こんにちは!


オガサ製工の小笠原孝彦です。


ちょっとした赤チン的ケガが最近連発したオガサ。


梅雨時期は工程が進まなかったり、

変更が多かったりと作業が不順になります。

すると、当然ながら作業日が減るので忙しくなります。


ですが、日本全国的に大昔からの気候「梅雨」

ケガの原因を忙しくなった天候の理由にしても

何も解決策にはなりません。。。

ダウンロード

さて、今回のケガは

電動インパクトドライバーでビスを止めているときに

指で押さえていたビスが誤って転び、

そこをビットで突き込み、指を負傷する事故でした。

(大したことにはなりませんでしたがね・・・ふぅ)


業務上、ガルバリウム鋼板を工場で加工し

部材となり運搬して現場へ取り込んでいます。


そして屋根や足場上の施工ですので

どうしても不安定的要素は発生します。


また、ガルバリウム鋼板は薄くて堅いので

うっかり不注意で作業をすると

端部でひっかき傷や茅で切ったようなケガの発生に繋がります。


だからといって軽微なケガをしかたがない・・・と

放置していい訳では決してありません。


まあまあ・しゃあない・・・としていると

その後、必ず重大災害が発生します。


これには「ハインリッヒの法則」というものがあり、

労働災害における経験則です。


1
つの重大事故の背景には、29の軽微な事故があり、

その背景には300の異常が存在するという法則です。

作業ミスや事故防止のバイブルだと自分は確信しています。
 

IMG_5091
幸い今回は大したケガでは無かったのですが、

その法則に則り、「気を付けよ!」で放置しないで

翌日の朝礼後に緊急ミーティングです。


原因解明と対策を全員で確認し合います。


ヒヤリとするような不具合をもっと出し合って事例を共有し、

このような軽微な事故を防いでいけば

重大事故は発生しないと確信しています。


ですからあえて時間を割き、再発防止を形だけでなく本気で取り組む。


これしかありません!


要はヒューマンエラーがほとんどですからね。。。



今夜は台風が日本海を通過して行きます。

離れてはいますが、

取り巻く雲が今夕からは四国地方へ影響でそうです。


今日、工事部メンバーは
現場の台風養生で
てんてこ舞いでした!


声かけあって、全員のご安全帰社を願う。



では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。