こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


南国高知も今日から大寒波!!!
わざわざそんな日に、チョイと山間部へドライブです(モチロン仕事)
IMG_5870
伊野と吾北の境目辺りはまだ天気も良くて、道路も除雪。
これなら大丈夫と思い進みます。


なんの事はない、、、本川村へ入ると一気に急変。
さすが高知のチベットです。

脇の県道に入るとこのザマ。
IMG_3858

もはや北国です。

そして、、、
CIMG0359

旧本川村、登山口にあるトイレ棟もこの雪。
平成29年度内に屋根を葺き替えする工事の現状屋根の確認です。


車から伸縮脚立を取り出し、「屋根材」をチェック。
雪かきをして(笑)
CIMG0361

屋根は薄型スレート(通称:コロニアル)カラーベストでした。
そして、凍害を起こして割れ剥がれになっています。
これでは雨漏りもするはずです。

ここは四国の中でも寒冷地。夏と冬の寒暖差が40℃はあります。
冬は真冬日となって気温が全日−マイナスの日も。


水は凍ると体積が増えます。
ですから、スレートなどセメント系材料に染み込んだ雨水や融雪は
凍る時に窯業系屋根材を破壊します。
(冷凍庫に瓶ビールを入れ、忘れて砕け散って嫁に怒られる現象です)

これを建築建設用語で「凍害」といいます。

高知ではあまり縁が無いことですが、流石に山間部では大事なコト。
地域性による自然環境への対応は屋根もとても重要です。
CIMG0367

更に降雪が酷くなり、命の危険を感じて退散!

しかし・・・???何でもって・・・???
管理人と自分とのスケジュールが今日しかないとしても、こんな日に来なくても(爆)
IMG_3863

スキーじゃあるまいし。。。どんだけ雪好き???


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。