こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


職業柄、屋根を葺き替える仕事をしております。

特にこれまで住宅の屋根も何十件、何百件と葺き替えてきました。


そんな中、昨年今年と防災対策展示会に2年連続で出展して改めての気付き!



【オガサは人や街にとって、とても大事な使命を仕事としている!】

P8280227


少し前までは恥ずかしながら屋根の葺き替え工事の際、雨漏りを直すから葺き替える。とか、
単に葺き替えのご依頼があったから・・・と、屋根を葺き替える「コト」自体に集中してしまい、
軽量屋根への必然性を全く伝えることが出来ていませんでした。


職業病でしょうか?
オガサの屋根(ガルバリウム鋼板製)の軽さはオガサ内では常識ですから、
全く意識していませんでした。


屋根を瓦から金属(ガルバリウム鋼板)に軽量化することで間違いなく
地震の揺れに強い建物になります。


それは人々の生命・文化・財産を守ることなんです!


オガサは「ガルバリウム製軽量屋根」で近いうちに必ず起きる南海トラフ地震から人々の生命を守り続ける社会的使命を持った仕事をしている・・・そんなことを改めて自覚した1日でした!!!
P8270215



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。