こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日の雨も上がったて今日は気持ちのいい快晴。

気温もぐいぐい上がって28℃


完全に初夏の高知です。

そんなオガサも雨漏り修理の現場が盛り沢山になってます。


その一つ、司牡丹酒造さんの倉庫の雨漏り修理が今日からスタート。

天気を見て、降水確率0%の時期にしかできない「谷樋」の交換工事です。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2af6

谷樋とは屋根と屋根が交差する谷間の樋。

雨水が集中する部位ですので、この樋の交換作業は雨に降られるとアウトです。


修理しなきゃ製品に影響が出るので、今日から3日間で集中投力です。



さて、今宵。

スタッフ打ち合わせルームでは現場職人2年目のJ君が

別の改修工事の担当をやってます。

彼は担当へ自らの立候補者した、強者です。


自分で測量して、簡単な図面を作成し

その施工計画を先輩にチェック&アドバイスを貰っています。

ダメだしなんかも少々ありますが、それが経験を重ねるんですよね。


若手が取り組み、先輩がそれをチェック&フォロー。


イ~流れです

IMG_4685

スキルアップしようとするその前向きな姿勢を

会社として全面的なバックアップ体制をしていかなきゃ!と。


気合いが入った次第。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。