こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


今日は津野町旧船戸小学校体育館で行われる

防災訓練へ乗り込みです。

DSC04119

地震倒壊死から命を守る防災意識啓蒙活動です。


なんじゃそりゃ?ですね。。。



実はですね、必ず起こる南海トラフ地震が発生時したとき、

揺れの始まりから「5分」が生命を分けます。


予想される南海トラフ地震は

マグニチュード9を超え、最大震度も6強。

そして揺れ始めから

最大3分間も揺れが続くと予想されています。


揺れ始めから3分、揺れが収まりそして

何が起きたんだ!?と

パニック的になるのを抑えて

呼吸を整えるのに2分。


計たった5分!


このときに建物倒壊に遭うと即死または圧死。

運良く命は取り留めても避難できなければ

その後30分以内に到達する津波から逃げることはできません。


また、もしかすると地震火災に巻き込まれるかもしれません。


そんな悲惨な被害が少しでも減り

一人でも多くの方が地震により命を落とさず

また大事な人を、家族を、地域の人を守ることができるよう

建築の専門として情報を発信してきます。


阪神淡路大震災や熊本地震

そして東日本大震災の現実と教訓を

少しでも多くの方々が取り組め

活かせればと活動しているんですよ。


それは、今日からでも地域の方々取り組める

ライフスタイルに合わせた倒壊死の防止情報なんです。

DSC04098


さて、先ほど現地は大雨との連絡を受けましたが

さすが旧東津野村船戸地区ですね。


県内トップクラス=日本でも指折りの年間降雨量地域です。

その雨が不入山にたっぷりと降り注ぎ

四万十川の源流となっていますからね。


地震がメインですが大雨、台風など自然災害への対応も

ダブル&トリプルで地域の方にお伝えして参ります!


明日は南国市の岡豊小学校の防災訓練に出動です。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。