ラ・セレナ海ツアー

IMG_5939

ラ・セレナから出ている島ツアーがあるというのでそれに申し込んでみた。

朝の8時集合でバンに乗り込み
そこからはサボテンの生える砂漠の中をひたすら走る。
グアナコもいたよ。

IMG_5941

ここでバンを降りる。

IMG_5942

イルカやらペンギンやら見られるらしい。


IMG_5945

ここからボートでダマス島へ。

IMG_5953

かわいいライフジャケット♡

IMG_5952

なんとなくお天気はどんより。


IMG_5960

でもイルカには会えたよ。
大群がやってきてボートに並走してくれた。
ちょっと写真がイマイチだけどね。


IMG_5970

ダマス島というのは白い砂浜と青い海が見どころとのことだったんだけど
ちょっとお天気が残念。


IMG_5988

お天気がよければこんな感じらしい。
ちょっと残念。

IMG_5990

島を一周してみた。

IMG_5991

サボテンだらけ。

IMG_6004

こんな感じの景色が続く。

IMG_5992

赤い花は近寄るとこんな感じ。

IMG_6002

海の色はきれいなんだよねー。
青空さえ出てたらなぁ。


IMG_5994

実は水着も着てきていたんだけど入れず。

IMG_6000

こんなお花もね。
サボテンの花はけっこうかわいいのだ。


IMG_6009

クジラの骨盤?

IMG_6012

1時間くらい時間があったので散歩の後は、

IMG_6013

持参したシリアルバーで小腹を満たす。笑

IMG_6015

さて、ふたたびボートへ。

IMG_6017

ここからはフンボルトペンギンや珍しい鳥、アザラシなどが見られる別の島へ。

IMG_6019

ボートから見るのみだったけどかなりいろいろ見れたよ。

IMG_6026

海鳥。

IMG_6024

地形も海もいい雰囲気。

IMG_6028

少し陽が出て来たので海の色がいい感じに。

IMG_6032

あちこちで停まって説明と撮影タイム。

IMG_6034

右側はヒナだね。

IMG_6036

そしてペンギン発見!
フンボルトペンギン、かな。

IMG_6038

例によってペリカン。手前にいるのは別の鳥?

IMG_6042

ペンギンさらに。

IMG_6048

洞窟っぽいところをくぐったり。

IMG_6051

地形だけでも十分面白い。

IMG_6054

これは遠くから見てペンギン?と思ったけどちがった。

IMG_6056

頭の赤い鳥。
たぶん説明してくれてるんだけどわからないという。笑

IMG_6065

そしてアザラシゾーン。

IMG_6067

けっこうこっち気にしてる。笑

IMG_6071

子どもかなー。かわいい。

IMG_6078

そんな感じでボートツアー終了。

IMG_6087

今頃晴れて来たよー。

IMG_6089

砂は確かに白い。

IMG_6093

あー、もう少し早く晴れてもよかったのになー。

IMG_6096

ツアーは昼食付。

まずはチーズとエビのエンパナーダ。

IMG_6098

美味しい♡

IMG_6099

メインはサーモンと付け合わせのマッシュポテト。
ふっくら美味しいサーモン♪

IMG_6100

デザートにフルーツポンチ。


IMG_6101

ここの2階がレストランでした。

IMG_6102

あー、すっかり晴れたなぁ。

ここから再びバンにてラ・セレナの町へ。
大爆睡でした。
泳いでもいないのにー。笑

コー、キンボ!!

IMG_5926

ラ・セレナ滞在初日に夕食に入った店で
隣町コキンボの話を聞いた。

IMG_5927

今となってはコキンボの何について聞いたのか
全然思い出せないのだけど
「コキンボ」という響きに誘われて行ってみることに。

IMG_5928

バス停に行ってみたらコキンボ行きが!
(Coquimboって書くよ)

IMG_5929

そんなわけで飛び乗ってみる。

IMG_5805

そしてコキンボらしき場所に入って行ったので
皆が降りたあたりで一緒に降りてみた。(適当)

IMG_5808

歩くとすぐに海沿いに。

IMG_5809

なかなかまったりしていい感じ。

IMG_5810

海の町なんだね。

IMG_5812

丘の上には遠くからでもよく見える巨大な十字架が。
どうやら登れるらしく景色は抜群だったとか。
行ってみたらよかったかなぁ。

IMG_5813

辺りはペリカンだらけ。
ペリカンにはよく出会うんだけど
この大きさを伝えられる写真が撮れたことがない。
いつか並んで写真を撮りたいんだけどなぁ。

IMG_5815

おじさんがもう少しペリカンよりにいてくれたらわかったかなぁ。

IMG_5817

こんな子もいた。
アシカかな。

IMG_5822

さてしばらく歩いてみたらマーケットも。

IMG_5825

食べるところもありそう。

IMG_5826

タクシーにも大きな十字架像の絵。

IMG_5828

港なのね。
あそこにもペリカン。

IMG_5829

ここにもペリカン。
しかしどれもこれも本当に大きさがよくわからない。笑

IMG_5830

しばらく辺りをうろついて、

IMG_5831

ランチにすることにした。

IMG_5833

いい感じ。

IMG_5834

これはチリで大抵のところでまずテーブルに出てくるヤツ。
パンとサルサっぽいぺブレとレモン。

IMG_5838

レモンがたっぷりあったので
スプライトにまで入れてみたよ。

IMG_5839

めれこちゃんは、チリでの定番ビール、クリスタル。

IMG_5840

ウユニ塩湖からのツアーで一緒だったチリ人のマウロが
チリに来たら食べるべきもので挙げてくれたPastel de Jaiba(パステルデハイバ)。

IMG_5841

ハイバはカニなんだけど、もうこれでもかって程カニが入っていて
チーズがかかってぐつぐつしていて最高!

IMG_5842

もうひとつはCongirioのフリット。
コングリオという響きに聞き覚えがあったので頼んでみたんだけど
こちらは残念ながらなんだか水っぽい魚。

後で調べたところ穴子だったことが判明。
なるほど、ともいえる。笑

IMG_5843

海沿いにはこんなクラフトマーケットも出ていた。

IMG_5845

でんでん太鼓!
しかもドラえもんがいる!
右端の地味なのは前日にラ・セレナで見た灯台モニュメントね。

IMG_5847

さて、ランチの前にぶらぶらしていた時に
遊覧船情報をゲットしていたのでそれに乗ってみることに。

IMG_5848

15時出航ということでしばし待つ。
おじさん呼び込み中。

IMG_5849

おじさんの言葉はほとんどわからないけど(スペイン語なのに…)
カタマランって言っているのはわかる!笑

IMG_5856

乗り込んでみるとこんな感じ。

IMG_5858

出航までこんなところも見ることができた。

IMG_5861

このアナウンスのおじさんが面白くてね。
いや、面白いらしくてね。
みんな大爆笑なんだわ。

私たちも笑いたいー!笑

IMG_5864

この船は港内をアザラシなどがいる島のほうまで行くもの。

IMG_5869

軍艦も見える。

IMG_5871

あ、いたいた。アザラシ。と向こうには海鳥。

IMG_5874

おじさんはこんな感じでずっとアナウンス中。

IMG_5875

港内なんだけどなかなか見応えがある。

IMG_5876

海自体も魅力的。

IMG_5879

近寄るとこんな。

IMG_5882

ちなみにおじさんはラッパも吹いていて
最後に「上を向いて歩こう」を吹いてくれたよ。
ありがとう!

IMG_5896

船を降りたらラ・セレナ行きのバス停探し。
少し歩いたけどなんとか無事乗れた。

IMG_5901

急に行っちゃったけど満喫してきました、コキンボ。

IMG_6112

それにしてもコキンボって言いたくなるよね?

コー、キンボ!!
(あ、マンボっぽいんだ。笑)

ラ・セレナ☆なんとなく日常

IMG_5746

ラ・セレナ。
久しぶりに砂漠から抜けて緑豊かな場所に来た感じ。

IMG_5749

花の色も美しい。

IMG_5767

ブーゲンビリアが咲いていると南国なイメージ。

IMG_5769

海まで歩けそうだったので向かってみた。

IMG_5777



IMG_5780

灯台モニュメント発見。

IMG_5782

ビーチがいい感じ。

IMG_5787

そして再び町に戻る。

IMG_5917

南米はどこも犬が自由だ。笑

IMG_5918

首輪もしていない大型犬にも慣れたよね。

IMG_5919

教会とブーゲンビリア。

IMG_5922

お花屋さん。

IMG_5925

なんとなく日本での日常に近づいた感じ。

これまでアンデスの高地とか砂漠とか
かなりの非日常にいたからね。

ラ・セレナではちょいちょいおでかけしてます。
次回はおでかけ第一弾、隣のコキンボです。

アントファガスタからの移動

IMG_5724

移動は夜だったので(夜の移動はホテル代浮くしね)
昼間でまったりとセントロにいて
そしてローカルバスにてバスターミナルへ移動。

IMG_5725

バスターミナルはこんな感じ。

IMG_5726

またもやTUR-BUSに乗り込む。
これはチリの首都サンティアゴ行き。

IMG_5727

車窓はこんな感じ。本当に砂漠の町だね。

IMG_5728

で、実は3時ごろバスの調子がおかしいとかで
別の車両に乗り換えという事態が発生したいたのだけど
予定だと着くのが早すぎだったので結果ちょうどいい感じに。

IMG_5740

バスターミナルはこんな感じ。

IMG_5745

バスの中でもらった軽食。

IMG_5744

宿を探して歩くにはちょっと時間も早いので
ここでこれをいただいた。

IMG_5741

マンハール(キャラメル)クッキー。
この先何度も出てくる。笑

IMG_5743

辿り着いたのはラ・セレナという海沿いの町。
なんだか明るくてきれいな町という印象。

アントファガスタの美味しい話♪

IMG_5657

さてアントファガスタ。
何に興奮したかって、フードコートがある!笑

IMG_5618

ペルー、ボリビアと食事で困りはしなかったけど
何かといつもと勝手が違っていた。

IMG_5619

それがチリに入って最初の町アタカマでまず
テンションがあがった


IMG_5620

そしてここアントファガスタで久々のフードコート!
チャイニーズのこれ、食べるよね!
China Wokというお店のあるある盛り合わせ♡

IMG_5621

ここWifiもあるようだったんだけど
トップページがスペイン語で何を入力すればいいのかわからない。汗

ということでパスワードがあるのかと思い
China Wokに行って聞いてみた。
そしたら従業員総出でいろいろ説明してくれるんだけど全然わからない~。

お金がかかるのかというと全員で「いやいや、Gratisだよ!」と。
そう、このGratisっていう言葉、無料って意味なんだけどここで覚えたんだよね。笑

結局わからなくてPCをもっていきそこで教えてもらったら
どうやらEメールアドレスをいれるのだった。

今ではWifiってよくあるからだいたいこれ想像つくけど
当時はまだWifiも日本ではほとんどなくて
手探り中だったから、いろいろな場面で大変だったんだわ。笑

そんなこんなでWifiにつながったので
翌日もここで写真のアップとかいろいろしながら
フードコート飯を楽しんだのであった。

ペルー、ボリビアではほぼ食べていない系タコサラダ♡

IMG_5720

さて、ほかにはこんな市場へも。

IMG_5631

目指していたわけではなく歩いていたらたどり着いたので
すでにマーケットそのものは終わりかけ。


IMG_5632

でもご飯は食べられそうだったので入ってみた。

IMG_5633

はい、こんなレストラン。

IMG_5636

メニューはこんな感じ。

IMG_5637

頼んだのはマンゴーレチェ(マンゴーミルク)。
これは美味しかったよ~。

IMG_5638

そしてケソとハモン(チーズとハム)のエンパナーダを。
エンパナーダはペルーから食べっぱなしの大好きな食。

IMG_5640

どうでもいいが、テレビではなんとアニータのインタビューやってたよ!
アニータってチリでけっこう優雅に暮らしているらしいよ。
(どうでもいい。笑)

IMG_5641

どんどん続きます。

スーパーで買ってみた巻き寿司。

IMG_5645

と炭酸水。

IMG_5646

あのね、この寿司はね。
全然ダメなヤツ。笑

よくよく見たらマイクロウェイブで温めてと書いてあったけど
もう温める時点で寿司じゃねぇ!!

IMG_5649

さてさらに続きます。

IMG_5671

海沿いはお天気もいいしいい感じ。

IMG_5673

歩いていたらフィッシュマーケットを見つけた。

IMG_5677

またまたエンパナーダだ!

IMG_5679

私が頼んだのはカマロネスコンケソ(海老とチーズ)。

IMG_5680

めれこちゃんはハイバコンケソ(カニとチーズ)。

IMG_5681

いい感じでまったりできるところ。

IMG_5683

これは私のカマロネスコンケソ。
うまーい!

 IMG_5684

そしてこちらはめれこちゃんのハイバコンケソ。
このあとカニのエンパナーダって全然見かけなくて
このとき食べておけばよかったなあとずっと思ってる。笑
一口はもらったけど。だから尚更?笑

IMG_5685

さてここでまったり食べていたら
隣にいたおじさんたちが話しかけて来た。
スペイン語がほとんどわからなくてすいません…。
でも楽しかった。笑

でもなんだかんだけっこう話をして写真を撮ったりして
そしてようやく解放されました。笑

IMG_0166

自分だけ顔出しじゃなくてすいません×××

アントファガスタ散歩

IMG_5603

そもそもなぜアントファガスタという町に滞在することになったのか。

IMG_5604

実は単純に次の目的地まで1日じゃ辿りつかなかったからです。

IMG_5606

というわけで特にやることがないこの町。

IMG_5607

とりあえず1泊では疲れるので2泊してみました。

IMG_5611

この町は特に観光の町ではないので近場に見どころはあまりないです。

IMG_5614

でも海沿いの港町でなかなかきれい。
ちょっと見てみたらクロアチアのスプリットと姉妹都市らしいです。

IMG_5617

町も比較的大きいかな。
アントファガスタ州の州都だそうです。

IMG_5624

周りはまだアタカマの砂漠のようで山々には緑がほとんどないです。

IMG_5626

夕方の海の感じ。

IMG_5658

バスの車体にあったこの岩。
La Portadaというらしいけど気合があれば行ってみてもよかったかも。

IMG_5663

あとこれまた後々知って行っておけばよかったと思っているのが
「砂漠の手」という意味のMano del Desierto

これ左手なのだけど実はこの旅で右手は見てるんだわ。
(と思ってたけど今写真見たらなんか全然対じゃないかも。笑)

IMG_5695

そして海がきれいなこの町だけど
太平洋に向かう国土の長いチリは津波国で。

IMG_5643

私たちがこの町を訪れた2011年の3月は日本で大きな津波があって
それをチリの人たちはとても心配してくれた。

実はこの数年前にここよりだいぶ南だけれど
コンセプシオンという町が大きな津波に襲われ多くの犠牲を出した。

日本とチリは太平洋を挟んでお互いの津波の影響を受ける国同士なのだよね。

IMG_5660

ちなみに英語もだけどスペイン語でもTSUNAMIで通じる。

チリは津波や地震で大きな被害を受けているけれど
実はこのTsunamiという名前や地震の意味のTerremotoという名前の
カクテルがあったりする。
その辺りタブーにするよりオープンにしちゃおうっていうところがあるかもね。

それらのカクテルのお味などについてはまたこの先で…。

IMG_5699

Liderというのはスーパーでこの後チリではずいぶんお世話になった。

IMG_5705

向こうの山々は緑なし。
でも町の広場はきれいな緑。

IMG_5710

まぁそんな感じでほとんど何もしていない2泊3日だった。

IMG_5714

しかし、大満喫したのはご飯です!
今思えば普通なんだけどここまでペルーとボリビアという
だいぶ文化の違う国にいて
チリには入っていたけれどアタカマという砂漠の町だったので
ちょっとしたことに大興奮だったのですよ、この町では。

そんなお話はアントファガスタの美味しい話で!

アントファガスタの宿

急に思い立って再開。笑
他の旅行記終えてからと思っていたけど
まったく終わる感じがしないので
同時進行でぼちぼちこっちも書こうと思います。

2011年の話だけどね。
8か月で南米全部の国周ったにも関わらず
現在3か月目にもまだ突入しておらず3か国目

でも絶対生きているうちに終わらせます、これ!

というわけで、こちらチリでの2都市目アントファガスタの宿。

バスターミナルが町のはずれにあってそこからタクシーに乗ったのだけど
とにかくセントロのどこかホテルに落ち着きたいと運転手さんに頼んだら
セントロ付近でいくつかホテルを指さしてくれて
まさにセントロの真ん中(表現がおかしいが)で降ろしてくれた。

その中で外から料金がわかって見た目もまぁまぁのところに入ってみた。

そしたらさ、入ったとたんにフロントあたり工事中で
その先進んでみたらなんと建物の中にこれがあったのよ。笑

空が見えてるように感じるけどあれ天井。
なんだろう、もともとこれが建っていたところを
ビルにしようと思ってるのかなぁ。

本当の外?の写真を撮っていなかったことが悔やまれる…。

IMG_5600

まぁともあれ部屋をゲット。

IMG_5598

殺風景だがテレビもある!
一時映らなくなったけども。

IMG_5599

もはやホテルの名前もまったくわからないのだけど
当時のメモによれば料金は以下の通り。

38,000ペソ(2名、2泊)

今のレートだと7,000円くらいみたい。

ホテルの名前もわからないから参考にならないけど。ははは。

アタカマからの移動

IMG_5580

今思えばもう少しアタカマにいて
砂漠を満喫すればよかったかも。

IMG_5581

でもこのときの私たちは中継地点的に
アタカマでは2泊して次の町へ移動。

IMG_5584

この時期ちょうどデイライトセイビング(サマータイム)が終わるころで
前年の情報だとちょうどこの移動日付近だったので
宿の人に確認してみたけどどうやらまだらしかった。

IMG_5586

前日に勝手に時計を合わせちゃったので
それをまた戻す。

じゃあいつなんだろうね?

IMG_5587

ということで時間は問題なくバスに乗れた。

IMG_5588

しかし本当に砂漠だわ。
昼間の移動で景色が見られて面白いけど
とにかく砂漠。

IMG_5589

ここは天体観測で有名なのよね。
大きな天文台がある。

次回は(あるのか?笑)星空ツアーにでも参加して
星をゆっくり眺めよう。

IMG_5594

途中カラマという町で停まって
そのあとしばらくして次の目的地アントファガスタへ。

IMG_5595

ちょっと町っぽくなった。笑

IMG_5596

はい、バスターミナルに着きました(^^)/

わんこ@アタカマ

IMG_5496

おまけ記事です。

町の中のわんこたち。

IMG_5497

アタカマに限らず南米周遊中あちこちで
大型犬が闊歩しているのに出会いました。

IMG_5516

これが町の中なんですね。
お店の犬とか近くを歩いている人が散歩させてるとか
そういうことももちろんあるのだけど
たいがい自由に生きてます。

IMG_5543

大型犬なのでちょっと怖いと思っていたのだけど
これが吠えたり噛みついたりする犬がほぼいないのですよ。

IMG_5546

道路の真ん中で堂々と寝ちゃってたりもしてね。
どうなってるのかなぁ。

もちろん狂犬病対策とかは必要だと思いますが
襲ってくる犬にはまったく会いませんでした。

IMG_5547

アタカマはなんてったって砂漠の中の町ですからね。
昼間は暑いのでたいていの犬は寝ています。笑

ところで今気づいたんだけど
最初の写真の犬と最後の写真の犬は同じだよね?

違う日に撮ったので気づかなかった!

狭い町です。笑 

アタカマの町ぶらぶら

IMG_5491

アタカマの町。

まずやったことはチレーノをおろすこと!
全然なかったからね。

IMG_5492

しかしATMがスペイン語で分からない。汗
なので一旦戻り辞書を持って再チャレンジ。

町が小さいと助かるね。笑

IMG_5494

なのに結局わからなかった。笑
しかし英語表記を見つけて(そりゃあるはずなのよ)
ようやくチレーノゲット。

IMG_5507

3,300ペソって手数料は高すぎだけど
いずれにしてもお金は必要だからね。

IMG_5508

食事のお話でも書いたけど
チリの人たちはみんなフレンドリー!

町を歩いているといろんな人に声をかけられる。
日本語で話しかけられることもあるってところが観光地。笑

IMG_5509

砂漠の中にポツンと出来た小さい町なので
ちょっと出るとすぐこんな景色。

IMG_5510

2日目はまずバスターミナルへ行き
次の町までのバスの予約を済ませた。

IMG_5519

宿は結局Wifiがつながらなくて
なんだかんだと町のカフェとかで
のんびりネット。

IMG_5553

町から見える山は(最初の写真も同じ)富士山みたい。
リカンカブール山と言うらしい。今知った。笑

IMG_5554

入国手続きをした建物は遠いのかと思っていたら
意外とすぐ近くだった。

IMG_5558

バスで移動したから距離感がつかめなかったのね。

IMG_5561

そんなあたりにサーカスが出てたよ。

IMG_5559

音楽も流れてきていてちょっと興味をそそられた。

IMG_5564

これが看板。

IMG_5565

でも入ってはいない。笑

IMG_5567

戻って夜の町はこんな感じ。

人が住んでいるっていう感じはあまりないのであった。

アタカマの美味しい話♪

宿の記事に書くのをすっかり忘れていたので
追記したけれどもここでもあらためて。

国境の町はサンペドロ・アタカマ。

ほとんど観光客ばかりの場所です。

IMG_5483

ボリビアでの食事にすっかり慣れていたのだけど
ここで観光客向けのようなレストランに入ってみたら
そうそう、食事ってこうだったよね、って気分になった。笑

ビールも必須。笑

IMG_5484

この先チリでは常に食事についていたこの組み合わせ。
パンとサルサのようなもの、ぺブレと言う。

これがマジうまい!
トマトとスイートチリ、コリアンダー、ニンニクなどをみじん切りして
レモンやオイル、塩で味付けしたもので
パンに付けたりお肉にのせたりする。

たいていテーブルの上に置いてあった。

IMG_5485

最初の写真が野菜スープ。
そして上の写真が私のメイン、オレンジキヌアソースぺスカードらしい。
お魚です。

IMG_5486

このお肉はめれこちゃんのメイン。

IMG_5487

そしてまた飲む。
このあと結構お世話になったCRISTAL。

IMG_5489

そしてアイス♪

☆☆☆

翌日の朝食。

IMG_5499

トーストとチーズ

IMG_5501

上記はめれこちゃんのオムレツとパン。

IMG_5502

これはカフェコルタード。
コーヒーに温めたミルクを少し加えたもの。

IMG_5504

そしてオレンジジュース。

IMG_5505

自然光が入ってとても明るくていい感じ。

IMG_5506

いた日数がとても短かったのもあるけど
砂漠と言うことでずっといいお天気。

IMG_5521

どこのお店も店員さんもフレンドリー。
ボリビアはとても穏やかでいい人が多かったけど
全体的にみんな控えめ。

ああやっぱりヨーロッパがルーツだよね、
と思う感じのフレンドリーな人が圧倒的に増えた。

IMG_5522

ネットがつながる場所ではすかさず。

IMG_5523

さてその日のお昼。
これまたぺブレとパン。
ぺブレはお店によって味が違ってこれまた面白い。

IMG_5526

飲むよねー。
このEscudoにも随分世話になった。笑

IMG_5527

お店はどこも光で溢れていて気持ちいい。

IMG_5528

食べたのはサーモンのセビッチェ。

IMG_5529

うまし!

IMG_5532

そしてリゾットデカマロネス。海老のリゾット。
なんか突然ゴージャスになって浮かれている。笑

IMG_5534

バルサミコ。

IMG_5535

そして上はおそらくセビッチェについてきたお芋だと思われる。
セビッチェは芋と一緒にサーブされるんだよね。

IMG_5537

お店の壁画。

IMG_5539

この旅でコーラと同様にいつになく飲んだファンタオレンジ。
カラダに悪そうな色だ。笑

IMG_5540

これはなんだか思い出せないけどたぶんめれこちゃんの頼んだ飲み物。

IMG_5541

そして町を歩きつつジェラート屋さんへ。

IMG_5548

これだとわかりづらいけどダブルは相当でかかった!

IMG_5551

食べかけで失礼・・・。

☆☆☆

3日目の朝。 

IMG_5571

これまた明るいお店。

IMG_5572

まずはカフェコンレチェとオレンジジュース。

IMG_5574

マグカップがかわいい。笑

IMG_5576

そしてハムチーズのオムレツとトースト。

IMG_5577

テーブルにはこんなものが置いてあったよ。
左端はAji Pebreと書いてある。
アヒはとうがらし、ぺブレは前述したサルサっぽいもの。
こんなソースも売っているのね。

ということでチリに入ったとたん突然ゴージャスになった食事。
そんなこともあり私はこの先どんどんと巨大化してゆくのである。 笑

チリにて最初のお宿。

さあさあついに3国目、チリですよ!

ボリビアからチリに入る国境、
パスポートへのスタンプはすぐに済んだのだけど
荷物のチェックが厳しい。

ボリビアはコカの葉も合法だけど
チリではちがうのでそういうことで厳しいのもあるらしい。

とはいうものの、意外とあっさり終了。

温泉のために水着を着てたのでそれからすぐに着替えられるようにと
下着とかが透明のボルサ(ビニール袋)から丸見えで出てきたりしたから
簡単に終わったんだろうか?笑

ともあれ、宿は決めていなかったけど
町に入るとすぐに一軒見つけた。

IMG_5495

中庭は明るくていい感じ。

IMG_5476

ダブルの部屋しかなかったんだけど
値段は悪くなかったし
部屋は広いし中庭も気に入ったのでここに収まることに。

IMG_5477

ただネットは出来なかった。
いつもは出来るらしいんだけどこの日は
ダメになっていたらしい。

IMG_5478

中庭にハンモックがあるのはポイント高いでしょ。

IMG_5570

くつろぐ私。ふふふ♪

【Youth Hostel Frolida】

ダブル: 19,000ペソ/泊 (2011年)

☆☆☆

☆追記(2016/5/19)☆

町の名前書くの忘れてたわ。笑

国境の町はサンペドロ・アタカマ。
砂漠の中にポツンと出来た町で観光のための場所っぽい。
と言うのが日記に書いてあった感想。笑 

ボリビア→チリ移動☆3日目

IMG_5354IMG_5355

3日目の朝。
なんと4時半ごろ、まだ日も上がらないうちに出発。

でもその前にもちろん朝食。
パンケーキにドゥルセデレチェ、そしてカフェコンレチェ。

IMG_5356

しかし前夜騒いでいたチームのほうが早起きだったのが笑えた。
サイレーンス!って叫んだのにね。笑

IMG_5361

出発してからまずは間欠泉へ。

IMG_5369

この頃に日が昇ってきてそれもキレイだった。

IMG_5374

間欠泉は思いのほかすごい迫力。

IMG_5378

そして強弱の差こそあれずーっと出続けている。

IMG_5387

しかも結構高く上がっている。

IMG_5380

その先も箱根の大涌谷のような匂いがむんむんの
ぼっこぼっこと泥が跳ねあがる湯気満載の場所とかもあって
温泉だー!って感じ。

IMG_5386

だんだん明るくなってきた。

IMG_5396

ということで、移動。

IMG_5398

少し先まで。

IMG_5399

着いたのはまた湖のそば。

IMG_5401

ここは入れる温泉!
先に来てた人たちみんな入ってる!

IMG_5402

のだけど私たちの持ち時間20分。

IMG_5407

水着も着ていたのだけど間に合わなそう・・・。
ということで足だけ浸かる。

IMG_5409

でも考えてみれば20分あったら10分だけでも入れたなぁ。
と少々悔やんだけどまあ足湯だけでも気持ちよかった(^^)

IMG_5412

お風呂も入ってなかったしね。

IMG_5415

再び移動。

IMG_5416

向かったのはラグーナベルデ(緑の湖)。

IMG_5433

だったんだけど全然緑じゃない・・・。
事前に見ていた写真とかでは相当きれいな緑色だったんだけど
時間のせいか季節のせいか?ただの茶色だった・・・。残念・・・。

IMG_5435

そのあとはひたすらチリとのボーダーへ。

IMG_5440

ここからチリに抜けるのは私達だけ。

IMG_5442

ボーダーで待っていればチリからの迎えが来るということで
バウチャーを渡してくれた。
(写真は車から降ろされた私たちの荷物)

IMG_5445

みんなとは前日FBで友達になっていて
また連絡し合おうと言ってハグして別れた。
いいメンバーだった。

IMG_5446

そしてそこからボリビアの地元の人らしき女性を2人乗せて
ランドクルーザーはまたウユニへ出発。
 
IMG_5447

バイバイ、と見送って
ほぼ何もないボーダーに取り残された。

IMG_5448

待つことしばし。

IMG_5449

時間があるのでちょっとうろうろ。

IMG_5452

この先はチリだー!!

IMG_5457

こんな小さな建物があるだけ。

IMG_5460

で、ようやくそれらしきバンがやって来た。

IMG_5461

しかし連れてきたメンバーの朝食タイムらしく
さらにしばし待つ。

と、その中のご夫婦が話しかけて来た。
日本人だと言うと”Sorry”と言う。

実はこの前日、東日本大震災が起こっていたのだった。
このときの私たちは数日間外部の情報が得られない場所にいて
まったくニュース等を見ていなかった。

そのご夫婦が教えてくれたのは
日本でひどい地震と津波が起こって相当の被害が出ているということ、
そして原子力発電所が爆発してかなり深刻な状態であるということ、
そしてそれが日本の北部だということ。

チリに入ったらまずはネットに入って確認しなければ。
心配しつつバンに乗り込む。

IMG_5467

ともかくバンは出発。

IMG_5468

既にウユニの町で出国手続きはこの日付けでしていたので
あとはチリの入国手続きのみ。
それも次の町に入ってからのようでだいぶ走った。

IMG_5475

ということで、日本を出てから約1か月半。
ようやく3国目のチリに入国となるのである。

(というか既にあれから5年、この日記は未だに3国目という・・・。笑)

ボリビア→チリ移動☆2日目その②

IMG_5261

さて、ランチの後は見どころのひとつである
Arbol de Piedra (石の木)へ。

IMG_5273

マイタケみたいな感じ?

IMG_5276

周りにもこんな感じで岩場がある。

IMG_5278

オーストラリアのデビルズマーブルを思い出す。

IMG_5281

こういう景色は飽きませんな。

IMG_5285

しつこいですがもう少し。笑

IMG_5287

岩の上に乗って遊ぶ若者たち。

IMG_5290

というわけで移動。
向こうに見えてきたのはLaguna Colorada (赤い湖)

IMG_5296

この日の宿はこの湖のそば。

IMG_5298

標高が4,278mと相当高くてちょっと苦しい感じ?

IMG_5299

Laguna Coloradaの手前にビクーニャがいる。

IMG_5305

トレイルになってます。

IMG_5307

あそこがこの本日のお宿。

IMG_5310

こんな感じです。

IMG_5311

もちろんみんな同じ部屋。笑

IMG_5314

さて、5時、とミラドール(展望台)という言葉が説明にあったので
めれこちゃんと5時に再度集合してミラドールに車で行くんだと解釈する。

IMG_5315

ちょっと散歩に出てすぐ戻って少し眠ったんだけど
ふとひょっとして5時までに行ってこいだったらどうする?
と思い立ち慌てて出かけてみた。

IMG_5316

旅に出て2か月弱、まったくスペイン語はダメダメである。

IMG_5318

途中マリーナ達が帰ってくるのにすれ違ったけど
「上からの眺めは最高だったよ!」と言われただけで
急げ、という感じはない。

IMG_5319

とりあえず風がひどく吹く中必死で丘を上りミラドールへ。

IMG_5322

湖は本当に赤くてそこにフラミンゴがいっぱい。

IMG_5330

こんな小屋がありここに入ってみた。

IMG_5331

フラミンゴの説明とかある。
しかしとりあえず「5時に戻れ」だったら困ると思い
早々に切り上げてみる。

IMG_5334

宿までは平らな道なのに向かい風で結構大変。

IMG_5338

そして標高が高くてちょっと息苦しい。

IMG_5340

というわけでとにかく慌てて戻ってきたんだけど
5時に何か、という感じもない。

IMG_5341

どうやらミラドールが5時までということだったみたい。
ひゃあ、スペイン語ダメダメ。汗

IMG_5344

まぁとにかく問題なく宿に戻り、お茶タイム。
電気も水もないと聞いていたけど電気はあった。
お手洗いの水などはバケツを使用してるけど。

IMG_5345

今回のツアーの地図。
未だによく把握していない。笑

お茶を飲みながらみんなが
チリやアルゼンチンでマストな食べ物とか教えてくれたりして
かなり楽しかった。
このメモはあとで随分と役に立つことになる。笑

IMG_5348  IMG_5351

夜ごはんはスープとミートソース。
これもまた美味しかった♪

そしてなんとワインまで出てきた!
写真はここにはないけどアルゼンチンの赤ワイン。
こんな標高の高いところでワイン、飲んじゃったよ~。

このチームみんな若いのに、
他のチームがトランプとかして大騒ぎしている中、
私たち老人と同じタイミングでさっさとベッドに入るという、
大変いいチームでした。笑

電気を消しても周りのチームがうるさかったところ
マリーナの彼、マルコスが
「サイレーンス!(静かに~!)」と叫んだのには大ウケだった。
マリーナにたしなめられていたけど。笑

マルコスはずっといい味出してた。彼面白すぎ。笑

ボリビア→チリ移動☆2日目その①

IMG_5170

さて2日目。
朝食は7時ごろ。

IMG_5173 IMG_5174

メニューはいりたまごとパン。
そしてカフェモカ。

出発は8時ごろ。

IMG_5176

お天気最高!

IMG_5192

最初のストップはこんな岩場。
見学の車が並んでいた。

IMG_5198

空もキレイ。

189262_189805301058739_4819612_n

盛り上がる私。笑

198315_189805471058722_7488680_n

ヨガをするフリをする私。笑

IMG_5206

そして次の場所へ再び向かう。

IMG_5208

道はないも同然で
ランドクルーザーとおっちゃんの腕はすげぇと思った!

IMG_5209

寄った湖。

IMG_5214

遊ぶ仲間たち。

IMG_5217 IMG_5218

おっちゃんのくれた飴ちゃん。

IMG_5223

そして再び移動。

IMG_5229

再び湖。

IMG_5231

何かの跡が残ってた。
見えているのはまたまた仲間たち。

IMG_5232

山の雪が美しい。

IMG_5239

さてランチタイムだよ♪

IMG_5247

ミルキーブルーの水の色がとてもきれい。

IMG_5250

他の車もほぼ同じ場所で休憩。

私たちも遊んだり写真を撮ったり
ご飯を食べたりするのを楽しむけど
ドライバーさんたちもそのたびに仲間と休憩が取れるのも
なんだかいいなぁと思った。

IMG_5252

またもや食事は車の後ろで。
そして飲み物は有無を言わさずコーラ。笑

IMG_5253

本日のランチはパスタ、豚肉ソテー、付け合わせのニンジンいんげん、
ポテト、そしてリンゴ。

IMG_5254

赤が映えるぜ。

IMG_5256

長くなったので後半は次の記事で!

ボリビア→チリ移動☆1日目

IMG_5115

とりあえず部屋に落ち着く。
もちろん6人同じ部屋。笑

IMG_5125

夕食まで少し時間があったので町を散歩してみた。
すごい小さな町。

IMG_5117

どこだかはわからないけど。笑

IMG_5128

どうやらこういうツアーに参加している人たちは
それぞれが契約しているアロハミエントに泊まるみたいで
塩湖で会った何人かの日本人の子たちにも会った。

IMG_5129

太陽が沈みかけなので自分たちの影で遊ぶ。

IMG_5133

一本道。

IMG_5135

太陽の方角に謎の建造物?

IMG_5136

上れそうだ。

IMG_5141

ということで上ってみる。
影の上に小さく見えるのが私たち。

IMG_5138

日が沈む方向には羊の群れ。

IMG_5144

陽射しを受けつつ草を食む。

IMG_5146

反対側にはマウロとぺぺ。
やっぱり上るよね。笑

IMG_5151

ということで夕陽が沈むのをここから眺める。

IMG_5158

沈みました。

IMG_5159

上ったのはこれでした。
なんだったんだろう?

IMG_5161

宿のほうへ戻りつつ振り返ってみると
私たちが下りたところにまた誰か。
上るよね。笑

IMG_5163

ということで宿に戻る。

IMG_5164

奥に見えている建物がこの日の宿。

IMG_5166

部屋はこんな感じ。
ここに6人で寝ます。笑

運転手のおっちゃんセラピオのほかに
助手席には奥さんらしきルイサさんが一緒で
どうやらごはんはルイサさんが作ってくれるみたい。

結構しっかりおいしいごはん♪

IMG_5168 IMG_5169

写真はずいぶんと雑な感じになってしまったけど。汗

BlogPaint

こんな感じでみんなで食べてます。

このあとお茶を飲みながら結構ゆっくり話した。

と言っても マリーナが一番英語が出来て
あとの3人は喋れなくはないけど基本スペイン語。

マリーナがみんなで喋るときは英語で、って言ってくれたんだけど
一応私たちもスペイン語勉強する必要があるし、と言ってみた。

スペイン語で喋ってくれたほうが会話に入りっぱなしにならなくていいし。笑
でもみんな本当にいい人たちでほんとに楽しかった。
(あとで確認したら案の定みんな25,6歳だったけど、笑)

夜は有料だけどホットシャワーを浴びられるというので頼んだ。
とりあえず前日も入っていなかったですから!
しかしこの値段がメモには10ソルって書いてあるんだけど
ソルはペルーの通貨単位だから
これはボリビアーノだったのかしら・・・。
ドルじゃ高すぎる気がするし。

ホント今となってはわからないことだらけ・・・。

シャワーのあとは少し星空を見に外に出てみた。
星キレイだったよ!

ボリビア→チリ移動☆移動準備

さて、塩湖も随分と満喫した午後1時半ごろ
ホテルの外で2人でぼんやりしていたら
運転手らしきおっちゃんがやってきて何か言ってる。

どうやら自分のツアーに入る2人でしょ?と言ってる模様。
日本人はいっぱいいるし、確かにツアー会社は合ってるっぽいけど
まさかドンピシャで私たちなはずがない。

と思いつつフロントに一緒に行ってみると
本当に私達らしい!

なんでわかったんだ?
だって宿に入ることもなく最初にそこにいた私たちの声をかけたんだよ?

これは未だに謎。

写真があったとか、あるいは年齢で判断したとか(!)

ともあれ・・・。笑

IMG_5088

とにかく荷物を持っておっちゃんの車へ。
同じ部屋だった男の子たちが一緒かと思ったら
彼らはウユニに戻るらしい。

IMG_5083

お昼はおっちゃんの車で用意してくれていて
他に4人と一緒のチームのようだった。

IMG_5080

食事は前日と同じくこんな感じ。

IMG_5082


さて昼食が終わるといよいよ移動。 

IMG_5092

そこからまた塩湖の中を走り、どうやらウユニの町へ逆戻り。
そのまま別の方向へ抜けていくのかと思ったらそうではないのね。

IMG_5096

おまけ: なんと自転車で走っている人たちを見たよ!

IMG_5098

塩湖を抜けると再びこんな景色。
久しぶりの大地!笑

IMG_5099

メンバーは私たち以外全員南米人。
アルゼンチン人のカップル、マルコスとマリーナの2人と
そしてチリ人の男の子、マウロとぺぺ。

IMG_5101

町に戻ったと思ったらすぐ車は停まった。
それがここ。

IMG_5102

ああ、なるほど!
すっごい水圧のホースで念入りに長いこと洗ってた。
さすがに塩の中をあれだけ走るとそれも必要か。

IMG_5103

その間私たちはのんびり待つ。

IMG_5108

そしてようやく出発。
この先の2泊3日はこのメンバーとなるみたい。

IMG_5111

みんなとても穏やかでいい人たちで
今思い返してもこのメンバーはほんとによかった。

IMG_5112

で、ガソリンを途中でいれたら
あとはひたすら走る。

IMG_5113

そしてその日に泊まる宿に到着。

IMG_5114

まだカルナバルの名残があるね。

ちなみにこの場所の名前はまったく謎。笑
この手のツアーでは通るところなんだと思うけど
しかもおっちゃんは説明してくれたかも知れないけど、
とにかくウユニからチリに抜ける道にあるってことしか知らないのであった。

そう、未だに、です。笑

塩湖で遊ぶ☆午前編

IMG_4974

ウユニ塩湖編、最後に日の出。

IMG_4980

一緒に泊まっていた日本人の子たちが日の出を待ってた。

IMG_4982

出てきたよ。

IMG_4997

おはよう!

IMG_5001

反対側はこんな感じ。

IMG_5012

日の出を浴びる日の丸。
置いていった人たちが寄せ書きをしたよう。

IMG_5025

そして朝が来た。

IMG_5052

ここの塩の結晶はこんな形。
ピラミッド型になってる。

IMG_5054

結晶がキラキラとまぶしい。

IMG_5060

すくってみる。

IMG_5069

亀の甲羅風の模様も見えている。

IMG_5057

遠くに山が見える。

IMG_5070

近寄ってみるとこんな感じ。

IMG_5073

すっかり日が昇った。

IMG_5077

ただただ遊んでおりまする・・・。笑

次はやってきたお迎えと国境越えのお話を
数回に分けてお送りする予定。

いつになるかな。笑 

塩湖で遊ぶ☆夕方編

IMG_4841

日が傾いてきて湖面によりはっきりと映るようになってきた。

IMG_4843

夕陽があたるホテル。

196786_189795417726394_7626157_n

と一緒に映る私。笑

IMG_4838

飛ぶめれこちゃん。

IMG_4853

状況をわかっていないと何が起きているのかよくわからない写真。

IMG_4868

人も影になってより雰囲気が出てきた。

IMG_4834

なので私も影になってみる。

197698_189797001059569_6309619_n

遊ぶ。

190036_189797027726233_7542501_n

ムフフ。
(バッグが邪魔だ。笑)

IMG_4869

なんだか全面降伏だ、こんな景色。

IMG_4871

丸く見えている夕陽はすでに半分。
残り半分は塩湖に映る夕陽。

IMG_4884

その夕陽に照らされてピンクに染まるホテル。

IMG_4900

もうすぐ沈みます。

IMG_4907

沈んだ。

IMG_4910

金色の光の筋とそしてそれを受けて金色に縁どられる雲。

IMG_4916

神様、この瞬間をありがとう。

IMG_4934

あとはただただ見とれるだけ。

IMG_4940

IMG_4943

IMG_4944

今日も1日ありがとう。

IMG_4945

ウユニ塩湖のおいしい話

IMG_4710

塩湖について最初の食事。

乗ってきた車の後ろで用意してくれていて
それぞれが自分のお皿に盛るかたち。

ちなみに今そこで食べ物を盛っているのはめれこちゃん。

IMG_4698

パスタとチキン。

IMG_4699

サラダ系。

IMG_4700

デザートはすいか。
残念ながら私はスイカはあまり食べないんだけども。

IMG_4701

ということで私のプレートはこんな感じです。
塩の上に置いて撮影。笑

このランチのあとチェックインして
私たちを乗せてきてくれた車はウユニの町に戻っていたのだった。

☆☆☆

IMG_4947

そして夕食。
電気も通っていないと聞いていたけど
食事する部屋には電気がついた。ホッ。笑

IMG_4950

写真はイマイチだけど思いのほかご飯が美味しかった!

IMG_4951

ただね。泊まっていたのは前に書いた通り
日本人の主に若者。
っていうかほぼ90%くらいは若者。
とくに春休みの時期だったので大学生が多かったのではないかと・・・。

残りの10%と思われる大人な私たち
(しかも人付き合いが悪い)にとっては
日本人の若者たちに交じってご飯を食べるのは
なかなかめんどくさかった。笑
(謎のノリについていけないから。笑)

☆☆☆

IMG_5021

そして朝食。
朝ウユニの町からやってきたっぽいグループの朝食が終わるころ
私たちの朝食。

パンとドゥルセドレチェ(塗るキャラメルっぽいやつ)、そして飲み物。

このあとはひたすら迎えを待ったのであった。
まぁ、飽きないけどね、塩湖の景色は☆

続きは夕方~朝の塩湖編。
最新コメント
ギャラリー
  • ラ・セレナ海ツアー
  • ラ・セレナ海ツアー
  • ラ・セレナ海ツアー
  • ラ・セレナ海ツアー
  • ラ・セレナ海ツアー
  • ラ・セレナ海ツアー
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ