こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


先日、BS放送を見ていると懐かしのアニメ「機動戦士ガンダム」が再放送

ボサ〜と見ているといつしか集中!

最後まで見入っていました。
DSCF0041

小学生の時に流行った「ガンダム」(ファーストシリーズしか知らないが・・・)

流石に画像は古いが40年経ってもストーリーが古くない


一般的なアニメやヒーローものには無い、主人公ががすねたり、逃亡したり・・・
とにかく今見ても心理描写が濃く、
ストーリーの人間模様がとにかくリアル


それは、、、主人公はもちろん殆どの登場人物にプロフィールや生き様、
背景を細かく描かれた上での全体ストーリだそうです。


なるほど!
これ!仕事と一緒じゃん!


細部まで決めずにスタートし、とりあえず「こんな感じで〜」と製作や施工を進めていくと
必ず行き詰まり納まりが付かず、やっつけ的な仕上がりになります。


残念ながらこんなことが起こっている会社さんもチラホラありますが、
オガサでは事前の計画と打ち合わせは大必須。
ISO品質マニュアルにもそのフローは明確化しています。


また、自分たちの仕事は天候にも大きく左右されますが、
細かいトコまで計画を立てるからこそ臨機応援な対応ができる。

細かいトコまでキチンと計画立て、設計をし、打ち合わせの上で施工すると完成がすばらしい。
そして、その工程も美しいのです。


「神は細部に宿る」


職業的格言です。



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。