こんにちは!

オガサ製工の小笠原孝彦です。


ここ数日は12月とはいえない気温ですね。


今朝の気温は16℃

明け方の最低気温も15℃以上です。


ここ数年のデーターを調べても

10℃以上高い気温ですよ。

今日の最高気温も20℃を超えるらしいから

10月並の気温ですね。


現場の施工にはバッチグーの気候ですがね。



さて、こうも暖かいと雨が多くなります。

先日も雨漏りが発生したとの連絡を受け

お得意さまの倉庫へ屋根調査です。


屋内からでも屋根の穴が目視できます。

PA240019

こりゃあ雨漏りも酷いでしょう。。。


案の定、このスペースは使用禁止にしているそうです。

ですから業務への影響も大きくてお困り。


屋根を確認すると

全体的にサビなどの老朽化が酷い。

PA240032

長期間ノーメンテで使ってきた屋根です。

これ以上メンテをしないと下地まで腐食してしまします。


幸いにもコチラの倉庫は下地がしっかりしていますので

今の屋根はそのままで

カバーリング工法にてリフレッシュ工事を行います。


一般的には外部の屋根側から

下地に向けて固定金具をビスで固定します。


そうすると屋内に鉄粉などの切粉が落下するので

室内側は養生を行うなど

工場や倉庫の稼働を止めなくてはいけません!


しかし、オガサが提案する無塵カバー工法

「ゼロディールーフ」なら

特殊工法のフラワーサドルを使って

内部へ切粉など、塵を落下させません。


ですから屋根をリフレッシュ工事する際にも

内部への影響はゼロ!

通常通りの操業が可能です。


しかも屋根材自体が新品になりますので

数十年に渡ってノーメンテな屋根に変わります。


こちらの倉庫も稼働を止めるコトができない商品を扱っていますので

このゼロディールーフで屋根雨漏りのリフレッシュを行います!

PA240036


ところでこの暖かい気候。。。


今週末は徳島県井川スキー場のオープンですが・・・

大丈夫かな?


では、また明日!


金属屋根への葺き替えで地震に強く
遮熱工法で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。