こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


かれこれ40年位かな?
親の代からのお付き合いあるお客様のところへ工事の延期相談です。

1月中旬頃~末に屋根の葺き替え工事をしましょう!

と、打ち合わせしていたのですが・・・
敢えて延期の相談です。


あくまでもお願いではなく、相談なんですです。


じつは、修理や工事を依頼される方にはそれなりのストーリーがあります。

緊急性を要するものから将来的なモノまで。





しかし、医療業界でいうトリアージとでも言うでのでしょうか、

工事の優先順位を発生主義だけではなく、緊急性や重要性で判断することもあります。



もちろん依頼される方の事情が最優先です。


年度末まで、、、

決算まで、、、

雨の時期まで、、、

皆さんそれぞれなご都合があります。



おかげさまで受注も多くて忙しいオガサ。

昨年秋の台風災害修理なんかもまだまだ施行中です。



延期の相談をしなくてもそれなりにの工程を組むことはできますが、

ガチガチ満タンは如何なものかと?


全力目一杯の工程を組むと、、、

天気に左右されたり、はたまた・・・

急な工程変更や突発的に起こる雨漏りなどのトラブル対応ができなくなるからです。


特に急を要する修理のお問い合わせに対して、

「予定がいっぱいなので対応できません」とはなかなか言えないじゃないですか。。。



ですから、オガサでは融通の利かなくなるようなガチな工程は組みません。

だって屋根ドクターですから。。。

DSCF2070


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。