こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


昨日630日は輪抜け様。


日頃、何かとメンテナンスを行わせて頂いている

山内神社にお参りに行って参りました。

IMG_5073

高知県特有?の県下各地の神社で行われる

「輪抜けさま」

多くの人に親しまれているお祭りです。


高知の夏は

「輪抜けさまで始まり、志那祢様で終わる」とまで

言われてますからね。


茅の輪を八の字にくぐり、

身を清め、土佐の夏を無病息災で乗り切り、

今年の後半に備えるお祭りです。


輪をくぐるときは

「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命のぶといふなり」と

唱えながら回ります。

IMG_5075

そして、紙でできた人形(ひとがた)というもので、

体をなでて半年分のケガレを祓ってもらいました。


夜は妻と地元の大国さんへの輪抜け様。

(今日2回目でやんす)


御利益あんのかな?

0630


さあ、今年の前半が終了。

明日からは2018年の後半戦です。


無病息災を願うハシゴ輪抜けの週末でございました。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。