こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


【今日の天気予報】 


雨のち曇り

雨時々曇り


メディアによってこの時期の天気予報はまちまち。


ん~・・・


都合の良い天気をチョイスです。(笑)

ダウンロード

さて、梅雨にも入り、

先日からお問い合わせで増えているのが

古い瓦屋根からの雨漏り。


築年数が経ってくると、
どうしても瓦は雨漏りが起きるんですよね。


瓦自体は重ね方式で止水をしていますので

台風など雨風が強いときには若干雨が侵入します。


そして、下葺材の劣化による雨漏り。

それを瓦直下で止水するのが下葺材(防水シート)です。


瓦が1次防水を担当して、

下葺材が2次防水を行なっているイメージです。

図1

その1次防水を突破させる原因が、

・「瓦の痩せ」

・ジョイント部に生える苔

・塵やほこり

・そして、塗り替え塗装の時、「塗装塗膜」

そこへ、台風などの強風雨が起こると雨漏り発生!


実は経年劣化で台風などの強風雨の時に
入水するのは大前提なんですよ。


瓦やカラーベスト(コロニアル)は
この下葺材(防水シート)が非常に重要です。

メーカーでもある一定水準以上の防水性を持った
シートでないと推奨していません。


ですから、目に見えない瓦直下にある
下葺材(防水シート)の劣化は
屋根性能自体の劣化に直結します。



また、塗り替え塗装した瓦が
雨漏りを始めたなんてケースも多いですね。


重ね式の瓦やカラーベスト(コロニアル)は、

その継ぎ目から毛細管現象で雨を吸い込みます。


それを塗装の塗膜がパッキンと化し、
雨水の排出を堰き止め雨漏り発生です。


この雨漏りが厄介なんですよ。


お客さんは古くなった屋根をキレイにして、

リフォーム&雨漏り防止!のつもりが、、、

その後直ぐに雨漏りが始まる・・・

be

瓦やカラーベスト(コロニアル)の様な重ね式の屋根材の場合、

塗り替え塗装の時の「塗装塗膜」に注意です!!!

enkiri004-01_1

塗り替えは比較的新しい瓦や
カラーベスト(コロニアル)には効果的ですが、

劣化や痩せが起きている(雨漏りいているなんて論外)時は

十分に調査、計画を行って
慎重にリフォームを行ってくださいね。


さて、ブログの書き始めは雨でしたが、

今は止んじゃいました。(時々雨予報ですから)


不安定なこの時期の天気。

でも、現場は再スタートできるな!



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。