻ることはできないし、その意味も違うのかもしれません。




s-P1220813





69146c6b
★曲り屋の四季 ★http://blog.livedoor.jp/ofuroudo/archives/52138719.html






“センス・オブ・ワンダー”への想い
画像をクリックすると、HPにリンクします
“センス・オブ・ワンダー”への想い




s-bf2c5277
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
風の便り(波暮旅二) & 温泉人(おふろうど)



★年賀状(2013年年賀)
画像をクリックすると、HPにリンクします
★笑顔♪



“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動様式
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
“計画された偶発性”(計画的偶発性理論)を起こす行動特性





s-f061f23c
画像をクリックすると、演奏にリンクします♪
トロイメライ



s-★☆
画像をクリックすると、HPにリンクします

新どこへでも温泉人(おふろうど)号 での、どこまでも、温泉人(おふろうど)!




振れ幅
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
振れ幅


自分らしさの発見・育成・表現
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
自分らしさの発見・育成・表現 
http://www2c.biglobe.ne.jp/~ofuroudo/zibunrasisa.htm

このコーナーは、当初「イノベータの条件」としてスタートし、改善プロジェクトメンバーと共有するために使っていました。これをベースに人生プロジェクトの作り方として「自分らしさの発見・育成・表現」にまとめなおし、ホームページに掲載したのです。そしてニュータイムスの連載として「自然体の人間学」へと進化・深化してきました。Blog記事の末文に掲載し続けたいと思います。




温泉人(おふろうど)
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
略 歴(写真活動):温泉人(おふろうど)




cc7b2902





日立市田尻での講演にて
画像をクリックすると、HPにリンクします♪
(哲学堂公園のネコ)・クリックしてみてください。話の様子が聞こえますから。



木札:温泉人(おふろうど)
 温泉人(おふろうど)の意味 

 日本語ドメイン取得 http://温泉人.jp   


ofuroudo at 09:51│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔