こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

日曜は台風も勢力を落とさないまま高知に再上陸。
さほど雨風は酷くなかったので被害も無く「ホッ」としていた朝でしたが、
やはり数件、被害修理依頼の連絡を頂きました。

最近はメディアやニュースでそして携帯の「緊急速報」で
災害に対しての注意・避難を相当促しています。


最近ニュースはオーバーだ!

やりすぎや!
とか、

どうせまた大した事ないのに!
とか、、、


人は被害が起きないと行動を起こさないかも?しれません。


しかし、
用心した結果の無駄な「労力」と、
無用心な上での災害発生後、被害への「労力」(金銭的も含め)

どちらが大きいか?


「災害には臆病ぐらいがちょうどいい」


本当に最近気付きそう思い、現場責任者から末端まで指示を出します。

まだまだオガサも完璧ではありませんが、災害対策や現場の養生・安全対策なんかも
これで本当に大丈夫だろうか?と臆病になる向上心が必要かと・・・

「想定外を想定する」その深い読みが俺たちプロだと思う。
(臆病と言われても、無駄になろうとも)

IMG_1187
IMG_1174
使用前                      使用後
2014年8月3日 午前の自宅前

(3年に一度起こります。もう十分想定内です(笑))


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。