こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。



とうとう5月、GWです。

そして平成も残り1年。

20060425092710

思えば・・・

高校三年の正月明けでした、

「平成。。。?変じゃね!

そんなスタートな記憶がございます。 


そんな元号とのお付き合いも早いモノで30年経ったんですね。


人間慣れるモノ・・・

というか元号に時代が沿ったのか、

分かりませんが。


あと1年と思うと、

ドラマの最終回のようで、ちと寂しい気分。


平成を満喫しておこうと思った5月のスタートです。



さて、そんな春。

 

天気が安定していた4月は、

住宅屋根を瓦屋根から軽量なガルバリウム鋼板への

葺き替えの依頼が多い月でした。


題して「軽量屋根変身プロジェクト!」


昭和56年以前に建てられた家屋は旧耐震基準で設計されています。


近い未来に必ず起こる南海地震では

倒壊する確率が非常に高いデーターも出ています。

(阪神淡路大震災の大きな被害原因とも・・・) 



その耐震対策のひとつとして効果がある、

軽量屋根への葺き替えプロジェクト!。


屋根を瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えると、

重量がおおよそ1/7と大幅に軽くなります。


人間のダイエットと比較はできないですが、

屋根(家の上部)が軽いと地震の揺れに対して明確に効果的です。


重い帽子と軽い帽子どちらが負担が無いか?

答えは簡単ですよね!


そんな建物に負担を掛けない耐震性が大幅に向上する、

「軽量屋根変身プロジェクト!」

D_01

ガルバリウム鋼板の軽量屋根は

地震から家を守る最強の屋根です。



では、また明日!



金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、

雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。