こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


台風一過&週明けの月曜日

先週の台風21号に比べると昨日の台風22号は大きな被害もなく足早に過ぎ去りました。

しかし、修理の依頼が建設会社をはじめ、直接お取引のあるリピーターさんや
新規エンドユーザーさんまで、今日も依頼が十数件。。。

最初は他社に対応をお願いしたけど断られて、オガサに連絡を頂いた方も少しありました。

このような状況ですので正直、少しお待たせするかもしれませんが
対応力が好評なオガサです!

お任せ下さい!
DSC01158

営業工務スタッフは当然ながら現場確認対応をしておりますが、
現在は工事部の技術職人にも現場確認対応を手伝ってもらっています。

猫の手も借りたい状況で、特に技術職人は修理対応に集中させたいところ・・・
ですが・・・

初期確認対応は「営業工務部!」
修繕工事は「工事部!」


と、すると被害状況の把握が2〜3歩遅れ、修繕工事自体の遅れを発生させます。
それは、地域方向性を度外視した行動段取りだったり、
資材や機器の調整が効かず効率の悪い施工になるからです。

応急処置も含めた現場確認対応をしているので修理対応が遅いイメージがありますが、
先約や順番を確認しつつ、緊急性を要する工事と地域方向性や資材・機器のやりくりをして
段取りします。

総合的に判断しないと「バタバタ&アクセク」するだけで超非効率的になり結果、
お客様に迷惑を掛けますから。。。


今日も皆が数件掛け持ちで修理工事。

日もとっぷり暮れてクタクタでの帰社ですが、爽やかにイキイキと明日の工程を確認しています。
IMG_2236

この従業員同士の笑顔を見るとホント・・・無事故に感謝でホッとします。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。