こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


びっしり詰まった若手T君の工事段取り表。
IMG_1914
一部の工務店の戸建住宅の屋根・樋工事メインですが、もはや半日刻みの超過密現場施工スケジュール。
高知市内近郊が多いですが四万十、宿毛の西方面もちらほらと・・・


そこへ雨や台風だのが来ると段取りが一気に崩れ、リスケジュールの開始です。
各元請け担当者と連絡を取り合いながら、オガサ先輩職長と段取りをしていきます。

現場工程は「水モノ」ですから初期工程通りに進んでいることなんて滅多にありません。
早速、工程を遅らさせてもらう現場をピックアップし、元請け担当者に連絡していきます。

「いや〜普段、急に無理言ってお願いする事もあるからお互い様だよ。いいよ!1〜2日なら」
となればいいのですが、全てがそうとは限りません。



お願いしていました。(少し開き直って)この天気だから仕方がないと・・・



T君はかなりのお叱りを受けた模様。
現場都合を優先しなくて、自社都合を優先したために

当たり前です!


しかしその後、先輩職長がその元請け担当者にそっとフォロー。。。
そしてT君を優しく厳しく叱ってました。
DPP_0022

仕事としてオガサとして何が大事なコトか?

この実践と経験が彼を成長させていきます。


元請け建築会社さまの担当者には少々ご迷惑をお掛けしますが、
互いの若手スタッフの育成のため、厳しいながらも長い目で育てていく。
(私達、下請け専門工事業者も時には元請け会社の若手社員を叱る事もございます)
それが双方の若手スタッフの教育・成長かと・・・

互いにお取引先に育ててもらう、これまた大事な社員教育ですね!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。