こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

この春から野菜の収穫荷さばき場として使用する、春野町の農舎。
1

現在、使用していませんが昨年秋の台風で屋根スレートが一部ぶっ飛び、
その改修もかねて屋根の全面改修カバーリング工事です。

そのついでと言っちゃなんですが・・・
作業スペースになる一部のところはエコ遮熱ルーフで夏の暑さ対策も同時に行います。


この農舎。平屋で屋根が低く天井も無い。
だから・・・夏場とにかく強烈に暑い!!!

農家さんはこれはどうしようも無いと諦めていましたが、
ココ暑くないですか?大丈夫ですか?と、お聞きすると・・・

「何とかなるんですか?」

お任せください。
屋根ドクターが解決いたしましょう!

一部をエコ遮熱ルーフ仕様で施工します。
2

低い建屋ですが、低いからこそ要注意です。
平屋でも転落事故って結構起きているんですよ。

ですから、オガサでは屋根の高い低いは関係なく、
作業員の安全確保と現場マナー向上の為に、足場設置は必須です。

さて、墜落落下防止足場も設置し、いよいよカバーリング改修工事のスタート!
3

少し遠目で見ると・・・サティアンのようですが。
4

オガサエコ遮熱ルーフのチームも乗り込み工事スタート!
約1週間で完成するでしょう。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。