こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


梅雨の合間?の快晴で週のスタート!

なんともい~い気分です。


先日から団地内で企業さんの工場の外壁工事を行っています。

体育館レベルの工場が2棟隣接していますので、

結構なボリュームなんです。

IMG_4769

ガルバリウム鋼板製の「角波サイディング」を

縦貼り仕様でガンガン施工中です!



実は・・・昨日、、、

作業がスタートして直ぐお客さんである社長さまから

マナーの指摘が自分に直電で入りました。


まさかの事態です!


常にマナーに関しては朝礼やミーティングで

度々、指導・教育しているつもりでしたので・・・


直ぐ作業を中断して全員を事務所に戻し

緊急ミーティングを行いました。


当然、該当者がおりますので事情を聞くと、

(百歩譲って)分からんでも無い
言い訳。


しかし、お客さまや第三者からみて

「マナーが悪い」など

不快に思われた事実が結果

「事実」なんです。


どう行動しようと不快に思われたらアウト。


それは長期に渡って信用を頂いていても、

一瞬で信用は失います。


結果、お客さんは黙って離れていきます。


自分自身の行動は割と見えないモノです。

しっかりと気を付けていても

その方向性やレベルがズレていれば結果は出ません。


マナーって気を付けてするのでは無く

自然に行いたいもの。

だから、まだまだ習慣付いていない証拠を突きつけられました。
 

今一度、個人のマナーから始まり、
社内外マナーを
再チェックです!



今回、スタッフの行動を

「まあこれ位は・・・イレギュラー」と見過ごさず、

間髪入れずに指導くださる、その社長さんに感謝です。


そして気がついたときに直ぐアドバイスができる

そのアクションを見習わなきゃと思った次第。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。