オガサ製工のポジ☆ブロ高知

雨漏り修理から快適屋根工事まで行う、屋根ドクターのポジティブな毎日!

攻撃力って?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


おめでとうございます!!!


高知商業が甲子園大会で1回戦、2回戦と勝利して

3回戦に勝ち進みました!

ダウンロード (4)

スゴイですね。

2桁安打に2桁得点


1回戦もそうでしたが、点を取られたら取り返す

それも倍返しみたいな攻撃。


さて、そんな打撃チームの高知商業。

守備もモチロン素晴らしいと評判ですが

それ以上に攻撃力が強いと言われていますね。


ところで、スポーツ以外でもいろんな場面において

「攻撃は最大の防御」といいますよね。


自分は野球の事はあまり分からないんですけど

この試合を見て、攻めるって事はホント大事だなと。


で、、、例えば

経営についても同じと思うんですよ。


確かにコスト削減とか原価圧縮。

属に言う「守り」は大事です。

でも、そればっかりの追求してても

売上の源泉とはなりませんよね。


お客さんがどのような商品やサービスを求めているのか?

そのニーズ、その奥のウィッシュを探り、

自社の営業力を高めていくことが必要です。


まさに経営も「攻撃が最大の防御」だと思うんですよ。



でね・・・人生ってものも同じじゃ無いのかな~って。


たった一度の短い人生です。

楽しんでいる人は

プライベートも充実してますよね。


あれもしたいし、これもしたい。

色んな欲があるから元気ハツラツ。

忙しそうですが、メチャ楽しそうです。

攻めてます。(笑)


だからそんな攻めのヒトは健康であるために

しっかりとカラダつくりにも励んでいます。

健康だからこそ

前向きに人生を生きられるってコト。


「人生を攻める!」


ちょっとオーバーですが

そんなイメージじゃないかな~って

昨日の市商の野球で思った次第。




さて、妹家族がお盆休みで関東から帰省しました。

さぁ~これから何をもてなそうか?


攻め力のあるリクエスト攻撃が来そうです。(笑)


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 



プロってスマートでなきゃ。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


お盆の休みの日曜日

変な表現ですが・・・


山登り用のコンパスを買い出しに出かけまして

時は昼とき、お昼ご飯とき♪


こんな日はどこ行っても混んでますので

久しぶりに一宮の食堂「兼山」へ。


なんとも昭和チックな食堂ですが

入るとほぼ満席。

IMG_5522


自分たちの着座で満席御礼。


どの席にも料理は出ていないので

こりゃ~少し待たなきゃいけない覚悟。


中華そばとオムライスを注文をするも女将さんが

「チョット時間掛かるけんど待ってよ~!」

「おっちゃんが一生懸命かき混ぜて作りゆうきよ~♪」

いつも通りに気さくなお返事。


ご主人は厨房の奥で黙々と一人で調理。

女将さんが注文、配膳、レジ、洗い物のマルチプレーヤー


自分も昼メシには色んな食堂系お店に行くんですが、

混雑時や満席、はたまた行列時には

ホールスタッフはもう忙しさ満点で

チョット「イラッと気味」で接客する店が多いんですよ。

分かりますよ・・・次から次へとお客が来れば。


でも、この食堂は違います。

女将さんの明るい接客も汗を拭いながらですから

心情は「あ~忙し!!!!!」だと思います。


でも、来店したお客さんには

「いらっしゃ~い!

 今一杯やけど待ってくれるろう?~♪」


言葉の後ろに音符がついている、そんな感じです。


ご主人のかっこいいフライパン返しのテクニック、

そして、女将さんの気さくな接客に

忙しさの中に完全なる余裕があります。


通常ならバタバタとなるとこでしょうが

完全なプロとしての大きな風格を感じました。



んで・・


待ってる間、考えたんですよね~

オガサでも梅雨や台風のあとは一時的に超繁忙期になります。

天気が左右する仕事なので仕方が無いんですよね。


でもそこで!

通常工程で行っている新築工事が天候不順で遅れ

そこへ台風などの災害で次から次に問い合わせを頂いたとき

プロとしてバタバタせずにスムーズに対応しているだろうか?って。

(白鳥のように水面下ではバタバタしてても)


仮にですね、見てて忙しそうだったとしても

爽やかな対応って大事だな~って思うんですよ。


あるじゃ無いですか・・・

忙しそう店員さんに「すいませ~ん」って声かけた時、

予想と違う爽やかな対応されたときの

ハッピー感。


ですから・・・受付、営業、監理、そして工事スタッフが

ナンボいい仕事をしてもそれがスマートでなけりゃ

お客さんはいい気がしませんからね。


繁忙期のスタッフ対応を再チェックしとかなきゃ

と思った次第。

IMG_5520


さあ、これから甲子園では慶応vs市商

次男も球場に大応援に行っていますから

自分もお茶の間で・・・


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 



防災は気象情報から

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


「れんけいこうち 防災人づくり塾」の第6

今回は気象情報で災害を防ぐお勉強。

IMG_5500

講師は生活から交通、ビジネス、レジャーやスポーツまで

40以上のあらゆるジャンル向けに

気象情報コンテンツサービスを展開する予報屋さん。


当然ですが、様々なジャンルで天気予報って大事なんですね。



さて、気象で防災?


防災といいますと

南海トラフ地震への備えがまずイメージできますが、

今時期は台風などの自然災害への備えも重ねて必要です。


地震はいつ起きるか具体的なことは分かりませんが、

数時間から数日レベルで事前に備えができる自然災害は

たくさんありますよね。


台風に始まり豪雨、

ゲリラ豪雨、ゲリラ雷雨、竜巻突風、雹、猛暑、豪雪など

気象にはたくさんの種類があり

それだけ災害が発生するリスクがある訳ですが、

その殆どは事前に気象予報から

ある程度は備えができます。


豪雨災害にしても災害が発生する一日の降水量が

地域による年間雨量の割合から予測は可能です。


また、スマホでは様々な気象に関する情報が配信されていますし

アプリなんかも多々ありますもね。


おまけに雲の状態からはゲリラ豪雨や雷、

竜巻突風や雹などの発生が予測できますからね。


色んな防災方法がありますが、

まずはごく身近なスマホやテレビを使って情報収集。


そして、予測ができる自然災害には横着せずに

きちんと自己責任で事前に準備対応しなきゃ。


自分でもできることから災害へ備える。

何もせずに人に頼るばかりじゃ、、、

有事には為す術がありません。



これからは台風シーズン


ここ最近は過去の経験が通用しないコトも多く、

いつでもどこでも想定外の自然災害が起きています。


確かに、、、天気予報の台風情報も

最近は少しオーバー気味なところもありますが、

オーバーだったな・・・

と思えることが被害の無かった証拠ですよね。


まずは天気予報をチェックして気象状況を確認する。

防災はそこから始まります!


このお盆休みの天気もしっかりとチェックです。

ダウンロード (3)


おっと!!

遥か南の海には台風のタマゴらしき熱帯低気圧が・・・

2個も!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 


楽しくなるきっかけは?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日の夕方、イオン方面から県庁向けての移動中


道も交差点も橋も人だらけ!

お城の追手門アタリなんて

近年見ることがないくらいの人混み


皆さんスマホ片手に空を見上げています。


おばーさんもガラケーを天に突き上げております。

ダウンロード (2)



そう、昨夕はブルーインパルスの展示飛行でした。


生インパルス。

超カッチョ良かった!


車窓でしたが・・・(笑)


これがまた一部では

航空法が・・・とか

軍事用機が・・・とか

事故が起きたら・・・とか

すぐネガティブな発言をする一部の方がいますが

メチャ残念ですね。


事故なんて確率はゼロではないにしろ、

天文学的に少ない。

そんなこと言いだいたら世の中

「?」なことは幾らでもありますし、

「!」なこともそこらだらけです。


確かにね・・・

自衛隊もそちらの目的があって行った展示飛行でしょうが

この高知の街の人達が

あれほど楽しそうに空を見上げている姿は

車で移動中の自分でさえも

楽しくワクワクしてきますよ!

ホント。。。


たくさんのキッズ達も

きっと空へのあこがれを抱き、

きっと未来のパイロットが

生まれてくるんじゃないのかな?

(あ〜40年早けりゃ・・・オレも)


これでいいんじゃないですか!


街を・・・

イベントを・・・

更に盛り上げ、楽しくする。


このあと、鏡川で4000発の花火大会も行われたんで

皆さん超ウキウキですよ。


楽しそうな人を見ると自分も楽しい。

楽しいから笑うんじゃなくて

笑うから楽しい♪みたいな。。。


南国土佐の高知の夏

やっぱり笑って楽しまなきゃね!

ダウンロード (1)

空ばっかり見上げた昨夜、

皆さん今日は首痛でしょうね。。。



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。


台風のハイシーズンですよ!

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日の夜から今朝は随分涼しかったですね。

ダウンロード

それもそのはず、今朝の最低気温は23.3℃

昼間より10℃も下がった20℃前半の気温。


この時期の高知市としては珍しいですが、

過去のデーターを見てみると・・・

昨年の8月8日は
最高気温36.5℃、最低気温は23.5℃で快晴

で、一昨年の同日の天気&気温もほぼ同じなんですね。


随分と涼しいと思うのは

その数日前の天気からのイメージで所詮は
感覚です。
 

実際の気温は毎年全くといってイイほど
ほぼ同じなんですよね~


暑いの、寒いのって人間の感覚です。

その感覚ほどアテにはならないってのがよく分かります。


ですから・・・人間って忘れんぼってコトです。


また、人間は1年も経てば
辛かったコトでさえも大分忘れてますし

数年経てば、ほぼ全開で忘れていますからね。

これを俗に言う

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」といいますが

その通りだな~なんて思うわけです。


でもね。。。

そうあってはいけないのが災害への備えです。

Kelly_1987_track

過去に台風では何度も甚大な災害にあってきた高知。

また、記憶に新しい98’豪雨も9月に起きています。


台風や豪雨は事前の準備や対策ができる自然災害です。


「まあ、大丈夫やろう~」

なんて自分の大したことない憶測で判断をした結果、


まさか・・・

想定外・・・


なんて被害を被ることになっちゃいます。


用心し過ぎ位が丁度の準備です。

空振りでイイじゃ無いですか。


もう過去に経験したことが無い災害が

どこの地域でも襲ってくる現代です。


これから台風のハイシーズン

高知は災害対策ができているからと

過去の教訓を忘れてはならずです。


さあ、今日から4日間、高知の真夏の祭

よさこい祭りが始まります。
 images

初日の今日は前夜祭~花火大会。


街は賑やかになるので

私は昼夜共に行動を自粛しとかなきゃ。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 


自分の存在アピールしてますか?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨夜は丸亀市でチョイとプロジェクトの打ち合わせ。


せっかくだからとお泊まりの準備もして頂きまして。。。

骨付鳥(親)で懇を親していました。

ダウンロード

この暑い時期ですからね、

え~加減でビールがすすむクン状態です。(笑)

それに親鳥を咬ますと最強ですね!


バンザイ!うどん県
最高!!!骨付鳥市


昨夜は丸亀の街にも少し貢献できたようです♪



さて、そんな丸亀への移動手段はモチロン高速道路。


高知自動車道の立川トンネル南、

橋の崩落はやはりゴツいですね~!


山肌がガッツリと滑り落ち、

その勢いとパワーがあの橋をぶっ飛ばした。


自然の力はやはり絶大です。

橋桁の落下先は高速から当然見えませんが、

復旧までには相当時間が掛かるでしょうね~


でも、早急に片側通行を可能にして頂いた

NEXCO西日本さんには大感謝です。



んで、そんな高速道路でいつもコワいのが・・・


トンネル内の車の「無灯火」


昼間ですからトンネル内は

ライトを付けなくても皆さん十分見えるし

走行できるでしょう。


しかしですね、黒い車が無灯火で走っていると

後ろからすんごく、分かり辛いんですよ。


しかも逆光なんかでトンネルに進入すると

目の瞳孔(絞り)調整にタイムラグが出ますよね。


これが前を走る黒い車の認識を一瞬遅らせます。


ホント「おかま」掘りそうになるんですよ。


僕がドンくさいってのもあるのでしょうが

よく高速を走られる方もこのヒヤッとは

「あるある」だそうで。


ですから、車や自転車のライトは

そのドライバーの為の明かりだけじゃ無いってコトです。


自分も学生時代はチャリの無灯火も正直あったと思います。

だってあの頃はダイナモ式ライトでしたから

ジャージャー音立てて発電。

これが無性に重かったじないですか。


しかし、自分が車を運転するようになって

無灯火のチャリや人にどれだけビビったか。


昔から無灯火がダメなのは全国的共通ですから

今更それがどうした?!ネタですがね・・・


ライトの点灯は周囲からアナタの存在を気づいて貰う為なんです。

命の明かりなんです。

shutterstock_1099428515

そんな交通ルールや安全運転が柄にもないと言われそうですが、

ちなみにゴールドカード保持者ですから!エッヘン!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 


暑さ対策は遮熱?断熱?

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


またまた本日の最高気温が

35℃を超えちゃった高知です。


岐阜なんかと比べると

格段に涼しいんでしょうけど・・・


暑っちい!


さて、さすがに連日こうも暑いと

屋根暑さ対策の問い合わせが増えてきますね。


先日伺った工場は2階建ての建屋。

1階が部材の切り出し工場で、

2階が組み立てと保管スペース。


その2階が相当暑い!

窓の開けっぱなしで換気扇と扇風機はガンガンやけども

暑くて仕事にならんと従業員さんからの悲鳴。

スポットクーラー使っても全然追いつかん!

なんとかせんと従業員が熱中症になっちまう!


そんな過酷な現場からのご相談。


調査に伺うと、確かに・・・!!!


屋根は天井無しのむき出しで

大波スレートがマンマの状態。


その裏面温度は昼前でナント、60℃

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c2

そりゃ暑いでしょう。

なんたって頭の上にストーブ焚いてるみたいなものですから。


工場扇で熱気を掻き回して、ベンチレーターで排気させても

そんなの気休めです。

流体力学的にも効果はメチャ薄いんですよね~


そんな2階の作業場

屋根を媒介して輻射熱は屋内の物体を熱します。

機械、作業台、資材、壁や床、そして

そこで作業している人まで。


いくら外気を取り入れても涼しくならないのは

それが大きな原因です。


輻射熱が様々な設備を熱して熱源化しているからです。


その原因である輻射熱を遮断しなければ

暑さ対策はできないのです。


ここで、輻射熱を安易に断熱材で止めよとすると

逆に熱を吸収していき、それが限度を超えると

室内側へ放射し始めます。


ですから、断熱材は最初は効果がありますが

だんだんと効果が落ちてきて暑くてたまらなくなるのは

これが原因の一つです。

(蓄熱体になっちゃうんですね)


この暑さの原因となる輻射熱を反射するのは

遮熱材しかないのです。



断熱材は「熱の伝わるスピードを遅くする」材料で

それ自体が熱を吸収します。

遮熱材は「熱(輻射熱)を反射させて跳ね返す」材料なのです。

(そして蓄熱もしません。)


遮熱と断熱はそれぞれ目的と役割が異なりますからね。

使用上は十分にお気をを付けて。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 


一階層上のレイヤーで眺めてみる。

こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


今頃来やがった!

先週末の調査登山のダメージ


The筋肉痛」


昨晩から体の後ろ側の筋肉がハンパなく痛い。

寝ててもツライ。

そんなオッサンです。


でも、思い返せばいい経験でした。

未経験者の一人登山ですから、危険ちゃぁ危険。

ですから絶対に人に迷惑をかけてはならないと

準備はオーバー過ぎるくらい万端。


快晴の半日強の山登りですが、例え雨でも

そして最悪は1泊2日でも大丈夫な装備でトライです。


でもね、

実は途中道に迷っちゃいまして。

LRG_DSC00211

先日の台風と大雨で

途中の登山道が崩れているところが数か所、

当然ながら木々につけられているテーピングの目印も

一緒に流れていて、どの方向へ進めば良いか分からない。。。


少々焦りましたね。


が・・・

地図とコンパス頼りに周囲をじ~くりと見渡し、

登山道の目印を探します。


登りと違い下山はスタコラ降りれますので

調子扱いて下って行くと

素人はルートを外れているのを気が付きません。


更に沢の方向に下って行こうかと悩みましたが、

セオリー通り、迷う前の地点に一旦戻ります。


でも、目印のテーピングが見つかりません!

この時点で自分が少々焦っているのが分かります。

あ~これが下山遭難か。。。


パニック感、湧き上がりです!


しかし、時間には余裕を持っています。

時計を見ても日没まではまだまだ十分に時間はある。


未経験の初登山ですが、

雨具もダウンも非常食もランプもバッチリ装備です。

イザとなればビバークも覚悟の準備は万端。

(先日も寒風山で一人キャンプしてますし)


焦ることは無い!

まあ~コーヒーでも淹れて落ち着いて道を探そうと。。。


勘で登ってきたわけではなく、

目印で登ってきたこの登山。

きっと下山目線だから目印を見つけにくいんだろうと

アタリを付けます。

LRG_DSC00252

案の定、振り返ると見えなかった木のテーピングが見つかりましたよ!

下り目線側は日射で色褪せていたんです。


更にじっくりと落ち着いて周囲を観察すると

ケルンもありました!

LRG_DSC00250

そうか!人が通った後だと。。。

その方向に向かいます。


しかしここがキモ。

ケルンは登山道の目印が目的ですが

最近は意味もなく積み上げる人もいるようで

油断は禁物、疑って掛からなければです。


自分のカンや思い込みで進むのでは無く、

角度を変えた複数の目線で事実を導き出すコトが

重要なんだなと。


事実、正規ルートからは数mしか外れていませんでした。


人は迷うと焦るもの。

客観的に見れば大したことがなくても、

焦りが焦りを呼び

もはや正常な判断が困難になります。

(これは実生活や仕事も同じですね)

行き詰まった時は一度立ち止まり

一階層上のレイヤーで眺めてみる。


そうすれば色々見えてくるもんですよ!


登山は簡単に行えますが、

同時に大自然に入る訳ですから

危険は隣り合わせ。


ですから、絶対にナメて掛からないこと

そして時間に余裕を持った計画と装備品の準備ですね。

これは安心にも繋がります。

LRG_DSC00199

危険に繋がる知識を高め、
更に山登りの楽しみも膨らませて

「山登り」

始めてみようかな♪


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。 


プロフィール

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役
1970年 高知市生まれ

金属屋根の製作施工と遮熱技術で高知の屋根を快適にしています。南海地震対策として金属軽量屋根を推進しています。(雨漏り修理も専門分野)


一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協) 代表理事

近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで津波や火災から命を守れる情報を建築専門家が発信しています。

記事検索