こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

先日行われた東京での遮熱材の代理店会議。

我ら業界の仲井社長大先輩が屋根改修時に遮熱材を使用した屋根改修工事の
事例発表がありました。
IMG_1274
遮熱材を使うと20℃弱も屋根裏温度が下がっています。
これは断熱材のように経年劣化がなく効果が半永久的。

さらに・・・昨年の晩夏、得意先工場内部の作業環境を改善した施工事例発表がありました。
IMG_4464
暑熱環境計によるWBGT(暑さ指数)を施工前と施工後に測定。
人の感覚でなく計測器による指数で熱中症を予防!

これも見事8℃弱下がっています。
あの夏場特有の「モアっ」とした暑さがなくなり工場内が本当に涼しく改善されたそうです!

見事な効果!アルミ遮熱材「リフレクティックス」を使ったエコ遮熱工法。


ちなみに・・・エアコンの設定温度を8℃も上げることができると!?

事務所や工場で設定温度を仮に半分の4℃上げる事ができると・・・
年間の空調費削減率は・・・?

ハイ!
実績データーはきちんとあります。


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、雨漏り修理も専門の
【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。