こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


朝礼時のラジオ体操の前やスタッフが現場へ出る前、

さらり~(ガン見!)とトラックや営業車を覗きます。

IMG_3453

運転席や荷台、資材や材料などの積載方法まで。。。


混載積みにしてる、ヤング

使用する順を考えて積んでる、ベテラン

IMG_2045

あー!

人前に出れないレベルでは無いですよ、決して。。。

キチンとできていると思います。 

あくまでも社長として、メチャいやらしい目線レベルでの話しです。(笑)

dougu

さて、
道具箱や工具ケースなど

ゴチャゴチャと色んなモノを常に持っているスタッフもいます。(汗)
 

そりゃあれば便利でしょうけど・・・で、前回はいつ使ったの?



と、いうよりも、、、


そもそも・・・ですけれど、


それを使わなければいけない様なシチュエーション、



ダメじゃね~?



23年に一度使うか使わない道具や副資材も

もしも!のために道具箱へ。



ピー!!!

そんなことやってたら、ゆくゆくは

トラックに工場を積まなくちゃいけなくなります。。。



分かりますよ、気持ちは分かります。

いや~「○○○」持ってて良かった~♪


現場職人、あるあるです!

特に増築工事やリフォーム工事。






ですがね、

油断しているとあれもこれもとなり、

必要時に道具を「探す」ことからスタートになる

悲しい状態になります。


まるでその人のアタマん中状態。

優先順位が明確にできなくなるんですよね~



ですから・・・いつも忙しい。


朝早くから夜遅くまでバタバタしています。



さらに、仕事の遅延や抜かりがポツポツあり、

残念ながら周りから指摘されちゃったりしちゃいます。




自分がまだ20代半ばの若い頃、

職人としてトラックで初めての現場へ工事に行ったとき、


「君は若いけど安心して仕事を任せられるよ!

 トラックの運転席や荷台、

 そして道具箱が整頓されている。


 むしろ、仕事はできると見た!」



なんて、ドラマさながらの様なことをベテランの現場監督に言われた記憶があります。

それから、単純なB型自分は「豚もおだてりゃ~」的に

ガンガン仕事をこなしました。

(昔杵柄的な少々の自慢です(ドヤ顔))


単におだてられたのかな~?



聞くところによると、

実は、、、ウチの若手スタッフも全く同じ事を経験した者がいて、

受注に至ったケースもあったりとか。

(時代も場面も全く別モン)


身の回りが片付いているヒトは頭ん中も整理されています。


忙しいときこそ、あえて時間をつくり

整理・整頓・清掃の3Sを行い直す。


車や机や引き出しがチョッピリごちゃのアナタ

優先順位が明確なスケジュール管理できちょります?

(自戒の念をこめて)

images (2)

毎日の3Sがキチンとできている方々には

ちゃんちゃらおかしいコトですが。

 

では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。