こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

いや〜今朝は一気に寒くなりました。
朝の気温8.8℃! 
11月下旬の寒さになり今季最低気温です。

こうなると怖いのが

「夜露」

屋根工事の天敵の一つです。

朝イチの屋根は夜露で大変滑りやすくなっています。
合わせて、日暮れ近くにも結露が始まり屋根が滑りやすくなります。

3寸勾配以上の屋根だと施工中のガルバ屋根には上がることはできません。

日射を受ければすぐ乾き問題ありませんが、北面やビルの影、、、特に郊外の山影は要注意!
前日に明日の施工段取りと夜露予測をしていなければ朝イチ施工は無理です。

さらに、ガルバ屋根を施工する前のブルーシート養生状態ではもっとシート上に上がることはできません。
施工のために剥がすことも考慮して養生してなければ朝イチパニック状態です。


そして、本格的な冬シーズンに入ると今度は「霜」に同じく注意がスタートです!


台風はもちろん降雨や突風から始まり、屋根の施工には気象状況の把握は必須です。
IMG_2243

今日で10月も最終日。
早いもので今年も残り2ヶ月です。

会社前の紅葉も綺麗に色づきました♪


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。