こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。

 

お盆休みも終わり

夏の後半戦に突入ですね。

 IMG_5556

そんな長期休暇後はオガサでは一斉清掃から始まり

ミーティングを行ってから通常業務を開始します。

 

休み明けですから現場は早く作業を再開したいでしょうが、

午前中はグッと我慢です。

 

と言うのもですね。。。


長期の休みからヒトは一気に仕事モードにはなりません。

これを勢いに任せて流れで作業を開始すると

効率は悪いし、最悪な事故が起きかねません。

 

ですから、気持ちの切り替えと作業の暖機運転からスタートです。

 

まずは朝礼後に2時間の一斉清掃です。

梅雨明けから一気に繁忙期に入っていましたので

日頃の3S(整理・整頓・清掃)ができていないのも事実です。

 

ウォーミングアップを兼ねた一斉3S

 

その後、10時からミーティングルームで安全協議会。

 UNADJUSTEDNONRAW_thumb_2404

スタッフも若いですから

まだまだ体は休みモード。

もう一度、熱中症対策のお復習いからです。

 

そして、2本の動画で安全講習。

①ヒヤリハットから学ぶ新人作業員のための危険予知

②現場で活かす安全施工サイクル

 IMG_5562

作業開始前のKY活動で

今日の作業内容の確認と危険予知を行い

工事をスタートしますが、その再確認です。

 

一人づつコメントを発表して

いよいよ仕事モードに切り替え完了。

 


現場での施工や工場での製作作業

自分の身は自分で守るコトが原則ですが、

その環境を作ることは職場と会社の責任です。

 

人命に関わる1つの重大事故の背後には

29の軽微な事故があり、

その背景には300の異常(ヒヤリハット)が存在します。

 

統計的な経験則「ハインリヒの法則」です。

IMG_5559

動画やミーティングで周知徹底させて、
KY活動をしっかり行う。

これで事故がゼロになる訳ではありませんが、

この分かりきった、当たりの前のコトを行わなければ

事故は絶対に減りませんからね!


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。