こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。



ここ数日の大雨で
雨漏りのお問い合わせをたくさん頂いておりまして、
その中でも瓦の雨漏りがチラホラと目立ちます。

972

風はあんまし吹いてなかったんで、
その瓦の雨漏り気になるトコロです。


というのも、台風などの強風時は瓦の隙間から雨が侵入して

雨漏りが起こることは多いんですが

今回の大雨、、、さほど風は強くなかったハズ。


一部の地域では竜巻や突風が吹いてはいましたがね。


でもね、築年数が経ってくると、
どうしても瓦は雨漏りが起きるんですよね。


瓦自体は重ね方式で止水をしていますので

台風など雨風が強いときには若干雨が侵入します。


瓦が1次防水を担当して、

下葺材が2次防水を行なっているイメージです。

図1

瓦やカラーベスト(コロニアル)は1次止水を突破した際、
この下葺材(防水シート)が非常に重要です。

メーカーでも室内への雨漏りは

この防水シートで止水を行うよう指示があります。


ですから、目に見えない瓦直下にある
下葺材(防水シート)の劣化は
屋根性能自体の劣化に直結します。


その1次止水を突破させる原因は、

・強風による吹き込み

・瓦本体の痩せ

・ジョイント部に生える苔

・塵やゴミ

以上の4点が主です。



今回の雨漏り原因は恐らくジョイント部に生える苔、

もしくは塵やゴミが原因で大雨を堰き止め

吸い上げや吸い込みが起こっていたと思われます。


いわゆる毛細管現象と呼ばれる雨漏りですね。


この物理現象、上から下へなんて当たり前。

横へ水を走らせる事もできますし、

水を下から上へと上昇するのも何のその。


この現象による雨漏りの原因解明は難しいですが、

理解していないと雨漏りは絶対に防げないし

止められません!


これが技術力とノウハウです!! 


雨漏りの解決には時に物理学も必要なんですよ。

IMG_4807

なんて・・・チョット気取って思った次第(笑)
 
 

セミが鳴き始めましたね!

梅雨明けはすぐそこ、これからの高知の夏本番は秒読みです!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。