こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


少し前に行った屋根改修工事。
無事に無事故で終了しお引き渡し。

その後、オガサでは施工保証書を発行しておりまして、
その保証書にはカルテのように工事内容が記録されています。

その写真整理を行っていたトコロ、偶然の賜物
22e4c4f4-s
高架を走行中のJR列車内から撮った施工写真。

これは貴重です!

何せ、屋根がデカイから全体写真が撮れない!
高い所に上がりたいも瀬戸大橋しか無い!(笑)
18bf1af2-s

見事!逆流し撮りで美しく納ってました。
丁度中盤、片棟を施工後の写真です。

白黄っぽい屋根上に棒のように見えるのは既存の金属屋根に特許製品の金具取り付けている状態。
そして、新しくガルバ鋼板の屋根をカバーリング工法で(古い屋根を剥がずに重ね葺き)リニューアル。


詳しくはこちらの施工事例で。。。(リンクページは9月30日から見ることができます。)


オガサでは施工品質はもちろん大事なことと考えていますが、
その後数十年使う建物の「修理トレーサビリティー」も大事だと考え、
ISO9001の品質管理システムを構築し、施工管理を行っています。


かかりつけのお医者のように、一度施工させて頂いたらきちんと見守ることが使命ですから・・・

屋根ドクターとして。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。