こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

吾川郡いの町で新築住宅の屋根工事。
IMG_1056

梅雨入りしてますが、毎年6月前半は好天気なのよね〜
仕事が捗ります!!
P5080290
ガルバリウム鋼板製「立てハゼ葺き」を施工中。

端部に技術スタッフの「ハサミ」が入り、水仕舞を行っています。
この手作業の技術が無ければ屋根は雨漏りしたり短期で腐食したり、
不具合の発生率が増加します!
P5080312
屋根材の長さは家の長さと同じ7m超。
水が流れる方向には継ぎ目が無いので雨漏りしません!

横方向、その1枚の幅は雑誌ぐらいの大きさ、40センチ。
現地で治具にて接合させていき雨漏りしない頑丈な屋根に仕上げていきます。
P5080307

接合部や端部は技術スタッフの職人技術。
両端部で声を掛け合い確認しながらせっせと。

本格的な梅雨までに、まだ15棟以上葺かなきゃ!
ガンバリます!

金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、雨漏り修理も専門の
【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。