こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


平成13年に発生した芸予地震。

その地震と屋根の関係を伺いに広島県へ。

bullet-train-1918480_960_720
訪問先の廿日市沿岸部では液状化現象の被害が大きかった模様。
(そちらは専門ではないのでさておき)

 
この地震でも県東部を中心に旧耐震基準の古い家屋が大きな被害を受けいます。


中でも屋根が重い住宅の被害が

当時の写真を見る限りでは多い事が分かりました。


改めて屋根の軽量化と旧耐震基準の建物は

耐震補強工事が必要だなと思った次第。



さて、懇親会まではまだまだ時間があるので、

広島観光の「鉄板コース」 宮島は厳島神社へ足を伸ばしてみようかと。

IMG_4494

さすが王道の宮島。

修学旅行生だらけのハイスクールな島、宮島(笑)


自分のスーツ姿が異色です。


ところで

フェリーで島へ渡り、振り返ると廿日市の山肌に張り付くような住宅地。

太平洋沿岸部ではなかなか見られない光景。



「へ~さっきまで居た街は・・・

 こんなロケーションの土地柄なんだ。。。」

とビックリ発見。


台風や津波への対策が高知とは少し違うが故の街つくりでしょうか。

IMG_4495

ということで、

普段見ているモノや取り組んでいるコトを

たまには立ち位置をかえて見直せば、新たな気付きや発見があるんだな!と。


「灯台下暗し」の変化球バージョンを感じた次第。


そんな発想の起爆剤的な厳島神社への参拝でしたとさ。



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。