こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


マンションの屋根改修工事です。来週から作業用足場を組み立て開始です。
DSCN2069

10月の台風災害で屋根が損傷した鉄骨造マンション。
棟包みカバーが全損し、屋根本体のカラーベスト数十ヶ所破損していました。

それなりの築年数が経っていますので、長期に渡ってノーメンテが希望のオーナー様。

既存カラーベスト屋根にガルバルーフカバー施工です。
DSCN2071

被害の調査や測量は高所作業車にて行いましたが、
さすがに工事は外周全てに作業用足場を設置しないと施工できません。


しかし、足場業者曰く、、、
「組みたくても・・・足場資材が無い」。。。

その足場業者さんから先日、お詫び&お断りのFAXも頂いていました。
マジか!!!予測はしていたが・・・

オガサの技術や施工体制も作業用足場が無ければ発揮のしようがありません。


オガサだけでも数十件、足場を設置していますので、
これが高知市内、イヤ・・・
高知県内の建築物になるとかなりの足場が設置されているでしょう。

10月の台風災害で特需がハンパ無く、その影響です。


しかし、ありがたいことに普段からお世話になっている足場業者さんが、
優先的に対応してくれました。


小さな工事といえど災害復旧。
困っている方(施主さま)へ優先的に設置して欲しいとお願いすると、
何とか対応するとのコト。

「普段はこっち(足場業者)の都合に合わせて設置しよるんで、
 こんな時は融通つけますよ!」

本当にありがたいことです。

このような時だからこそ普段のお付き合いがホント肝心です。

仕事といえどお互い様の精神でお付き合いが無いと、
このような時に無理を聞いてくれなかったでしょう。
DSCN2067 2

足場業者さん・良し
オガサ・良し
施主様・良し

「三方良し」ですね。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。