こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。



今日は夜明けと同時に県西部の宿毛工業高校へ


道中の海岸線(佐賀町〜大方町)を車で通る時によく思うのが、今、地震が来たらどうなるんだろう?


「ココらあたり、津波高34mの予測やったな〜 
          この電信柱の高さの2.5倍か〜」

170903


すると突然! 
携帯から「緊急地震警報」のアラームが!!!


『地震発生!大きな揺れにご注意ください!!!』


「とうと来たか!!!」

電信柱や電線、看板の「揺れ」様子を眺めながら、すぐNHKラジオにスイッチ切り替え!!!


続いて続報
『大津波が発生します。直ぐに海岸から離れてください』


道路横左手はすぐ海岸! 
サファーもこじゃんとおる!
真剣に皆が、ヤバイ!!!


街のアチコチに消防団員と町の住民が!



・・・しかしその表情には緊張感はあまりなく


IMG_1744 2
地震・津波緊急速報は


黒潮町防災総合訓練・・・「訓練」でした。。。 


よかった


しかし、地元民ではない自分は正直焦りました!!!


訓練だったからこそ良かったが、もし・・・現実だったら・・・



今年の春、オガサでも非常食15人✕3日分&避難袋等・・・災害に備え準備してきましたが
それって震災が起きたあとのこと

まずは生命を守ることを考えなければ、備蓄も非常食も意味がない


もし大地震が自宅で起きたら・・・レジャーや出先で起きたら・・・仕事中に起きたら・・・
完璧は無いが、準備や知識は0(ゼロ)と1では全く違う。


大切な家族や仲間。

少しだけ・・・今起きてもおかしくない自然災害に備えて置かなければ




金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。