こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日の夕方、県西部でスレート屋根の解体中に

屋根からの転落事故が発生したニュースが

新聞記事に掲載。


IMG_4228 2

見た目では全く問題なく上がれそうな、スレート屋根。

人が数人上がって作業しても大丈夫そうな・・・スレート屋根。

IMG_2251

しかし、古くなったスレート屋根は本当に脆く、


・経年劣化でズレ落ちて下地鋼材に掛かっていない。

・ひび割れがあるも、汚れで見えない。

・人が上る荷重にすでに耐えれない劣化状態。


などなど、スレート屋根の弱点を知らずに上がると相当危険です。

IMG_2211

また知識があり、慣れている作業員でもついつい、

「うっかり」や

バランスを崩して

「ふらッ」

なんてコトは絶対に起こります。


なので、作業前の準備としてまず、

踏み抜き時の墜落防止ネットの敷き込みと

屋根上での歩行路確保が先行必須です。

DSCF2610
このシルバー色の波板鉄板が今回の歩行路です。



オガサでも現在、工場屋根の改修工事で

スレート屋根のエコ遮熱ルーフをカバールーフ施工にて行っています。


同時に高知港にある太平洋セメント土佐工場でも

鉄板大波の葺き替えを行っています。


両現場とも古くなった屋根の改修工事。


当然、屋根に上がっての作業。

2006_0502石膏ボード大屋根0003

今朝の朝礼ではこのニュースになった墜落事故を報告し、

作業前のKY活動にて、

・ヘルメットのあご紐の緩み

・安全帯の装着

・そして足元の養生と歩行路の確保


この3点を徹底するように指示出し!



そして、現場朝礼の為に先発隊として出動しているメンバーにも

連絡をして徹底するようにと再度指示をした今朝のオガサでした。


毎日事故がなく帰社するのはあたり前的に思いますが、

作業前のKY活動や仲間同士での一言の声掛けが、
 

もしかして・・・


無事故な一日一日を築いているかも?

20100211204443a21

いや・・・絶対に築いています!!!
 


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。