こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


この冬は例年と違って寒さが厳しい寒冬。

高知市も朝の気温が1月後半からほぼ連続で氷点下でして、
昨日の旧本川村の最低気温は-10℃を下回っています。

スキー場より寒いでないかい!


まだまだしび凍る寒さですが、暦の上では立春。


寒さ厳しいのもあと少し。。。

昨日7日には高知でも「たんぽぽ」の開花を観測したそうです。
DSC03149

さて、立春が過ぎて春分になりますと高知の春も夏に向けての準備となります。

昨年夏から秋にかけて屋根の暑さ対策の問い合わせを頂き、
見積り提案をさせて頂いていた工場さまから先月中旬より、続々と
エコ遮熱ルーフへのリフォーム工事の再問い合わせ&発注を頂き始めました。

今日もいの町の製造業さまからの問い合わせに、工場へご訪問&調査をさせて頂きましたし、
昨日は南国市の建機メンテナンス工場さまから大きな発注を頂きました。
(ありがとうございます!)

こちらのスレート屋根の工場は夏の暑さが半端なく、工員さんの熱中症対策が早急課題です。
(スポットクーラーでは「焼け石に水」状態。。。)

また、雨漏りによる工場作業にも影響が発生し、梅雨までに改修工事を行います。
DSC03150
屋根の老朽化改善&暑さ対策の「エコ遮熱ルーフ」
更に・・・
工場の稼働を止めずに普段通りの操業もできる「エコ遮熱ルーフ」


屋根ドクター「オガサ」がしっかりと治療させて頂きます!
DSC00168


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。