こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日お客さんと打ち合わせしていると、、、


神戸の竹中大工道具館


「アニメーションにみる日本建築ージブリの立体建造物展」


やっているよ~って情報を頂きました。

3


その竹中大工道具館、ずっと行ってみたいと思っていた博物館のひとつ。


自分、恥ずかしながら記事を見落としてまして詳しく教えて頂きました。

4


1984年、竹中工務店。
創立85周年を記念して企業博物館「竹中大工道具館」が開設されました。

images

 ~以下、竹中大工道具館サイト参照~

『大工道具は、品質のよいものほど摩耗するまで使われ、
 消滅するという厳しい宿命をもっています。

 また、戦後の高度成長を経て機械製材と電動工具が広まり、

 今日ではテクノロジーの発達とともに、手道具を使う職人は急激に少なくなってきました。


 消えてゆく大工道具を民族遺産として収集・保存し、
 さらに研究・展示を通じて後世に伝えていくことを目的に、

 1984年、神戸市中山手に設立されたのが日本で唯一の大工道具の博物館
 「竹中大工道具館」です。


 今日までに収集した資料は32,000余点に上ります。
 古い時代の優れた道具を保存することはさることながら、

 「道具」を使いこなす「人」の技と知恵や心、
 そこから生まれる「建築」とそれを取り巻く木の文化について、

 様々な企画展や講演会、セミナー、出張授業、体験教室などのイベントを
 定期的に開催してきました。


 そして2014年秋。
 新神戸駅近くの竹中工務店ゆかりの地へと移転して、新たな一歩を踏み出しました。

 日本はものづくりの国です。

 大工道具には、日本人ならではの美意識や心遣いが秘められています。

 ものづくりの国に生きる楽しさ、素晴らしさ。新しい気づきに満ちた道具との出会いの場となり、

 伝統のものづくりに新たな刺激を与えるような存在でありたいと考えます。』



このサイト、見れば見るほど行ってみたくなりますね~


建築そのものもデザイン性に溢れ、PC画面からでも引き込まれます。

2


自分たちの建築屋根板金業でも手加工用の道具はたくさん使んですよ。


金槌、木槌、鋏、掴み箸、差し金、当て盤、etc・・・

ひとつの工具でも数種類使いますので、総数ざっと100点は優に超えます。


今はスタッフに全て引き継ぎ、手元に道具はありませんが、
使い込んで手の脂が染みこんだ、鉛色する鋼製の「ハサミ」が懐かしい。

また収集癖が疼きます(笑)

6


神戸と言えば有名な酒蔵がありますね~

そちらも、気になります。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。