こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


で、、、


昨日の続き、吾北からの帰り道。

またまた車走行中の携帯使用で、伊野と春野で2台が捕まってました。

ダウンロード (3)

2台とも真後ろに白バイがいることに全く気がつかずの赤色回転灯停止命令!


自分も良く遭遇したモンっす。2回も。。。 




この背後警戒認識力不足。




なぜ?



皆さん不覚にも背後をとられるのでしょうか?


電話の内容に集中して、背後へは全く神経いっていなかった模様です。

(そこ問題ではなく、道路交通法で決まっていますが)




例えば屋根施工の際のビス留め作業。
 

前進作業では全く問題がありませんが、
後退しながらのビス留め作業は厳禁です!


見ての通りです!

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3c5

作業に集中すると背後の感覚が無くやなり、

やがて・・・軒先端部からの墜落落下事故となります。


これがの軒先の低い方から、高い棟の方向へバックで進むと・・・

墜落事故はほぼ起きません。なぜか・・・


逆に高いところから低いところへと、
棟方向から軒先へと進むと(集中している場合)
距離の2/3までは気を付けて慎重ですが、

軒先寸前で施工に集中力倍増で・・・おっとっと!状態です。



ですから、、、
 

屋根上でのバックオーライ作業なんかとんでもない! 

危険箇所へ背中を向けて作業することは
まるで飢えたライオンに背を向けるようなモノ。

危ないアブナイ。



武士たる者、敵に背を向けるな!

「屋根人たる者、軒先に背を向けるな!」


作業前KY活動で再確認の必須項目です。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。