こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


先月から施工中の工場内暑さ対策と雨漏り改修工事を
「エコ遮熱ルーフ」でカバーリング工事。
DSCN2994

晴れの日にはアルミ製遮熱シート「リフレクティックス」の太陽光反射が強烈で、
施工スタッフはサングラスにマスクと「変質者」状態での施工です。
DSCF2724

でなければ、顔面の日焼けが相当酷く、
建設・建築業界の職業病「ヘルメット焼け」に一日でなっちゃいますから。
DSCF2727


そんな現場も本体屋根の施工をほぼ終了し、
仕上げ工事に向かいます。

これからベンチレーター笠の部分の塗装と
角波ルーフの軒先に部材を取り付けて完成ですね。
20180501_112811798

ここ最近の抜けるような好天候。


そろその本格的に気温が上昇してくる時期の前兆です。

まだそんなに暑くはないですが、チョイと工場内の温度測定をしてみました。
DSCN3448
未施工部分の屋根裏面温度が52.2℃

DSCN3582
施工完了部の屋根裏面温度が23.7℃


その差、ナント「28.5℃」!


これから夏に向けて気温が上がれば、確実に30℃以上の温度差になるでしょう。

そうすると・・・
体感温度も相当実感できる差が出まね。
(もちろんデーター的な黒球温度も)
P5010054

工場内で作業している方々からの驚きの声が楽しみです。ウフフ♪


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。