みなさんこんにちは!
オガサ製工広報課のよしもつです♪


先週勢いのままにセミナーの感想を書いた時
『寒くなったんで本気で衣替えをしなきゃと思います』
といっていましたが、なんとまあその週末の暑いこと暑いこと。

土曜日の朝は暑くて目が覚めました…。

秋は四季の中で一日の寒暖差が一番大きいとは言いますが
それにしても日単位で変わりすぎでは?と思ってしまいます。
着る服に迷いますね…(そんなに出掛けないけど)
そろそろ安定した涼しさがほしい今日このごろです。


さて、本日のブログは・・・

よしもつの現場撮影報告 in 今治~ \ワーーー/

現場にお邪魔したのは先々週のことなので
報告が遅れてしまいましたが愛媛県は今治市に行っておりました!

現場は今治市にある船舶部品の艤装業者さま。
スタッフさんの「工場内が暑すぎる…!」という悲痛な声が年々増加。
「これでは駄目だ!なんとかしないと!!」と社長さま、
色々調べられてオガサのHPにたどり着いたそうです。


中谷さん運転のよしもつ号に社長、北村さん、そして私…。


この日はお天気が心配でしたが、現場に着いた瞬間晴れましたー!
これが、撮影するには嬉しんですけどもう暑くて暑くて。
そして足場を上って、その先は屋根の照り返しが眩しいのなんの。
しばらく目を開けていられませんでした…。
(写真じゃ眩しさが伝わらないのが悔しい)


DSC04982


いたいた!冨田さんとじゅんたくんです!
これから取り付ける部材の位置、師匠と弟子で確認しています。

DSC04985


すでにリフレの施工と新しい屋根葺きも終わっていて、
あとは棟などを取付けて・・・と最終段階に入っていました。

さぁ撮るぞー!となって撮り始めたのは良いのですが
ここでひとつ問題が発生したのです。

『思ったような写真が撮れない問題』

なぜか、なぜか撮っても撮っても屋根に見えないのです。
屋根の広さが原因かと思いましたがもっと広い現場は知っているし
勾配(いわゆる屋根の角度)が撮れてないからかと思いましたが
平行な屋根の現場も知っているし・・・困惑。

何枚も何枚も撮り直して、

これが

DSC05041

こうなりました。

DSC05081

はぁ・・・だから?って感じです!

でもちゃんと「これなんの写真?」から「屋根の写真!」になった訳です。

そしてここでまた、あのセミナーで聞いた言葉を思い出しました。

『自分が何を伝えたいかを撮る』

そう、よしもつは屋根を撮りましたということを伝えたいー!
そしてそのためにはこれが屋根だと分かる像が必要だったのです。
棟から広がる屋根の勾配があって、ガルバの形も分かる・・・。
最初の写真じゃ部材の質感も分からなければどこの何かも分かりません…。

どうやら私は
一眼レフのズームして周りをぼかす事でなんとなくいい写真が撮れる
という方法に取り憑かれていたようです。
(被写体がちゃんと定まっていたら本当にいい写真が撮れますが)

なんとか「思ったような写真が撮れない問題」は克服しまして
たくさんいい写真を撮らせてもらいました!

オガサメン


右下の中谷さん、屋根の照り返しを手で阻止しています。
ほんとそうしないと目が開けられなかったんですー


この日は現場の完了検査も兼ねていました。
初めに問い合わせをいただいた社長さま、
終始オガサスタッフとも笑顔でお話されていて
その笑顔がなんとも印象的な方でした。

帰りはお見送りまでしてくださいました。

”社員のためにこの環境をなんとかしてあげなくては”

と遮熱工事に踏み切ったその人柄が見えた気がします。

”社員のために”

なんだか我らが小笠原社長に少し似ているような




少しずつやってくる秋の涼しさの中に温かい気持ちを感じて
暑い暑い屋根の照り返しで日焼けをした一日でした。



----------------------

金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適に。
雨漏り修理もお受けします。
『屋根から人々の安心を』
株式会社オガサ製工 広報課のよしもつがお送りしました。

----------------------