こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

昨日に続き、壁の剥がれや雨樋の脱落から始まり、瓦屋根の飛散等・・・屋根の損害。
そして、屋根の完全崩壊が数件と今回の台風強烈さを改めて実感しています。
DSCF0827

昨晩も営業・監督・職長・スタッフが集まり、状況の共有と今後の対応を打ち合わせ。
時間ともに状況が変わる災害後の一週間。

ここでムダ無く迅速な対応力がオガサパワーです!
DSCF0806

しかし、一方では改めてオガサの災害時対応の見直しが必要だと考えました。
当初、多少の混乱気味でしたが現時点ではスムーズに通常業務も含め対応できていますが、
これが最良のプロセスなのか???


今回は日曜日の後半に台風
被害発生
 ↓
翌日、月曜日に要請や問い合わせを頂き、
 ↓
すぐ対応!
お行儀が良かったカレンダーですが。。。

災害はカレンダー通りでもないし営業時間内でも無い。


仮に休日の前日に災害被害が発生した場合、翌日が休業日ですので会社はお休み。
するとお客様は困っているのに対応ができない事態になってしまいます。

これではイカンと災害時対応の見直しです。

まず、台風接近中に位置勢力情報と各現場の状況を朝礼で確認はもちろん、
どう共有するか?

そして、営業時間外の電話対応をどうするか?

万が一、夜間に被害が発生した際の二次災害防止への対応策・・・
などなど課題がでてきました。
PA230767

毎日のことでは無く「たま」に起こり「稀」のコト。
屋根の困りごとを解決することがオガサの仕事。
災害時の緊急を有する時に役に立てなくてどうするんだ⁉︎

対応力強化作戦の組み立てです!


さて、稀にでなく二週連続で台風が接近中!
22号が週末上陸か?


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。