こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


スターバックスがアメリカ国内で

8000カ所以上の店舗を一時的に

一斉休業したニュースがありました。
 ダウンロード

従業員約175000人に向けて顧客対応向上と

人種偏見についての全員研修をしたそうです。


この種の研修をこれほど大規模に実施したのは

前例がないとのこと・・・


全店舗を一時的に休業にするというこの研修では

8億円の売上が失われるという。。。


ヒィ~!




その売上もさることながら、

その人数を一斉に研修できる

マネジメントシステムも度肝を抜きます。



でね、、、

その規模やシステムはさておき・・・



事故やスタッフの対応がマズかった時など

「オガサではどうかな?」

って考えたんですよ。



人間ですから間違いを起こすコトもあれば、

お叱りを受けるコトも時にはございます。ハイ。

(開き直りじゃ無いですよ。。。)


その時、大きい小さいは別として

全社員で問題を共有し、再発防止策はもちろん行っていますが、


「全スタッフの懐に落ちているか?」


ここです!



個別のメンバーだけで反省、対策を行っても

別のチームで再発する恐れは十分にあります。


例えば・・・

施工でご近所にご迷惑を掛けたり、

お客さんへの確認が不十分で

結果、信頼を裏切る様なことがあったりなど。。。


それが発覚したときに、全てに優先して

原因究明を含め、再発防止対策に

全スタッフが務めるコトができるか?

だと思うんですよね。


状況の確認と再発防止策を立て、

それをトップがスピード感を持って

全社員の前で、自ら

指示・アドバイスを行う!


要はスタッフの懐に落とし

自ら行動できるスタッフを育てる。


これだな!と。



そこに掛かるコストは

お客さまからの信頼とスタッフの成長ですので、

プライスレスですよね。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。