オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターの株式会社オガサ製工のポジティブな毎日!

結果を出そうとする努力は美しい

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


私、ネット通販大好きでよく利用します。
便利なんですよね〜
IMG_2164

もっぱらビジネス本が多いですが、
この前なんか屋根の上で打ち合わせ中に「こんな金網ないかいな~?」
なんて打ち合わせ中にスマホで検索。


ハイ!Amazonで即時に購入。


ながらスマホです(笑)




ネットといえば!

最近雨が多いのでオガサにも「ホームページを見て!」と電話で問い合わせを頂くことが大変多いです。


実家の雨漏り修理を見てくださいとか、工場の雨樋が溢れてどもならん!!!とか、

車庫や納屋のちょっとした雨漏りから、工場の大規模な修理まで、
たくさんお問い合わせを頂いております。

大きくても小さくても困り事を頼って頂くことはプロとして大変嬉しいことです。


不安を先送りにしないでどんどんご相談ください!



そんなホームページ管理をしているのが「広報部のよしもつ」です。

彼女もオガサ若手軍団の一員で、
育休中の先輩の仕事も掛け持ちしている若干
まだ年生。

当然業界の経験も知識も少ない中、日々工事部の先輩方に聞きまくって、

サイトの施工事例の記事を奮闘しながら書いてます。(湯気出てます!)

時には作業着に着替えてヘルメットと安全帯を引っさげ、現場で屋根にも上がり取材をします。

何とも頑張る彼女。仕事といえばそれまでですが、
少ない経験値で精一杯結果を出そうとする努力には頭下がります。


またブログでは一般の方目線で柔らかくオガサの技術をお披露目もしています。

(アッ!電話受付もやってますよー)

IMG_2147
そんな、マルチに頑張る彼女を含め、部門関係なく若手が努力する姿はひた向きで、
爽快感さえ覚えます。
先輩方もウカウカできません。


さてと、10月も後半に入り夜は寒くなりました。

そんな時はぬる燗で、と思い。

ずっと欲しかった・・・

187_2

「ミニかんすけ匠」


さっきネット注文したから、出張から帰ると届いているかしら?



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。



気になるのは選挙と台風

こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。


しまった~!期日前投票に間に合わんかった~

隣町の自宅へ帰るも「もう7時過ぎやき込んでないやろ~」となぜかいつもと違うルートで帰路へ


とほほ、事故で大渋滞


投票券を取りに帰るも、ギリで駆け込みセーフかと思いきや、

期日前投票は場所が違う!

やってもうた。。。


ダブルパンチ

IMG_2160

明日から東京です。

23日の出張?、いや、旅行というべきか?

22日は投票に行けません。


同期会の集まりなんですがね、

これで日曜日の選挙日にはどうしても戻らなければならなくなった(泣)ので、

帰路便の変更を。


どのみち月曜日は台風接近で関東地方の午前中は飛行機も新幹線もストップの恐れ。

せっかくだけど日曜の早めの便でご帰宅です。

さて、今度ばかりはどうしても行っておかなければいけないこの選挙。

(キチンと毎回投票に入ってます)

仕事と生活に直結してますから重大です。


18歳からの投票権ができて2度目の選挙。

1819歳の2つの票を選挙区の定数で単純に割ると、8000票を超え、

それは地域によって候補者の票差を埋めるには十分過ぎる。


けれど、台風の影響で投票に行かない人もきっと出るだろう。

未成年者投票に期待をしたいがどこまで伸びるか?



以前、オガサにも実は選挙には行かない若手がいました。

興味がないから行かないとか、選挙って?分からないから行かない。
そらりゃ、ちと違うぞ!

興味が無いも意思、分からないと言うのも意思。

極端に言うと白紙でもいいから投票には行き、自分の意思表示をせんと。


大事です。

自分の意思表示をキチンとできる若者になってもらいたい。
そう願い、育てています。

1721-00

あ〜台風来てます!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。


【広報部】よしもつの勉強会~唐草編~






こんにちは!
広報部のよしもつです♪



ここ最近ずーーっと雨です!!!
雨しか降ってない!!!
しかも台風来てるし・・・

天気予報では日曜日にくるとかなんとか・・・

日曜日って選挙ですよ!
…これは期日前投票に行くしかない。




さてさて今回はお久しぶり
よしもつの勉強会の巻ですー!

今日の主役はというと

「唐草」

です!



『なんで唐草?』



単純に気になったからです!!!

ある日の朝礼の作業報告にて職人さんが
「唐草の取り付けを・・・」と言っていたのがきっかけ。

建築業界に全く馴染みがなければ
唐草という言葉を耳にした時に思い浮かぶのは
模様・・・ですよね。

よしもつもそうでした。

なんのことなんだ???と
ではでは早速よしもつと一緒に唐草について知っていきましょう♪




唐草とは部品の名称で、軒先に取り付けるものです。
役割としてはズバリ「防水」・・・ですが

①屋根の終わり部分が風で剥がされるのを防いだり
②屋根からの雨水の水切れをよくしたり

といった役目もあります。
唐草の下に雨樋がつくのですが
これをつたった雨水をうまく樋へ落としてくれるんですね。


ところでどんな形なの?と思った方も多いハズ・・・


久々の登場よしもつ画伯におまかせください!


唐草はこんな姿をしています!!
唐草横


『・・・なにが?』


そうですね!!そうですよね!!


『どれが唐草なんだ』

という声が聞こえて来ました!
これは唐草を真横からみた図です。
立体になるとこんな感じです↓↓
唐草
うんうん。
さっきよりは格段にモノのイメージが掴めたかと思います…。

ではでは、どのような仕事をしてくれるのか・・・。
唐草ない場合

ものすごく簡単に屋根を輪切りにした図がこんな感じです。
例えば上の画像のように唐草がないと
屋根材をつたって雨水がどんどん下地や垂木にしみて
腐食などを引き起こしてしまいます。
これは大変です!!

そこで、今回の主役「唐草」を取り付けることで・・・




唐草取り付け後
水の流れが作られて、雨水が下に落ちています!
雨樋取り付け後
そして、雨樋を取り付けるとこんな感じ。
雨水は屋根に侵入することなく外へ流れていきます!

(実際にはもっと取り付け金具とかありますが)
よしもつが理解できる程度までレベルを落とすと
こんな感じになった(^0^)ふふふ

業界人の方が語ればもっともっと
詳しく重要性や役目が知れるんですが
なんせよしもつの書くよしもつのレベルなので
やんわり唐草の役割が伝わればと思います♪


ゆるくやんわりがモットーなんで!!!!!(机を叩きながら)


こうやって部品の事を知れば知るほど
無駄なモノなんて一つもないなぁと感心しております。


・・・なんだか今日は真面目に淡々とした記事になった気が。


うーん
そんな日もあってよし!!!



最近、事務の先輩や営業さんが風邪を引き始めて
なんだか罪悪感を覚えているよしもつでした。



----------------------

金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適に。
雨漏り修理もお受けします。
『屋根から人々の安心を』
株式会社オガサ製工 広報部のよしもつがお送りしました。

----------------------


頑張るより、やり方を変えよう!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


ここんところ、毎日雨がばかり。。。

先週の体育の日なんて、これぞ「the秋!」って感じだったのに
この天気じゃ少しグレーな気分になりますわ。
まあ、そうも言ってられないので雨でも作業できる現場には朝礼後すぐに飛び出します。
IMG_2140

雨が降れば当然現場工程は遅れていきます。
しかし、天候不順も想定しているので元請監督さんと打ち合わせしながら、
工程の再調整を行なってもらいます。

ところが、完了期日厳守のトコなんかだと雨や台風やなんて言ってられません。
工程調整なんて絶対口にできません!
おそらくミサイルが飛んできても絶対厳守でしょう。

肝を冷やします。(笑)


幸い、そのような冷や汗モノの現場は現在ありませんので、ユル〜くやっているのかなと思いきや

逆に製作業務をドンドコと進めています。
IMG_2138

毎日、トラックに屋根材を加工し第二倉庫へピストン輸送。
天候回復に備え各現場のパーツを細部まで加工。

少し前までこのような仕事の進め方は行なっていませんでしたが、
職長の号令のもと取り組み方を変えたそうだ。

建築業の特性上で在庫加工や事前製作が特にできない我ら屋根板金業種。
現場合わせで施工→それに合わせて採寸・製作→現場合わせで施工・・・
この繰り返しでした。

最近、業務効率化として「頑張らず、いい結果に繋げる作戦」を実施中。
それにはやり方を根本的に変えようと・・・
職長が先へ先へと測量や図面で段取りをして製作に取り組む。
細部の加工まで取り組む。
IMG_2141

そうするとこのように梱包当て紙やラップで傷防止をしなくてはいけないので、
作業が逆に増えますが、それでも現場作業が4倍速になるので作業効率化には十分にUP!


まだまだ製作物があるそうなのでしばらく雨でも構わないのですが、
さすがに現場設置施工が追いつかなるとのコト(笑)

追い討ちをかけるように台風が向かってきてます!

IMG_2143

この寸止めは誰のトラップだ!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。



人間の自動化には!?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


今年になり、酒飲み無しの翌朝はだいたい時前に目が覚めます。(勝手に)


そのまま起きて活動しますが、さすがに今朝の目覚め340分!

二度寝に挑戦するが、それもできなくなった47歳。(笑)


仕方ない、ならば活動をば!


朝刊をザッと読み、手帳をチェックし、日報の見直しやらを・・・

昼飯食ったら眠くなりそうですが、その時はその時で。

IMG_2047
(秋の風物詩ですね〜キンモクセイ)


習慣になってきたのか体内時計がコントロールされ、目覚し時計が不要になりました。

単に年の功でしょうが(笑)


まず3日、1週間、1ヶ月、3ヶ月・・・

1年で習慣が身につき・・・

3年で習慣が根付くそうです。


人間たるものそう簡単に変わりゃしませんね。



有名な名文がありますよね。


「私は誰でしょう?」
   以下、略

「私は習慣である。」

習慣がいかに人生に影響を与えているかを書かれています。


自分この名文を読んで、いい意味でも悪い意味でも「ほ~」と納得しました。




どうせやらなきゃいけないコト、最初は億劫でも慣れてしまえば自動運転。

現場での作業前KY活動や安全対策そうです。
社内やトラックの清掃や片付け。
日報や報告書などなど・・・

大事なコトなんですが、正直最初は少々億劫。
しかし、続けてヤルことで習慣化できます。

そうすると億劫や面倒臭いなんて絶対起こりません!

習慣は頼りになる自分側近の味方。
しかし、これが難しい・・・

そのこと自体は何でもないコトだが、それを続けるコトが人間苦手なもの。



しかし、この瞬間からそれをやらなければ絶対に習慣化できない。

自分も習慣化を目指して幾つかコト始めたが、習慣となるにはもう少し先かな。。。

IMG_1621

予測通りです。

もう夕方ですが、さすがに眠気が来ました!


時台の起床はまだ未習慣です。(笑)
(するつもりもないですが。。。)

では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。






遅れを取り戻すぜ!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

高知は今日も「雨」
加工場はズンズン!と屋根の製作&端部製作処理が進みます。
IMG_2039

そしてトラック1台分の加工が仕上がると
区分け・表示をして積み込みます。
1台に屋根全体の1/4のが積み込まれます。

IMG_2118

IMG_2119
斜めになっているのは寄棟部分の端部加工。
この加工が一番手間と時間が掛かります。

これを現場でレッカーにて3階屋根に吊り上げ施工。

現場自体はゴムアスルーフィングも敷き終わり、水切り取り付けも割付も完了。
もう鬼のように葺くのみです!(爆)

端部処理が終わっているので、プラモデルのようにカチャンカチャントと嵌めるのみ。
配ることが一番の仕事のようになります。

おそらく通常の4〜5倍施工スピードが早いです。
しかし、雨で遅れているからプラマイほぼゼロかな(笑)


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。

技術者集団増強中

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

10月後半がスタートしました!
恵みの雨ですが、屋根ドクターオガサにとっては、
あいにくの「雨」ですね。

向こう1週間も晴れマーク無し。
html

秋雨前線が長く居座っています。

すべての現場ではなく作業できる現場もありますが、
今日も明日も現場作業はほぼストップ覚悟になります。


しかし、雨で作業が出来なくて工程遅れを取り戻すためには、
現場での作業スピードを上げるしかありません!

通常は屋根工事の場合、現場で取付施工行いながら、
軒先や棟部分の端部加工を技術スタッフが手加工で行います。
IMG_2038

ですが、作業の遅れを取り戻すため、今工場では加工スタッフが「下こしらえ」の
端部加工を先行で行っています。
現地をミリ単位で測量し、それをパソコン上で電子図面に変換します。
そのミリ単位の割付図でミリ単位の長さ調整、端部加工を行っています。
IMG_2034

この時代、機械成型加工技術が進歩しても、現場での機能性や美観性を向上させるには、
技術スタッフの手加工技術が無ければ成り立ちません。
IMG_2044

そのベテラン技術者の後輩、ヒヨっ子若手スタッフ数名が今回、
技能士として試験を合格しました!

オガサも一歩一歩、技術者集団増強中です。

では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。


屋根から「三方良し」を考える。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


高知県、とある田舎町。


瓦屋根の雨漏り修理のご相談です。

住宅ではなく施設なのでコンクリート構造に意匠性のある釉薬瓦を葺いています。

IMG_1556

しかし、屋根勾配が2.5寸なので新築時から瓦自体、雨漏りしているようでした。

幸い屋根の構造もコンクリートなので20年近く室内には漏らなかったのでしょう。

しかし、この夏から雨漏りが始まりました。


雨漏りを止め、屋根のコンクリート構造の劣化損傷を防ぐためには葺き替えなければいけません。

緩勾配屋根でも施工可能なガルバリウム鋼板屋根をご提案、早速プラン作りの依頼を頂きました。




さて、ここの施設の隣には斜面一面7000枚以上の太陽光発電パネルが張り付く光景があります。


施設の方曰く

「雨の日に川がものすごく濁る、それは1週間以上続く・・・」

「土が流れゆうき崩れてきやせんか心配で・・・」

「蛍が飛ばんなった」


国の基準や法律に則って開発、工事をしているので問題はないのでしょうが・・・



地球温暖化対策に再生可能エネルギーは必要だが、

現在の趣旨は自然より環境より投資目的の太陽光発電。


間違ってはいないのだけれど・・・


最近、田舎でよく見る自然豊かたな地域に無機質な大規模太陽光発電所。

橋とかトンネルとかも人工的構造物なので一緒なのかもしれないが、

目的が違うのでどうなのかな~?


IMG_1574

田舎育ちの自分は単に考え過ぎなのか!?



しかし、どうにか共存できる良い方法はないものかな〜? 

と、自然豊か過ぎるJR無人駅を屋根から眺めながら、

太陽光発電事業にはかなり携わってきたオガサは考えるのでした。




では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。



記事検索
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ