こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


明日からウチの営業・管理の2名は

東北のメーカーに出張です。

ダウンロード

修行の旅です(笑)


メーカーによるモデルチェンジした建材の説明や

新工法のお披露目。

そして、

それを実際に先発して施工された

企業さんの説明会もございます。


オガサもメインの工事で取り扱っている商材なんで

気合い入れて乗り込みです。


研修スケジュールは

1日目は午後のみ

2日目は午前のみ

の、たかが1日コース。


ですがね・・・場所が場所なもんで・・・

四国からは23日になるんですよ。


さて、今回の研修は

会場が東北地方なのでチョイとコストが掛かります。

まず、出張経費が一人当たり10万弱

そして移動行程も含めると人工数で2×3


金額も確かにコストですが、

このクソ忙しい時期に営業・管理が延べ6人工も抜けると

もう会社は天手古舞いです。


こうならないために当初は2人別々で

9月、10月に行く予定だったんですがね。


でも、9月は台風で飛行機が欠航。

しかたなく断念し、

今回ダブルエントリーとなったんですよ。

(枠の関係もありますが、先延ばしはイヤでして)



正直なトコロ言うとですね、

東北まで行く時間と経費を考えれば

後日、資料を送ってもらえば済むコトかも知れません。


実際にそういうコトって良くあると思います。


しかしね・・・

そういう感じで手に入れた資料って恐らく見ないんですよ。

見たとしても、暇ができた時。

とうに旬を過ぎた状態で、何てザラです(笑)

(自分だけかも知れませんが・・・)


やはり時間と金を掛けて現地へ行き、

その雰囲気を感じ、実物を見る(ガン見で)

そして、担当や実際に従事された方の

実際の「生の声」を聞いて、質疑し

生の・・・現場の・・・情報を貰う。


これなんですよね!

これが本人の「懐に落ちる」一番の方法かな、と。


カタログや資料ではこの経験はできませんからね。

shutterstock_753515428

現場は教えてくれる!

やはり、これですよね。


では、また明日!


金属屋根と遮熱で高知の屋根を快適にする、
雨漏り修理も専門の【株式会社オガサ製工】の
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。