こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


突然ですが!

自分のマシンはスズキGSX-R1100 87年式

初期型油冷です。

IMG_4083

もう31年も前のバイクです。

至る所が古びていますが

エンジンとフレーム&外装以外は

ほぼ新しい年式のモノに交換していますので

最新のバイクに引けを取らない走りができています。


勝手な自分比ですが・・・(笑)



で、ツーリングに誘われましてね。

ルンルンで気分で今朝は5時起き。


バイク10台で愛媛県は佐田岬を目指します。


6時前に表通りまでバイクを押して行き

エンジンを掛けるが・・・

バッテリーが非力でエンジンが掛からない!

(コイツは最近乗ってなかったんで)


慌ててクルマを取ってきてブースターケーブルを繋いで

やっとこさと始動。


しかし、暖気をすれども

今度はアイドリングが安定しない(泣)


騙しながらの走りで津野町の集合場所へ向かって

なんとか出発の7時にギリ滑り込みセーフ。


朝の新鮮な空気の中、気持ちよく走っていくんですが

極低回転でのキャブレターの調子が非常に悪い。


一般車に付いていくと

ギクシャクして走れたモンではないで、

1速落として回転を上げて走る。


でも、これが楽しくないんですよ。


やはり、一般道で一番使う回転域が不調なら

もはや終わったようなモノ


結局、城川町の道の駅で断念して

Uターンしましたよ(泣)


あ~19歳の時に行った佐田岬灯台への再会が・・・(大泣)

IMG_6277

さて、屋根ドクターはいつも

建物も屋根も「メンテナンスが大事です!」と

普段から言いまくっているのに


当の本人はバッテリー上がりでエンジン掛からないし

キャブレターもスラッジが溜まって、

アイドリング~極低回転が全く安定しない!


自分でも簡単にできる趣味のバイクでさえ

メンテナンスを怠っているとは・・・

医者の不養生というか、

大工の掘っ立てというか、

屋根ドクターとして「定期メンテナンス」が必要です!

なんて、説得力無いですね(笑)


バイクも(屋根も)メンテナンスってホント大事!

ってコトを今日は痛感しました!

(身に浸みましたヨ。。。)


しかし、今日はアツい!!!

道路の温度標識も30℃超えてるし 

10月も中旬なのにまだ

真夏日です。

ダウンロード

でもね、バイクで走っていても

キンモクセイのいい香りが・・・

秋はすぐそこでしょう。。。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。