こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

関東に本社がある建材メーカーで勉強会。
IMG_0733

塩害や酸性雨等の屋外有害物質にガルバリウム鋼板や銅板・ステンレス板がどういう過程で腐食していくのかを短時間で実験解析している装置の見学。

IMG_0715

そして屋上に実際設置して経年劣化を観察しているトコロも・・・
(暴露試験です)
各地の同業者が技術の見解に「あ〜だ、こ〜だ」議論をしております。
IMG_0725

特に銅板はサビを発生させることで自身を腐食から守る「膜」を形成します。
数十年の長い時間を掛けて順に表情が変わります。

だから新品は新規の10円玉の様にピカピカ(皮膜形成が出来ていない)
銅の変色=サビ=酸化銅=Cuo ⇒⇒⇒ 化学式

サビの特徴やサビ対策には苦手な「化学」も少し必要です。



こ、こ、これは!!!
IMG_0732

チタン製の竪樋エルボ。
曲がりの溶接ビードが美し過ぎ!!!
ゴツい技術力です・・・このメーカー。

金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、雨漏り修理も専門の
【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。