こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。


数年前に施工した四万十町にあるお家。

14933579110s

この、シンプル&モダン&シャレオツな屋根が我ながらとても気に入ってるんですね~


R56号沿いにあるので、通る度に立ち止まって眺めちゃいます。

ニヤニヤしながら。



実はプランつくりの際、県内複数の同業者は施工不能と断ったそうです。


ですが、皆が施工不能と言えばやってみたいじゃないですか!

14933579810s

要するにこの寄棟の屋根。

東西と南北の勾配が違います。


どういうコトかというと、

傾斜がキツい面は棟から軒先まで距離が仮に4mとしましょう。

となると緩い面は距離が増えます。

(当然ですが)


ですから、、、

屋根材の規格が仮に1mとすると片面は4段で、

もう片面は5段になります。


そうすると寄棟のこのシャープさが表現できなくなるんですよ。

(なので、皆さん施工不能だと・・・)


オガサも最初は悩みました・・・どうやろう。。。?



スタッフと、あーでもない!こーでもない!とね。


で、結論。

「先に割り付けをして、それに合わせて作ればいいじゃん!」


ほう~単純明快!

さすが!職長!!!


14933579652s


「いつもこうやっているから・・・」

「そうやると大変で・・・」

「これでやると、こうしかできんで・・・」


なんて、

工夫や発想の転換が無ければ、オガサも断っていたかもしれません。


でも、考えれば策は出るんですね。


「三人寄れば文殊の知恵」と言うではないですか。
(良かった。。。文殊さま) 

14933579651s
そんなコトを思い出しながらニヤつくのでした。


 
では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。