こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


早いもので11月も中旬に突入し、今年も残り50日を切りました。

来月は待望のスキーのシーズンイン!

昨晩は自分が属する四国モーグルスキーチームの高知ミーティング飲み会。

0816tenodaw

老若男女が集まって。。。と言いたいところですが自分なんて若手の部類。
スーパーパワフルなおじさんおばちゃんのグループです。(笑)

特に50代の元気さにはビビります!
殆どの方がモーグル&サーフィンの2足のワラジ。


さて、乾杯前の今シーズン注意事項の打ち合わせ。


その一つにモーグルコースの作成と維持、メンテについての議題。

スキー場から公認されているとは言え、ゲレンデの縁にコブコースを作成する。
四国のモーグル事情。
明確な「コース表示」や「只今メンテ中」看板の表示がないので、一般の方からコースが
「どこに?」「どういう状態?」であるのか分からないと危険だというメンバーの意見。

そうだよな〜 
「威圧感が無い、紳士的な表示」で皆が安全に楽しく滑れるようにと、満場一致。

そして、乾杯〜!
0001883

毎日行っているオガサの工事も「危険ポイント」や「災害防止策」を近隣や第三者へのアピールを
過大なくらいで行っていないと、ヒヤリ・ハットや事故は防ぐことは出来ません。

自分たちの常識で「見たらわかるだろう」は最も危険な安全対策。
バリケードに表示看板、必要ならばガードマンをしっかりと適宜に配置が大事ですね。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。