こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

オガサは現在社員12人の会社です。 
県内業界ではちょっと多い方ですが、部署や業務によっては完全に人手不足です。
P2120024


そこへ新しいプロジェクトを発令!

担当者の顔がコワバリます

「ゲッ!マジかよ!

  無理っす、

   出来ねーよ-」


社長のエゴや見栄ではありません。
こちらとして「やる!」と決めたプロジェクト。
必要性があるから絶対やるのです!


しかし、ここで「なんとかしろよ!!!」と放り任せるとプロジェクトは明後日の方向へ
そして元気なヒトでもヘコタレます


これ最悪。。。


まずは担当者や社員から愚痴のような「出来ない言い訳」を出しまくりing。

トップの自分でさえも少しは「しゃあないか〜」と思いますが、思うだけ。


もう他に無いか?


実はできる!の理由つくりは逆に難しい と思う。
これで完璧と思い取り組んでも結果できない場合があります。

それは知識・力量不足や外的要因などなど・・・想定外なこともあります。


しかし、逆にできない理由が出揃う(出尽くす)と、そのプロジェクトは8割完成です。

だって出来ない理由を潰していけば完成するのだもの。
IMG_1328


ヤッたこと無いことや新しいプロジェクトに於いて出来ない理由をまずは「出しまくり」

プロジェクト達成の作戦のひとつだと思います。



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。